<< 「ドンブラコ」復刻初演:アンケート集計結果(前座で良かった曲) | main | 「ドンブラコ」復刻初演:CDを超えた演奏 >>

「ドンブラコ」復刻初演:照明係を経験して

0
    JUGEMテーマ:音楽


     この日照明係を私がしました。スタッフが手薄でTKNの3人。まともに「ドンブラコ」を知っているのは私ひとりの状況では、自分が務めるしか無かったです。

    コンサート情報 >>
     実はこの日、自分なりにスケジュールを組んではいました。会場の開く9時に行って、そこでポスターを貼ったり机を並べたりして、10時15分までに前泊しない当日組のお迎えのために富山駅まで行く。10時半過ぎには帰ってきてゲネプロに備える、という感じでおりました。
     ところがここで誤算。当日組の到着が10時15分だと思い込んでいたら、列車が到着してもなかなか出て来ない。そこで初めて到着列車の違いに気付きました。こういうところなのが、馬鹿なのですよね。一緒に行っていたKに叱られて、ではなくて呆れられてしまいました。これでは会場に残っているのは調律をしているNだけで手薄ですので、Kに私の軽トラで会場に戻ってもらい、Kの車を置いて行って貰って、私が駅に残りました。ご一行が53分に無事に到着。Kの高級車の操作にここでまた手間取って、会場に到着したのが11時15分頃になっていたでしょうか。当日組3人は発声練習の間もなくゲネプロ開始という状況だった訳です。
     私は3人をホール入り口で降ろしてから、駐車場に車を入れるのに面倒な手続きでまた時間がかかってしまう状況。結局1時間半くらい、現場監督が会場を空けてしまったことになったのでしす。その間の会場の状況は知りませんが、それなりにみなさんにしっかり対応して頂けていたようです。
     本番まであと2時間、開場まで1時間半、ようやくゲネプロ開始です。私も照明係として操作室に着席。本番のつもりでやらないと、時間がありません。なのに最初の照明を点灯するタイミングなどがなかなか合わず、なかなか始められませんでした。そうして何とか始まり、私も本番さながらにやっていたので、結構集中してできました。宇野功芳氏が富山に来られる前に、事前に電話で打ち合わせをしていた通りにやっていたのですが、その際のメモでは不十分なところを楽譜に新たに書き込んで、本番に備えました。
     特に失敗したところ。ピアノの前奏が続くところで、途中に歌い手を照らす照明をつけるところがあるのですが、音楽が突然止まりました。私が点灯するのを忘れたために、指揮者が音楽を止めてじっと、明るくなるのを待っていたのです。ここでの照明を宇野功芳氏と佐藤和子さんが打ち合わせしている訳もなく、指揮者が音楽を止めたことを佐藤さんが気付いて、次に進むのを待っていたことが伺えます。ピアノのソロに対しても指揮者がしっかり指揮していることが分かるシーンでした。明るくなるまでの間誰も騒ぐことなく、指摘することもなくただじっと黙っておられたこと、今となっては怖いものがあります。例え照明係である私も、演者の一員であることを教えて頂いたような気がします。
     「ドンブラコ」を一度通しただけで12時過ぎになり、あとは前半のリハーサルに入りましたが、ここまでくれば照明も自然光で普通にしておけば良いので、私も操作室を離れて会場の最終確認をして見回ることができました。
     お客を入り口でお迎えしていよいよ本番。前半は最初と最後に照明を操作すればいいので、緊張しながらも演奏に聴き耽ることができました。ただし私の操作室では生声を聴くことができず、あくまでマイクを通した音声しか入ってこないのですが、それでも美しい演奏が伝わってきました。
     後半の「ドンブラコ」、いよいよ操作の大変なところです。演奏者と気持ちが一体になって、操作できたと思います。途中で自分としての失敗があったのですが、指揮者としては嫌ではなかったと後で言って下さいました。たかが照明、だけど会場にいる出演者、そして何よりお客さんに対するメッセージとして、携わりました。特に限られたスタッフでしたので、場内に対するマイクは一切なし。照明だけでお客さんにお届けしたメッセージ、どう受け取られたでしょうか。
     いたせり尽くせりといった状況になく、条件が悪い場合は悪いなりに最善を尽くすことで、思いもよらないサプライズが起きることもありますが、今回も結果的にたまたま上手くいっただけで、私にとってはサプライズの連続であり、演奏者は勿論お客さんにとっても、かなり印象深い1舞台になったのではなったかと思います。その場に居合わせた人しか分からない何か、口で説明できない何かをこれからもずっと残していきたい。

    他の合唱ブログ

    スポンサーサイト

    0
      • 2020.10.23 Friday
      • -
      • 10:41
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << October 2020 >>
      PR
      ランキング
      href="http://www.borderlessmusic.com/blmusic/blogranking/ranklink.cgi?id=tre fogli">音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ(クラシック) くる天 人気ブログランキング(日記50代) ブログランキング(政治問題) (バレー)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      楽譜ネット
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 富山市議会 政務活動費を新型コロナ対策に(チューリップテレビ 令和2年6月11日 18時14分)
        katura (06/12)
      • クラスターが発生した富山リハビリテーションホーム 施設内を公開(BBT 令和2年5月23日 18時00分)
        trefoglinefan (05/30)
      • クラスターが発生した富山リハビリテーションホーム 施設内を公開(BBT 令和2年5月23日 18時00分)
        aki (05/24)
      • TPPに加入しなければ農家は救えるか
        殺虫剤 (03/11)
      • 10月6日(日)のニュース
        カーテン21 オーダーカーテン (10/08)
      • 疑惑を完全否定 村上議長 議長の疑惑を整理(チューリップテレビ 1月31日 18時26分)
        trefoglinefan (04/01)
      • 疑惑を完全否定 村上議長 議長の疑惑を整理(チューリップテレビ 1月31日 18時26分)
        泉田芳範 (03/31)
      • 小石忠男と宇野功芳
        trefoglinefan (03/10)
      • 小石忠男と宇野功芳
        max (02/03)
      • 富山市議会:平成30年12月定例会「政務活動費の事前審査に関する請願」の行方
        trefoglinefan (01/04)
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM