<< 「サヨンの歌」を鑑賞しよう | main | あと1ヶ月 >>

「南の花嫁さん」を覚えよう

0

    JUGEMテーマ:合唱



     アンサンブル・フィオレッティの富山公演では、最後にみんなで「南の花嫁さん」を歌います。1題目をまずフィオレッティのメンバーが歌い、続けてみんなで1題目と3題目を歌います。丁度1題目と3題目を歌っている画像があります。

    南の花嫁さん」歌:荒井恵子 >>

    >>コンサート情報

     高峰三枝子が歌っているのより、荒井恵子の方が正調に近いような気がしますので、歌を覚えるのにもこれがいいような気がします。

     ところで以前にも触れましたが、この「南の花嫁さん」は陽旋律の五音階で書かれていて、唯一スパイスのように「シ」の音が使われています。もともとは任光という台湾の作曲家が作った「彩雲追月」という歌を題材にして、古賀政男が日本の歌にアレンジしたものであるために、東洋的な音階になっているのですが、この「シ」の音のあるフレーズは、原曲の「彩雲追月」と変わりません。
     なお、「サヨンの歌」も古賀政男が作曲しましたが、こちらも短調でありながらやはり陽旋律で書かれていて、2つほどの「シ」が1つのフレーズに入っています。

    他の合唱ブログ

    (参考画像)

    ・「南の花嫁さん」歌:高峰三枝子SP >>
    ・「南の花嫁さん」歌:高峰三枝子、五木ひろし >>
    ・「南の花嫁さん」歌:美空ひばり >>

    スポンサーサイト

    0
      • 2017.09.19 Tuesday
      • -
      • 07:24
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
       「南の花嫁さん」をみんなで歌うのは、当初の予定どおり1題目と3題目にいたします。お騒がせいたしました。
      • trefoglinefan
      • 2008/05/26 7:28 PM
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << September 2017 >>
      PR
      ランキング
      音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ くる天 人気ブログランキング(環境問題) ブログランキング(政治問題) (バレー) (日記)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        trefoglinefan (09/14)
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        ムラ (09/13)
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        trefoglinefan (05/27)
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        オニヒトデ (05/23)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):全世界的なサーヴの向上が全日本を直撃
        trefoglinefan (05/12)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):全世界的なサーヴの向上が全日本を直撃
        maki (05/12)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        trefoglinefan (05/10)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        Maki (05/09)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        trefoglinefan (05/09)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        Maki (05/09)
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM