<< 合唱はソロより下か | main | トレフォリネの再放送 >>

アンサンブル・フィオレッティのチケット状況

0

    JUGEMテーマ:合唱



     5月22日に入善コスモホールで、アルバンベルクSQの演奏会がありました。このチラシに「ラスト・コンサート」と書いてありましたが、実際に今回の日本ツアーで解散するらしく、それが富山ではコスモホールだったようです。入場者数はたったの300人だったのですが、ラストコンサートでしたら、県外のファンもそれなりに来ておられるのではないかと想像できるのですが、そういうコンサートが一杯にならないとは、本当に勿体ない話のような気がします。私がフィオレッティのコンサートを主催していなかったなら、何をおいても行っていたでしょうね。もしこのブログの読者でアルバンベルクSQのラストコンサートを聴かれた方がおられましたら、是非ご感想など頂ければと思います。
     コスモホールは富山県で音響ナンバーワンの名高い会場で、実際にこのホールで録音されたCDはアンサンブル金沢をはじめとして数多くあります。そのようなホールでアルバンベルクSQのラストコンサートができたことは、本当に良かったと思います。

    >>アンサンブル・ティオレッティのコンサート情報

     さて、フィオレッティのコンサートで今売れているチケット枚数は、30枚足らず。決して順調とは言えないのですが、悲観する程でもありません。あと3週間がんばれば何とかなると思って、あきらめないでがんばります。
     売れている内訳をみると、八尾町内では4枚、八尾を除く富山県内で約10枚、県外からら12枚です。ということは人口に比例している、ということなのでしょうか。何だかとても不思議です。

    他の合唱ブログ

    スポンサーサイト

    0
      • 2017.11.24 Friday
      • -
      • 18:34
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>
      PR
      ランキング
      音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ くる天 人気ブログランキング(環境問題) ブログランキング(政治問題) (バレー) (日記)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 富山市議会:「議会改革の推進に関する請願」の行方
        trefoglinefan (10/07)
      • 富山市議会:「議会改革の推進に関する請願」の行方
        love (10/06)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        trefoglinefan (10/03)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        ムラ (09/29)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        trefoglinefan (09/28)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        ムラ (09/23)
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        trefoglinefan (09/14)
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        ムラ (09/13)
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        trefoglinefan (05/27)
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        オニヒトデ (05/23)
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM