<< 12月24日(火)のニュース | main | 富山市議会:令和元年12月定例会「議員の政治倫理に関する条例制定の請願」の紹介議員取消に対する反対討論 >>

富山市議会:令和元年12月定例会「議員の政治倫理に関する条例制定の請願」の紹介議員取消の提案理由説明・質疑

0

    JUGEMテーマ:地方議会



    富山市議会」→「4. 本会議インターネット中継」→「会議名で探す」
    →「令和元年12月定例会」
    →「12月24日(火):本会議(委員長報告・質疑・討論・採決ほか)」
    →「第3 令和元年分請願第5号紹介議員取消の件」 33'10''〜

    提案理由説明:木下章広(創政改拓) 36'10''〜
    質疑その1:竹田勝(自由民主党) 37'40''〜
    質疑その2:金谷幸則(自由民主党) 39'30''〜

    審議過程等 >>
    (提案理由説明:木下章広)

     令和元年12月定例会に当たり、令和元年6月9月定例会において2度否決されました、請願の取消しを、再度申し入れ致します。
     請願人より令和元年12月2日に、申し入れ書という形で、私を請願の紹介議員から削除して欲しいという申入れが行われており、請願人のお考えを尊重すべく、取消しの申し出を行います。何卒ご許可頂きますよう、よろしくお願い致します。

    (質疑)

    竹田勝:議会の総意を踏みにじり、無視し続ける木下議員の申し出は、議員としての存在を認めることにつながり、到底容認できないことを申し上げ、質疑に入ります。9月定例会では木下議員が「私の本年6月の行動により、私自身も今は自分自身の倫理を高めていく段階である。この倫理条例に関して、しっかり向き合っていく立場でないという考えに至り、紹介議員の取消しを申し出させて頂きました。」との発言をしているが、その考えにお変わりはないのか、お尋ね致します。

    木下章広:まず以ってご質問ありがとうございます。私6月の、7月1日からかも知れませんが、あの事件以来のなかで、我が身をしっかり省み、警察の捜査等もありました。その中でしっかりと反省を重ねておるつもりです。かつての私ではないと、というふうに自分自身は自分自身の過ちと向合ってきて、今に至っていると考えております。そのよう考えております。

    竹田勝:6月、9月定例会では、取下げの理由として、「本請願の趣旨に私の現在の状況が不適当である為」とありますが、今回の取消し理由からは除かれ、「請願人の意向によるもの」とされているが、不適当であるという状況は変わったのか、ということをお伺いします。

    木下章広:過去にですね、6月9月議会と2度その理由で私の申入れをしているのですが、2度とも否決されております。取消しの申し出をするのは、請願人の思いを無視する、ということだと私は考えておりますので、そういったことを強調する為に、このような書きぶりとなっております。

    金谷幸則:それではですね、請願の取消し申出書の中に、「私を請願の紹介議員から削除して欲しい、との申入れが行われた。」とありますが、請願人の方は具体的に何を理由に、紹介議員から削除して欲しいというふうに、申入れられたのか、説明をお願いします。

    木下章広:請願人の方にとって、私の現在の状況を見たうえでですね、そういうことを鑑みたうえで、紹介議員に留まることは相応しくないことを、思っておられる。そういうことから、申入れをされたと、受け止めております。

    金谷幸則:全会一致で辞職勧告決議案というものを、2度に渡って行っている訳ですけれども、それを無視しながら議会に今、議決を求めるご自身の姿勢について、具体的に説明を求めます。

    木下章広:まずですね、何を以って無視していると取られることもあるかと思います。私としましては、議員の出処進退は、他の議員も言っておられますが、自ら決めるべきものとの考えに基づき、自分で考え議員を継続しております。そのなかで議員を継続していくのであれば、議会にこういったことも求めて行く、ということは当然のこと考えております。

    他の政治ブログ一覧

    スポンサーサイト

    0
      • 2020.02.23 Sunday
      • -
      • 08:57
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      calendar
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      << February 2020 >>
      PR
      ランキング
      href="http://www.borderlessmusic.com/blmusic/blogranking/ranklink.cgi?id=tre fogli">音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ(クラシック) くる天 人気ブログランキング(日記50代) ブログランキング(政治問題) (バレー)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      楽譜ネット
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM