<< 疑惑を完全否定 村上議長 議長の疑惑を整理(チューリップテレビ 1月31日 18時26分) | main | 富山市議会 後任議長選出  自民党 公明党に打診も調整難航(チューリップテレビ 2月27日 18時30分) >>

富山市議会政活費不正、経緯を振り返る(KNB 1月30日 19時05分)

0

    JUGEMテーマ:地方議会



    KNB」→「ニュース」→「ニュースバックナンバー」→「1月30日(水)」
    →「富山市議会政活費不正、経緯を振り返る

    経緯(KNB)

    2019.1.30(水)の他のニュース >>
     書類送検された富山市議らは、どのようにして政務活動費を不正に取得したのか。その経緯を、これまでの取材をもとに振り返ります。
     中川市議「信頼を失墜させたことを心より深く深くお詫び申し上げます」
     富山市議会議員の政務活動費不正が最初に発覚したのは2016年8月。当時、現職だった中川勇元市議でした。6期21年、議長や自民党会派の会長を歴任したベテランは、開いていない市政報告会の資料印刷代として架空請求を繰り返していました。
     Q白紙の領収書の束が手元にあったということか?
     「そうだ」
     Q自身で記載したと?
     「はい」
     Q罪の意識はあったか?
     「全くないといえばうそになるが、何回かやるうちに、これではいけないと思いつつ、ついついまたやってしまった」
     中川元市議は、水増し請求もしていました。この領収書は、市政報告会のお茶と菓子代で4万2268円となっていますが、実際に請求されたのは2268円。万の位の「4」を後から付け加えていました。
     政務活動費は、市議1人あたり月に15万円が会派に支払われ、使わなかった分は、年度末に市に返します。中川元市議は、谷口寿一元市議に余った政務活動費を回すよう要求していました。谷口市議「小さいときからの知り会いです」「よくかわいがってもらいました。で、中川さんがいうことであれば大丈夫なんだろうと…」谷口元市議は、実際には別の会社で安く印刷していましたが、中川元市議が偽造した領収書を使って印刷代を架空請求し、差額をすべて渡したと説明しました。
     不正が相次ぎ発覚した当時、議長を務めていた市田龍一元市議。信頼回復を誓う、その裏で自らの不正を隠していました。実際には購入していないプロジェクターなどを14万円余りで購入したとする「架空請求」や、パソコンを1台しか購入していないのに、2台購入したことにする「水増し請求」をしていました。
     そして岡村耕造元市議は、市田元市議と2人で実際には行っていないカラ出張の費用や日当としてあわせて20万8000円を政務活動費から取得していました。
     質問と岡村元市議答弁
     「なぜいまの段階になってようやくカラ出張のことが、指摘されるまで出てこないんですか?」
     岡村元市議「視察ですね、それについてはまったく無防備、無防備って言い方悪いですが、チェックしなかったですね、ただここ行ってるんだ、ここ行ってるんだという…」
     「でも行ってなかったらすぐわかるじゃないですか!」
     岡村元市議「それがね同じ場所、何度も行ってるんですね、九州・福岡辺りも」
     岡村元市議は、このほかにも、印刷代などを架空請求していました。
     一方、浦田邦昭元市議は、市政報告会に出席したおよそ100人分の茶菓子代を315人分として請求し、懇親会の酒代も含めていました。
     浦田元市議「水増し(請求)という その時は認識不足で 今指摘されて ありゃっという」
     村上政調会長(当時)「ちょっと混乱していらっしゃると思うんですが、水増しだと私は思う、水増しなんです」「利益を供与していることになるので違うと思いますよ水増ししたんです」
     浦田元市議に対して水増しだと指摘していた村上和久市議。
     当時、自民党会派の政調会長で、政務活動費の不正問題を調査していました。政務活動費のチェック体制や情報公開の仕方などを検討する「政務活動費のあり方検討会」の座長を務めるなど、議会改革を進める中心的立場でした。
    2017年5月村上市議「誇りはもうズタズタになりましたね。」「あとは使命感ですね。何とかこの議会を再生したい(涙こらえる)」
     そしておととし、議長に選出されました。
     「議会の力、議会力の回復を訴えてまいりました。議会が自らその機能を回復し、再び市民から信頼される富山市議会となりますよう、議長として力を尽くして参ります」
     不正からの出直しを誓った現職の議長が書類送検。村上議長は容疑を否定し、辞職はしないと話しています。
     取材している土井記者です。
     告発されていた元市議だけでなく、現職議長が書類送検されるとは、驚きましたね。
     村上議長はこれまで、富山市議会において、不正の全容解明や議会改革の旗振り役だっただけに、同僚市議らも一様に驚きを隠せない様子でした。
     今回の村上議長の書類送検には、2つのポイントがあると思います。
     ひとつは、富山市議会の政務活動費不正取得事件は、依然、全容が解明されていないことがあらためて、明らかになったという点です。もうひとつは、富山市議会の議会改革への取り組みに対する目がさらに厳しくなるという点です。
     まずは、不正について。一連の発覚を受けて自民党はこれまで会派内で各議員の伝票を点検してきましたが、同僚議員から「覚えていない」「やっていない」と言われれば、それ以上、追及できず、潔白を立証できないものは、政務活動費を返還することで幕引きとしてきたのが実態です。村上議長も返還すると述べていました。
     ともに議会再生に取り組んできた鋪田副議長は会派の調べの限界を次のように話します。
     「我々は伝票の中の形式的なところしか見ることができないことも事実で、そこまでしか調べられなかった。自身が身の潔白を証明する立場でいるので、わたしとしては見守るしかない」
     不正発覚から時間も経過し、すでに終わったことと思われがちですが、誰が領収書に記入したのか、誰が口座から金を引き出し、誰に渡ったのかなど、詳細はわからないままです。また、村上議長は30日の会見で、印刷会社を紹介するため、白紙の領収書を同僚議員に渡した、見せたと会見で述べています。
     KNBの調べでは、村上議長が印刷会社を紹介したのは、今回、同じく書類送検された谷口元市議です。この業者をめぐる不正取得で谷口元市議が市に返還した政務活動費は、KNBの調べでは2011年度分だけでおよそ75万円にのぼります。
     議長は「恥じるところはないので、議会改革にまい進してきた」と会見で述べていますが、自分が紹介した業者の白紙領収書をめぐり、元市議が告発され、自らも書類送検された事実から議長の求心力の低下はいなめません。こうしたなかで、要職である議長職について、自民党会派幹部は次のように述べています。
     「まったくショック。心臓が止まりそう。(疑いの)中身も全く分からない段階で結論を急ぐことは拙速。ある程度流れを見て議長が(進退を)判断するだろう」
     議会改革への取り組みは、道半ばのなか、だれがリーダーシップをとるのか、見守る目は厳しさを増します。今後は、書類送検した8人について、富山地方検察庁が、裁判にかけるか否かを判断します。それぞれの議員は何をしたのか、カネはどのように流れたのか、分からない点は山積みです。税金である政務活動費の不正の全容が今後の捜査と裁判で明らかにされることが重要だと思います。

    他の政治ブログ一覧

    スポンサーサイト

    0
      • 2020.10.23 Friday
      • -
      • 01:00
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << October 2020 >>
      PR
      ランキング
      href="http://www.borderlessmusic.com/blmusic/blogranking/ranklink.cgi?id=tre fogli">音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ(クラシック) くる天 人気ブログランキング(日記50代) ブログランキング(政治問題) (バレー)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      楽譜ネット
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 富山市議会 政務活動費を新型コロナ対策に(チューリップテレビ 令和2年6月11日 18時14分)
        katura (06/12)
      • クラスターが発生した富山リハビリテーションホーム 施設内を公開(BBT 令和2年5月23日 18時00分)
        trefoglinefan (05/30)
      • クラスターが発生した富山リハビリテーションホーム 施設内を公開(BBT 令和2年5月23日 18時00分)
        aki (05/24)
      • TPPに加入しなければ農家は救えるか
        殺虫剤 (03/11)
      • 10月6日(日)のニュース
        カーテン21 オーダーカーテン (10/08)
      • 疑惑を完全否定 村上議長 議長の疑惑を整理(チューリップテレビ 1月31日 18時26分)
        trefoglinefan (04/01)
      • 疑惑を完全否定 村上議長 議長の疑惑を整理(チューリップテレビ 1月31日 18時26分)
        泉田芳範 (03/31)
      • 小石忠男と宇野功芳
        trefoglinefan (03/10)
      • 小石忠男と宇野功芳
        max (02/03)
      • 富山市議会:平成30年12月定例会「政務活動費の事前審査に関する請願」の行方
        trefoglinefan (01/04)
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM