<< 御縁そしてあたわり | main | 6月16日の新聞記事 >>

コンサート紹介(しばらくトップ記事に致します)

0
    JUGEMテーマ:音楽


     

    他の音楽ブログ

    スポンサーサイト

    0
      • 2017.06.27 Tuesday
      • -
      • 23:59
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      こんにちは。
      いよいよカウントダウンですね。
      私も長崎での興奮がよみがえってきます。

      お忙しいでしょうが
      お身体にお気をつけられますよう。。。

      ご成功をお祈りします。
       momomamaさん、ご声援ありがとうございます。宿題は忘れていませんので、いましばらくお待ち下さい。
       福岡でもフィオレッティの演奏会が開かれるようになればいいと思います。
      • trefoglinefan
      • 2008/06/10 8:19 AM
      trefoglinefan様,お疲れさまでした.
      フィオレッティのライブは初めてで,彼女達の美しい澄んだ声,すばらしいピアノ伴奏を生で体験し,涙がでるほど感動しました.ありがとうございました.
       nekoskiさん、本当に遠くからありがとうございます。CDではかなり聴いておられたでしょうが、生は初めてだったのですよね。滋賀でも演奏会が開かれるようになれば、本当にいいですね。
      • trefoglinefan
      • 2008/06/16 5:13 PM
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << June 2017 >>
      PR
      ランキング
      音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ くる天 人気ブログランキング(環境問題) ブログランキング(政治問題) (バレー) (日記)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        trefoglinefan (05/27)
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        オニヒトデ (05/23)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):全世界的なサーヴの向上が全日本を直撃
        trefoglinefan (05/12)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):全世界的なサーヴの向上が全日本を直撃
        maki (05/12)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        trefoglinefan (05/10)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        Maki (05/09)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        trefoglinefan (05/09)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        Maki (05/09)
      • ワールドカップ男子バレー:チーム・アルゼンチン
        trefoglinefan (09/21)
      • ワールドカップ男子バレー:チーム・アルゼンチン
        なおき (09/21)
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM