<< 知っているのは「花の街」と..... | main | アンサンブル・フィオレッティ富山公演:富山新聞の記事 >>

チラシ300枚

0

    JUGEMテーマ:合唱



     今日、富山県の東の果てまでフィオレッティのチラシを持って行ってきました。世界超一流の弦楽四重奏団がやってくるということで、八尾からは50km以上離れた会場なのですが、富山県中からお客さんがやってくるだろうと思って、それに期待してのことです。

    >>コンサート情報
     それでホール満員の分のチラシを用意していたら、300でいいと言われたのです。世界一の四重奏団が来ると言うのに、ホールがいっぱいにならないなんて、どうなっているのかと思いました。それくらいにコンサートを開催するというのは、厳しいのですよね。でもこの四重奏でホールに空き席をつくるのは、余りにも勿体ない話だな、と思いました。その名は「アルバン・ベルク」です。
     さて本日、富山新聞にフィオレッティのコンサートに対する記事が載ったみたいです。それを読みたくてこのパソコンが置いてあるところの近くの図書館へ行ったら、改装中で閉まっていました。ですからまだ内容を把握しておりません。ご存知の方がおられましたら、是非教えて下さいませ。
     という訳でして、5月20日(火)の富山新聞の朝刊に、是非ご注目下さいませ。

    他の合唱ブログ

    スポンサーサイト

    0
      • 2017.11.24 Friday
      • -
      • 16:57
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>
      PR
      ランキング
      音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ くる天 人気ブログランキング(環境問題) ブログランキング(政治問題) (バレー) (日記)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 富山市議会:「議会改革の推進に関する請願」の行方
        trefoglinefan (10/07)
      • 富山市議会:「議会改革の推進に関する請願」の行方
        love (10/06)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        trefoglinefan (10/03)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        ムラ (09/29)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        trefoglinefan (09/28)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        ムラ (09/23)
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        trefoglinefan (09/14)
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        ムラ (09/13)
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        trefoglinefan (05/27)
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        オニヒトデ (05/23)
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM