<< 長崎の鐘:古関裕而作曲の「レクイエム」 | main | 教えて下さい:譜面台の確保について >>

宇野功芳のあくなき探求

0

    JUGEMテーマ:合唱



     宇野功芳指揮/アンサンブル・フィオレッティによる演奏は、2000年3月に第1回目のコンサートを行ってから進化の一途を辿り、最近行われた3月9日の長崎公演で、ひとつの完成を見るに至りました。

    >>コンサート情報

     当初はフィオレッティのメンバー8人では足りず、跡見女子大の卒業生を補強しながらの演奏でした。この間、フィオレッティのメンバーが何人か入れ替わって、現在の9人に至る訳なのですが、トレフォリネのアルトも務めた杉林良美さんは2002年にメンバーとして加わった方です。現在の9人になってからも、しばらくはソプラノの有山麻衣子さんやメゾ・ソプラノの豊島由布子さんは宇野氏が指揮する際に補強の要員として呼ばれていたりしたのですが、長崎公演の時にはフィオレッティの9人だけで完璧に演奏し、出来映えとしても「これまでのフィオレッティのベスト」と宇野氏自身満足できるものとなりました。そのような長崎公演、さすがに私は行けなかったのですが、九州の方は本当に幸せだと思いました。
     そうしたなかで行われる今度の富山公演はどうか、ということになるのですが、これは更に上を目指すための第1歩となります。特にそれを意図した訳ではないのですが、宇野氏自身がこれまでにやらなかったことを、新たにやることだけは確かです。長崎ではそれまでの取り組みの積み重ねで「僕は何にもしていない」、正に完熟状態だったのですが、富山では指揮者の個性が強く出る演奏会になります。これが100パーセント良い方向に向うとは限りませんが、これまでとひとあじ違う新生フィオレッティ、私は楽しみにしたいと思います。

    他の合唱ブログ

    スポンサーサイト

    0
      • 2017.09.19 Tuesday
      • -
      • 00:54
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
       trefoglinefan さん、お久しぶりです。もうかなり昔なので、お忘れかもしれませんね。宇野功芳の話など、あと佐賀北高校の甲子園優勝で、コメントをいただきました、時津と申します。

       私はその後、今年初めに恩師である江藤俊哉先生が他界し、それ以降うつが酷くなり、遂には死ぬしかないという所まで思いつめてしまい、本気だったのですが、ある方に助けられて一命を取り留め、今はその方に力をもらい、強く生きています。

       個人的には、まずブログのアドレスが変わりました。ブロキューから Movable Type に引っ越しました。相変わらず色々な事を書いていますが、テーマは一つ、「真理の追究」です。

       そこで、忘れ難い trefoglinefan さんのブログに、リンクを張らせていただきました。もしよろしければ、相互リンクをご検討くださると、嬉しく思います。

       では、trefoglinefan さんのブログの今後の発展を祈っております。
       時津さん、お久しぶりです。宇野さんのブルックナー第8のライヴで、コンサート・マスターを務められたのですね。何かご縁を感じます。恩師の死は本当に悲しいことですが、人生は本当に過酷なもので、自分が先に行く訳にはいかない宿命を持っています。
       今年に長崎県の時津町でフィオレッティのコンサートが行われましたが、とぎつと呼ぶのですね。時津さんもでしょうか。相互リンクこちらこそお願いいたします。音楽を愛しつつ、時勢(音楽よりもこのことに関するコメントをした方が多かったと思う)に対して実に厳しい目で判断されている、実に参考になるブログだと思います。2、3日中には張り付け致しますので、今しばらくお待ちください。
      • trefoglinefan
      • 2008/05/13 6:58 AM
       おはようございます。

       コンマスと言っていただけるのは嬉しいのですが、宇野さんのブル8では、僕は第二ヴァイオリンの首席でした。

       長崎県時津町は「とぎつちょう」ですが、僕の苗字は「ときつ」です。濁りません。

       宇野さんのブル8は、今でも忘れ難い仕事です。宇野さんの楽屋を訪ね、若い頃からファンである事、コルンゴルトの話、ブルーノ・ワルターの事など、短い時間でしたが音楽談義ができたのは、本当に幸運でした。

       では、よろしくお願い致します。
       時津さん、第2ヴァイオリンの主席でしたか。これは大変失礼いたしました。実は先日富山に東京フィルが来たとき、時津さんがおられないかな、と思ったりしたのですが、新星日響の団員、という訳ではなかったのですよね。
       時津さんのコルンゴルトの協奏曲、確か宇野さんに褒められたのでしたよね。きっと覚えておられることと思います。
      • trefoglinefan
      • 2008/05/14 11:28 PM
      なぞとき工房 解明企画 です。 一度講座をご体験下さい。

      【内容】日本人の課題と生きる意味を探る楽しい真理探究室 太陽、日の丸の日本民族がまず真っ先に知っておくべき最重要課題
      【一言】昔話は近代日本の宿命を幼い心に刻む為に与えた予言。ユダヤの神殿理想が日本で実を結ぶ歴史の仕組みを探求します
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << September 2017 >>
      PR
      ランキング
      音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ くる天 人気ブログランキング(環境問題) ブログランキング(政治問題) (バレー) (日記)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        trefoglinefan (09/14)
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        ムラ (09/13)
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        trefoglinefan (05/27)
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        オニヒトデ (05/23)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):全世界的なサーヴの向上が全日本を直撃
        trefoglinefan (05/12)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):全世界的なサーヴの向上が全日本を直撃
        maki (05/12)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        trefoglinefan (05/10)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        Maki (05/09)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        trefoglinefan (05/09)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        Maki (05/09)
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM