<< レコード芸術2010年1月号から:楽に寄す | main | 一杯のコーヒーから:昭和14年にこんな歌が作られているとは >>

中野振一郎の「女王の祭壇」

0


     昨日、レコード芸術誌を読んでいましたら、レコード・アカデミー賞の音楽史部門で、思いがけないのが受賞していたのに気づきました。

     「女王の祭壇」パーセル作品集 中野振一郎(チェンバロ) >>
     制作:若林工房

     バロック音楽というと、イタリアのヴィヴァルディやドイツのバッハが有名ですが、イギリスにも優れた音楽がありました。ヘンデルはドイツ生まれですが、実際に活躍したのはイギリスです。そのイギリス・バロックの大家というとパーセルになりますが、そのクラヴィア作品を見事に今の世に再現したということで、受賞したようです。
     CDの制作・販売を行ったのが、「若林工房」というところです。富山県魚津市にあり、イリーナ・メジューエワの録音を手がけたことで知られています。録音は魚津市にある新川文化ホールを主に使っていて、中野振一郎のCDもここで録音されました。新川文化ホールは私も何度か聴いたことがありますが、実演では特別に音が良いとも思わない(悪くはない)のですが、録音となると話は別です。ただ録音となると、ホールの良し悪しは客席で聴くのと条件が違ってきますし、何よりもエンジニアの技術力が大事になってくることもあるのではないでしょうか。
     それにしても、何かと録音会場に使われることの多い富山県の各ホール。富山だけ優秀なホールが集まっているのではないのでしょうが、その割にはイヴェントを行っても客が入らないですし、宝の持ち腐れ状態になっているような気がいたします。音響効果のどうでもいいようなものばかりが客が入るので、本当に困ったものです。

    他の音楽ブログ

    スポンサーサイト

    0
      • 2020.04.02 Thursday
      • -
      • 10:06
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      新婚旅行 イタリア
      新婚旅行イタリアについての情報です。
      • 新婚旅行 イタリア
      • 2009/12/25 11:11 AM
      calendar
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << April 2020 >>
      PR
      ランキング
      href="http://www.borderlessmusic.com/blmusic/blogranking/ranklink.cgi?id=tre fogli">音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ(クラシック) くる天 人気ブログランキング(日記50代) ブログランキング(政治問題) (バレー)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      楽譜ネット
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM