<< 夜明けが一番遅い日は冬至の後に来る | main | 361度 >>

360度

0


     昨日の話しに関連して、太陽と地球の関係などいろいろ考えていました。それでなかなか眠れなかったのですが、大変なことを発見したのです。別に大それたことでもないのですが、本日塾頭に「360度って365日から来ているのですか」と質問すると、「そうだよ、知らなかったのか」と言われました。このようなことも知らない私っとどうかしていますでしょうか。
     なぜそう思ったかと言うと、地球は360日で一周するとすると、一日1度ずつ公転することになります。その数字が偶然の一致とも思えませんでした。ひょっとして360という数字は、地球の公転周期から来ているのではないか、と思った次第です。
     それにしても、360なんて実に上手い数字があったものです。何故上手いかと言うと、360という数字は1から10までどんな数字でも割り切れるからです。ですから、正多角形の角の角度を求めようとすると、10角形までは綺麗な数字で求まることになります。
     これらは偶然でもないと思います。何か「宇宙の法則」というものがきっとあって、必然的にそうなっていることでしょう。

    他の日記ブログ

    スポンサーサイト

    0
      • 2019.10.19 Saturday
      • -
      • 21:37
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << October 2019 >>
      PR
      ランキング
      href="http://www.borderlessmusic.com/blmusic/blogranking/ranklink.cgi?id=tre fogli">音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ(クラシック) くる天 人気ブログランキング(日記50代) ブログランキング(政治問題) (バレー)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      楽譜ネット
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM