<< アンサンブル・フィオレッティ2010年横浜公演:指揮者あいさつ文 | main | 村祭:一年で最も楽しい日を唄う >>

冬の夜:囲炉裏を囲む家族の温かさ

0
    JUGEMテーマ:童謡・唱歌


         
               (合唱版

    コンサート情報 >>
     「冬の夜」(作詞作曲不詳)は私が小学生の時に、5年か6年で習ったのを覚えています。どの先生に習ったか、どんな友達が一緒かを照らし合わせると、5年か6年になります。尋常小学校の教科書には、3年にあったみたいです。戦後の教科書(か小学生向けのポケット歌集)ですので、2題目の歌詞は「過ぎし戦の手柄を語る」が「過ぎし昔の思いで語る」に直っていると思います。ところが先日、カラオケでこの歌を試しに歌ってみたところ、「過ぎし戦」の方になっていました。今では大戦のことも気にしなくなったのか、再び本当のオリジナルの歌詞で、どの歌も歌われるようになったのではないかと思います。
     この歌は、最後の段が「いーろりびはー、とーろ、とーろ」になっています。でも「いーろりーびは」の方が歌い易いです。ここを音楽の先生がちゃんと教えなかったので、クラスのみんなは「いーろりーびは」と歌うものですから、私は意地になって一人ここだけ大きい声を張り上げて、みんなに負けないように「いーろりびはー」と歌ったものです。この時から一応楽譜は読めましたので。今となっては馬鹿馬鹿しい思い出です。
     アンサンブル・フィオレッティとしては初めて取り上げられるのではないかと思いますが、宇野功芳氏は有山麻衣子・日下田玲に歌わせていて、CD−Rとしても残っています。ソロの歌というイメージがありますが、今年の3月に小学唱歌をきれいに合唱したように、今度もどんな「冬の夜」になるのか楽しみにしてみたいと思います。

    他の合唱ブログ

    スポンサーサイト

    0
      • 2017.06.27 Tuesday
      • -
      • 21:49
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      故小沢昭一さんへ贈る70曲目のOZUの謡・・「囲炉裏火ト〜ロ、ト〜ロ」
       「・・・座長も路頭での神楽興行を考えていた」とブログした一ヶ月後に庶民芸能家の小沢昭一さんが亡くなりました。この世に残された気分の座長としては、「桐生スバル座」での庶民芸能興行と楽屋での童謡替え歌創りに精進せねばという立場に戻りまして・・改めてブロ
      •  桐生スバル☆座
      • 2012/12/15 1:14 PM
      calendar
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << June 2017 >>
      PR
      ランキング
      音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ くる天 人気ブログランキング(環境問題) ブログランキング(政治問題) (バレー) (日記)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        trefoglinefan (05/27)
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        オニヒトデ (05/23)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):全世界的なサーヴの向上が全日本を直撃
        trefoglinefan (05/12)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):全世界的なサーヴの向上が全日本を直撃
        maki (05/12)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        trefoglinefan (05/10)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        Maki (05/09)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        trefoglinefan (05/09)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        Maki (05/09)
      • ワールドカップ男子バレー:チーム・アルゼンチン
        trefoglinefan (09/21)
      • ワールドカップ男子バレー:チーム・アルゼンチン
        なおき (09/21)
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM