<< 「めんこい仔馬」の歌詞をめぐって | main | 最終処分場の立地場所 >>

「オール・モーツアルト・プログラム」名演誕生の裏側

0
     2002年ハイドシェックのオール・モーツアルト・プログラム、宇野功芳氏にCD化の価値ありと言われた名演奏だったと、客観的に観て私も思ったのですが、その名演奏誕生の要因としてオーケストラの調子の良さも、忘れてはいけません。
     スタッフ一同ハイドシェックのことで盛り上がっているなか、実は私、相当にオーケストラに気を使いました。ハイドシェックの出番のない曲は当初「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」だったのを、交響曲第29番にしたり、アンコールでオーケストラにレスピーギの「シチリアーノ」をやってもらったりして、とにかくオーケストラのやる気を自分なりに喚起したつもりです。
     この日のスタッフは勿論、TKN3人揃っていましたが、一番活躍してもらったのは、Takkyです。何だかこの日、スタッフの集まりが悪かったです。それで高岡駅までご一行をお迎えに行かなくてはいけないのに、予定していた人もまだいない。それでたまたま居たのがTakkyでした。彼は頭の中に時刻表があるのではないかと思います。列車の時刻を実に正確に覚えております。そういう彼にしてみれば、時間が正確ですので遅刻など決していたしません。そういう彼をまず高岡駅へ向わせました。時間は正確だが性格はこの上なくおおらかで、まずご一行は彼のお出迎えで相当に心が和んだのではないかと思います。
     お昼ごはんの時間、KNは私の分も含めて用意しようと、Takkyを連れて私の知らないうちに出掛けたそうです。それで、マクドナルドかどこかへ行って、ハンバーガーを用意してくれました。でも私はこの日お昼どころでなく、アレせーコレせーとあたふたしておりましたので、KNとTakkyの3人でお昼ごはんを食べることにしました。Takkyが「いいところがある」と言って案内したのは、舞台裏に大きな机があるところです。そこは出演者やスタッフが休憩をとるようなところです。大阪シンフォニカの団員数人が楽譜を広げて演奏会に備えておりました。そこにTakkyが「お昼ご飯にここ使わせてもらっていいですか。」と何の遠慮もなく割り入りました。一瞬不意をつかれたオーケストラは、にこやかに「どうぞ」と。そして買ってきたハンバーガーを広げた途端、 Takkyは余りにもの驚きで大声を上げたのです。「俺の照り焼きバーガーがない!」と。どうやら人様の注文したのと間違って持ってきたようだ。これを横で聞いていたオーケストラの団員もさすがにくすくすと笑っていたとのこと。
     大阪シンフォニカにとって初めての富山の地、かなり緊張していたと思いますが、このようなこともあってすっかりリラックスし、普段の何倍もの力を出してくれたような気がいたします。私はこのようなことがあったことなど、知る訳がなく、後からKNに聞かされて初めて知りました。ですから、オーケストラとTakkyとのやりとりもあくまで又聞きですので、正確性に欠けるかも知れませんが、出演者と地元民の暖かいやりとりとして、エピソードに残しておきたいと思います。
     後日TKN3人揃っているところにTakkyも入ってきて、この時の話しをしました。Takkyは照り焼きバーガーを食べ損ねて相当に口惜しかったそうです。やはり食べ物の恨みは怖いですね。

    他の音楽ブログ

    スポンサーサイト

    0
      • 2020.09.21 Monday
      • -
      • 06:38
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      27282930   
      << September 2020 >>
      PR
      ランキング
      href="http://www.borderlessmusic.com/blmusic/blogranking/ranklink.cgi?id=tre fogli">音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ(クラシック) くる天 人気ブログランキング(日記50代) ブログランキング(政治問題) (バレー)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      楽譜ネット
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 富山市議会 政務活動費を新型コロナ対策に(チューリップテレビ 令和2年6月11日 18時14分)
        katura (06/12)
      • クラスターが発生した富山リハビリテーションホーム 施設内を公開(BBT 令和2年5月23日 18時00分)
        trefoglinefan (05/30)
      • クラスターが発生した富山リハビリテーションホーム 施設内を公開(BBT 令和2年5月23日 18時00分)
        aki (05/24)
      • TPPに加入しなければ農家は救えるか
        殺虫剤 (03/11)
      • 10月6日(日)のニュース
        カーテン21 オーダーカーテン (10/08)
      • 疑惑を完全否定 村上議長 議長の疑惑を整理(チューリップテレビ 1月31日 18時26分)
        trefoglinefan (04/01)
      • 疑惑を完全否定 村上議長 議長の疑惑を整理(チューリップテレビ 1月31日 18時26分)
        泉田芳範 (03/31)
      • 小石忠男と宇野功芳
        trefoglinefan (03/10)
      • 小石忠男と宇野功芳
        max (02/03)
      • 富山市議会:平成30年12月定例会「政務活動費の事前審査に関する請願」の行方
        trefoglinefan (01/04)
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM