<< 小石忠男と宇野功芳 | main | 春の唄:各地から届けられた春が市場を賑わす >>

アンサンブル・フィオレッティ富山公演のプログラム変更

0
    class="jugem_theme">

    JUGEMテーマ:合唱



     5月に入りまして、6月15日のアンサンブル・フィオレッティ演奏会まで、1ヶ月となりましたが、実は事情があってプログラムの変更が必要になりましたので、お知らせいたします。

    1ステ:「森の水車」「山のかなたに」「高原列車は行く」「青い山脈」「イヨマンテの夜」
    2ステ:「愛国の花」「めんこい仔馬」「サヨンの歌」「母は青空」「大空に祈る」
    3ステ:「春の唄」「絵日傘」「花の街」「夏は来ぬ」「夏の思い出」「汽車ポッポ
    4ステ:「すみれの花咲く頃」「マロニエの木蔭」「夜来香」「白い花の咲く頃」
        「津軽のふるさと」「長崎の鐘
    特ステ:「南の花嫁さん」をみんなで歌う

    >>コンサート情報
     3ステージが大幅に変わりましたが、これは新しい歌への取り組みを見合わせたためです。詳しく述べると大変なのですが、これまでやってきた歌に、練習時間を裂く必要が生じたのです。ただし、「花の街」だけはこのステージの看板ともいうべき歌で、なおかつ二部合唱ということで三部に比べて負担が少ないことから残して頂きました。
     4ステージで致命的だったのは、「川の流れのように」が演奏不可能になったこと。「難しい」ではなくて「不可能」に近い感じ。この歌はフィオレッティの看板のような歌だったのですが、物理的に無理ならばどうしようもありません。そこで、やはりポピュラーな歌のなかから「長崎の鐘」を選びました。本当はこれも難易度が高いのですが。
     とい訳で「川の流れのように」を楽しみにしておられた方には大変申し訳ないのですが、フィオレッティの「長崎の鐘」はこれまた特別な美しさがありますので、是非楽しみにして頂ければと思います。
     「本当はイヨマンテの夜も難しいんだよな」とも。だけど、昨年トレフォリネで富山に縁のできた杉林良美さんがソロを務める唯一の歌で、余りにも重要な一曲でしたので、これはがんばって練習するとのことです。

    他の合唱ブログ

    スポンサーサイト

    0
      • 2017.11.24 Friday
      • -
      • 19:11
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>
      PR
      ランキング
      音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ くる天 人気ブログランキング(環境問題) ブログランキング(政治問題) (バレー) (日記)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 富山市議会:「議会改革の推進に関する請願」の行方
        trefoglinefan (10/07)
      • 富山市議会:「議会改革の推進に関する請願」の行方
        love (10/06)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        trefoglinefan (10/03)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        ムラ (09/29)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        trefoglinefan (09/28)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        ムラ (09/23)
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        trefoglinefan (09/14)
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        ムラ (09/13)
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        trefoglinefan (05/27)
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        オニヒトデ (05/23)
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM