<< ハイドシェックの「映像」はやっぱり聴きたいですよね | main | 東京ラプソディ >>

「ドンブラコ」:シンプル・イズ・ベスト

0
    評価:
    北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
    キング・インターナショナル
    ¥ 2,850
    (2009-05-27)
    【ディスク1】
    1. おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) 第一場 第一段 桃太郎生ひ立ちの段
    2. おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) 第一場 第二段 桃太郎門出の段
    3. おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) 第二場 出征途上の場(犬猿雉勢揃ひの段)
    4. おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) 第三場 鬼が島海上の場(鬼が城討ち入りの段)
    5. おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) 第四場 鬼が島城内の場(活弁のみ)
    6. おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) 第五場 桃太郎故郷の場(凱旋歓迎の段)
    コメント: リズムやメロディがいかにも単純で、一聴実に稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところが&

    JUGEMテーマ:音楽

    試聴できます

     このCD実に面白いです。物語が優雅に進行していてゆっくりしたところがありますが、それが気の遠くなるくらい味わい深いのです。アンサンブル・フィオレッティの歌や語りはかなり上品。このオペレッタ全体を引っ張るのは、森康子さんと平木郁子さんの二人の二期会のメンバーで、婆と雉子、爺と猿の二役をこなします。実際に楽譜にも第二ソプラノ、第一アルトが二役することになっていて、それに従っただけなのですが、たまたまそのキャストに恵まれたところはあると思います。
     その二人がしっかりしていますので、主役の桃太郎役を演じると岡島由起子さん素直に演じるだけなのでなのですが、それがまたなお面白くしています。森さんと平木さんが主役の立て方を心得ているから、岡島さんの素直さも凄く生きてきます。そのなかに入る杉林良美さんの犬が、ワンワンと入るのですがこれまた可愛らしいです。宇野功芳氏に適材適所にしたのかを聴いてみると、決してそうではないようです。楽譜に忠実に、第1ソプラノを一番高音の美しい岡島さん、第2ソプラノはメゾに近い森さん、第1アルトは普段メゾを歌う平木さん、第2アルトに杉林さんを順番にあてたら、たまたまマッチしたのだ、言っておられるのですが、本当のところは分からないです。
     鬼退治の場面では篠崎幹子さんが活弁で演じるのですが、これまたタイムスリップしてしまった感じで、最初聴いた時は突飛に聞こえましたが、何度も聴いているうちに、この活弁を聴くのが逆に楽しみになってしまいます。その他村人を演じる人たちも、桃太郎を思いやる慈愛に満ちています。舞台上の雰囲気が何かに包まれる温かい感じになってしまうのでした。
     佐藤和子さんのピアノは相変わらず控えめですが、絶妙に歌をサポート。途中に入る子守唄や数え歌はソロで演奏するのですが、この息の長い旋律では絶妙にニュアンスを込めて演奏します。ここぞとばかりに力むことなくむしろ淡々としているのですが、かと言って退屈でもなく不思議な魅力に満ちています。
     全体的にかなり聴き応えのある作品で、一聴く「こりゃ何だ」と思ったのですが、単純なメロディーは非常に覚えやすく、かなり懐かしい雰囲気を持っていながら古くさくない。だからすぐに覚えてしまうのですが、そしたら中毒症状に陥ってしまって、何度も繰り返し聴くようになってしまうようになりました。最後「君が代」で終わるのですが、これを聴くと「ああ終わってしまった」とついつい寂しく思ってしまうのでした。

    他の合唱ブログ


    スポンサーサイト

    0
      • 2020.10.23 Friday
      • -
      • 07:38
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << October 2020 >>
      PR
      ランキング
      href="http://www.borderlessmusic.com/blmusic/blogranking/ranklink.cgi?id=tre fogli">音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ(クラシック) くる天 人気ブログランキング(日記50代) ブログランキング(政治問題) (バレー)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      楽譜ネット
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 富山市議会 政務活動費を新型コロナ対策に(チューリップテレビ 令和2年6月11日 18時14分)
        katura (06/12)
      • クラスターが発生した富山リハビリテーションホーム 施設内を公開(BBT 令和2年5月23日 18時00分)
        trefoglinefan (05/30)
      • クラスターが発生した富山リハビリテーションホーム 施設内を公開(BBT 令和2年5月23日 18時00分)
        aki (05/24)
      • TPPに加入しなければ農家は救えるか
        殺虫剤 (03/11)
      • 10月6日(日)のニュース
        カーテン21 オーダーカーテン (10/08)
      • 疑惑を完全否定 村上議長 議長の疑惑を整理(チューリップテレビ 1月31日 18時26分)
        trefoglinefan (04/01)
      • 疑惑を完全否定 村上議長 議長の疑惑を整理(チューリップテレビ 1月31日 18時26分)
        泉田芳範 (03/31)
      • 小石忠男と宇野功芳
        trefoglinefan (03/10)
      • 小石忠男と宇野功芳
        max (02/03)
      • 富山市議会:平成30年12月定例会「政務活動費の事前審査に関する請願」の行方
        trefoglinefan (01/04)
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM