<< ハイドシェックの情報がぼちぼち入ってきました | main | キイチゴの実 >>

最低限のスタッフで

0

    JUGEMテーマ:合唱



     6月15日のフィオレッティのコンサートは、スタッフ3人ほどで行います。3人ってことはないのですが、5人プラス・アルファでいきます。本当はもっと欲しいところですが、居ればいい、というものではありませんので。

    >>コンサート情報
     スタッフをお願いするとなると、役割を決めてある程度マニュアルがないといけない。でも、TKNの3人はそういうのが大嫌いでして、臨機応変にいつも動き回るのです。ですから「何をすればいいのですか」と聞かれると、それに答えるくらいならば、自分でやる、といった感じになってしまうのです。
     今はNが調律専門になりますから、実際に動けるのは残りの人員。でも、コンサートって演奏者とお客さんさえいれば、成り立つ訳でしょう。それくらいに腹をくくらなければ、また個人的にコンサートなど主催できないですよね。
     何だか乱暴な言い方をいたしましたが、つまり何を言いたいのかというと、当日そのようなスタッフ体制でいきますので、チケットはなるべく前売りでお願いいたします。当日券は勿論発行いたしますが、窓口の混雑はなるべく避けたいですので。
     それと、昨年トレフォリネのコンサートの際にカメラマンをして頂いた方なのですが、家族に不幸がありましたので、6月15日は来れないのです。音楽より写真が好き、という方おられましたら、是非一声頂ければ幸いです。

    他の合唱ブログ

    スポンサーサイト

    0
      • 2017.11.24 Friday
      • -
      • 23:01
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>
      PR
      ランキング
      音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ くる天 人気ブログランキング(環境問題) ブログランキング(政治問題) (バレー) (日記)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 富山市議会:「議会改革の推進に関する請願」の行方
        trefoglinefan (10/07)
      • 富山市議会:「議会改革の推進に関する請願」の行方
        love (10/06)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        trefoglinefan (10/03)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        ムラ (09/29)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        trefoglinefan (09/28)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        ムラ (09/23)
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        trefoglinefan (09/14)
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        ムラ (09/13)
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        trefoglinefan (05/27)
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        オニヒトデ (05/23)
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM