<< 森市長、「書類送検は由々しき事態」(KNB 2月1日 18時58分) | main | 富山市議会、野党5会派が議長選一本化(KNB 2月8日 18時46分) >>

村上和久議長 意図は… 「返還する」から一転「返還しない」(チューリップ 2月5日 18時28分)

0

    JUGEMテーマ:地方議会



    チューリップテレビ」→「ニュース」→「02月05日(火)」
    →「村上和久議長 意図は… 『返還する』から一転『返還しない』

    村上議長一転返還せず(チューリップ)

    2019.2.5(火)の他のニュース >>
     詐欺などの疑いで書類送検され議長を辞任する村上和久議長は、5日、疑惑をもたれている政務活動費を返還しない考えを示しました。先月末の会見では「返還する」としていましたが、この5日間で考えを変えたことになります。
     富山市議会の村上議長は、書類送検された翌日の先月31日、疑惑の目を向けられている政務活動費およそ69万円について、「来週をめどに市に返還できるよう手続きを進めている」と話していました。
     しかし、5日、報道陣の取材に対し、こう述べました。
     「容疑事実はないと思っていますので、この点につきましてはあの時は返還すると言いましたが、返還しないということで今思っております」(村上議長)
     返還するという姿勢から、一転、返還しない考えを示しました。
     自身の考えを変えた理由についてはー。
     「正しく伝わらないからです」(村上議長)
     「市民に?」(記者)
     「はい」(村上議長)
     「容疑事実があるから返還したんだという風に理解される方もいらっしゃいましたのでそれは違うということです」(村上議長)
     先月末の記者会見のあと、支援者などから「返還することで容疑を認めたと思われてしまうのではないか」という指摘を受け、返還の意義を考えるようになったと言います。
     「議会をまとめようと思って返すという意味合いもあったしかし逆にそのことが村上の疑惑を深めるということに利用されている、そういう理解をされている方がいらっしゃるので返さない」(村上議長)
     「説明を尽くしましたがみなさん(記者)の質問が尽きるまでお答えいたしましたけれどもそれでもなお伝わらないということが分かりましたのでここは簡単にといいますかそのような誤解を与えるということもありますので返還しないということを決めました」(村上議長)

    他の政治ブログ一覧

    スポンサーサイト

    0
      • 2019.11.13 Wednesday
      • -
      • 01:00
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << November 2019 >>
      PR
      ランキング
      href="http://www.borderlessmusic.com/blmusic/blogranking/ranklink.cgi?id=tre fogli">音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ(クラシック) くる天 人気ブログランキング(日記50代) ブログランキング(政治問題) (バレー)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      楽譜ネット
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM