<< 有山麻衣子の幻のコンサート | main | ヴィヴァルディの四季で一番好きな曲を選んで下さい >>

満月を見て想う

0
    JUGEMテーマ:なんとなく想う。


     本日車で塾へ向かう間、満月が上がっているのが目につきました。ついこの間日食があったばかりだと思ったのに、もう満月になったのかと思うと、本当に日が立つのが早いものだ、とつくづく思ってしまいました。「もう半月」経ったのですね。
     確か日食の時は富山では豪雪でした。その新月が満ちている間にその豪雪の姿もすっかり消えて、今の季節がいつなのかさっぱり分からなくなってきます。その間たったの半月なのに、何ヶ月も経ってしまったように思えてしまいます。「まだ半月」しか経っていないのに。
     天候が不順な為に体の調子が最近本当におかしいです。どこか悪い訳でもないのに、全体的にぐったりしてしまっていまのです。それとも体が不調な為に天候までおかしく感じてしまうのだろうか。訳が分からず日だけが過ぎてしまっている感じです。

    他の日記ブログ



    スポンサーサイト

    0
      • 2020.04.02 Thursday
      • -
      • 23:27
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << April 2020 >>
      PR
      ランキング
      href="http://www.borderlessmusic.com/blmusic/blogranking/ranklink.cgi?id=tre fogli">音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ(クラシック) くる天 人気ブログランキング(日記50代) ブログランキング(政治問題) (バレー)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      楽譜ネット
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM