<< シベリウスの交響詩と言えば「フィンランディア」でしょうか | main | 明治節:賛美歌のような美しさに驚き >>

ヴァント/ミュンヘン・フィルのブルックナーが国内仕様で登場しました

0
    JUGEMテーマ:オーケストラ


     去年だったか一昨年だったか、ヴァント/ミュンヘン・フィルのブルックナーが輸入盤で突然出てきて大いに驚いたのですが、これが今年になって国内仕様盤として出てきました。発売元はキングレコードです。キングは他の日本のレーベルが相手にしないような小レーベルを、せっせと輸入してくれるので本当にありがたいです。

              

         

    輸入盤はこちらの記事一番下です。
     私の聴いた印象では、シューリヒトがミュンヘン・フィルを振ったらこのようなブルックナーになるのかな、ということです。ミュンヘン・フィル独特の素朴な響きでありながら、音色が冴えてかつしなやかにテンポ良く進んで行く。ひとつの傑作ではないかと思います。

    他の音楽ブログ

    スポンサーサイト

    0
      • 2017.06.27 Tuesday
      • -
      • 13:45
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      ミュンヘン関連記事
      ミュンヘンの現地情報ブログです。
      • ミュンヘンの空から
      • 2009/12/30 7:16 AM
      calendar
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << June 2017 >>
      PR
      ランキング
      音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ くる天 人気ブログランキング(環境問題) ブログランキング(政治問題) (バレー) (日記)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        trefoglinefan (05/27)
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        オニヒトデ (05/23)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):全世界的なサーヴの向上が全日本を直撃
        trefoglinefan (05/12)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):全世界的なサーヴの向上が全日本を直撃
        maki (05/12)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        trefoglinefan (05/10)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        Maki (05/09)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        trefoglinefan (05/09)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        Maki (05/09)
      • ワールドカップ男子バレー:チーム・アルゼンチン
        trefoglinefan (09/21)
      • ワールドカップ男子バレー:チーム・アルゼンチン
        なおき (09/21)
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM