<< 富山市議会:平成30年3月定例会における富山市監査委員の任命に関する議論の行方 | main | 富山市議会:平成30年6月定例会「請願・陳情における意見陳述の制度化に向けた請願」の行方 >>

横浜DeNAベイスターズ2018.8.3:ベンチ入り選手は25人だからこその当然の作戦

0


     8月3日のDeNAvs広島ですが、延長11回裏のDeNAの攻撃、2アウト12塁でラミレス監督は、打者嶺井に代わって投手をしているウィーランドを送りました。これに関しては様々な議論が巻き起こっているように思いますが、私なりに思いがある事項につき、取り上げたいと思います。
     野球は常時プレイしているのは9人ですが、選手交代は当然あり、プロ野球の場合はベンチ入り選手が25人で、1試合この人数で戦います。それでは1試合25名全てが使えるか、ということになりますが、実はそういかないのが現実です。それは「出場選手登録枠」というのがあり、これが28名と定められていますので、そのなかからその試合に出る25名を選ばなくてはいけません。
     まずはこの日のDeNAのオーダを以下に示します。

    1(中)桑原
    2(二)ソト
    3(一)ロペス
    4(左)筒香
    5(三)宮崎
    6(右)神里
    7(捕)嶺井
    8(投)東
    9(遊)柴田

    (控え)
    投:平良、山崎康、三上、砂田、ウィーランド、藤岡、田中、パットン、武藤、三嶋
    捕:伊藤光
    内:佐野、倉本、中川、石川
    外:乙坂

     28名のうち毎日使う選手(控え投手と先発・控えの野手)が24名なのが理想的ですが、これですと選抜投手は4名までしか登録できません。現実的に先発投手は5〜6名が必要ですから、他の選手で登録できるのは22〜3名なのが現実です。これに先発投手1人加えても、1〜2名はどうしても他の日に先発投手がベンチに入ることになります。つまり25名のうちその日に使う予定の選手が、ベンチに入ることになる訳です。これがウィーランドだったということです。
     ウィーランドはこの試合の前日に、先発登板していましたので、この試合の登板予定はなかった訳です。ですから普通は試合に出ることはない選手です。試合は延長になりDeNAは控えの選手が殆ど出尽くしていました。でもとっておきの1枚がありました。これが投手ながら打撃の良いウィーランドだった訳です。
     結果は皆さんご存知の通りウィーランドは広島の一岡投手から四球を選び、次の倉本のサヨナラ打につなげました。私はここにラミレス監督の控え選手を無駄にしない、という素晴らしい考え方を見た気が致します。
     一軍登録選手28人のうち6名を先発投手を充て、試合時25名のうち他の試合で投げる投手を2名にして実質23名で戦うことに、何の疑問もなく他のチームがやっているということに対して、私はおかしくないか、ということを以前に申し上げたことがあります。例えば先発投手を6名ではなく7名にすれば、殆どの試合で25名フルで戦える(詳細はこちら)のです。こういうことをどうして考えないのかと思います。
     「二刀流は大谷の専売特許」みたいに思われるでしょうが、私はバッティングに自信のある投手は、大いにチャレンジして良いと思います。大谷のように先発投手と指名打者といったフル出場までは求める必要がありません。先発しない日には代打要員としてベンチに居れば、24枚目、25枚目の駒として働くことができれば、それだけでも十分に価値ある二刀流であることを、今回示されたと思います。各チーム「25名ベンチ入り選手全てを有効に使う」という視点を、もっと真剣に是非考えてみたいと思います。

    くる天 人気ブログランキング

    スポンサーサイト

    0
      • 2018.11.06 Tuesday
      • -
      • 19:24
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << November 2018 >>
      PR
      ランキング
      href="http://www.borderlessmusic.com/blmusic/blogranking/ranklink.cgi?id=tre fogli">音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ(クラシック) くる天 人気ブログランキング(日記50代) ブログランキング(政治問題) (バレー)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      楽譜ネット
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 「富山に伝わる三つの民謡」を少人数の合唱でやるのは可能か
        trefoglinefan (08/27)
      • 「富山に伝わる三つの民謡」を少人数の合唱でやるのは可能か
        Minae Hatakeyama (08/17)
      • 富山市議会:平成29年9月定例会「議会改革の推進に関する請願」請願文
        trefoglinefan (10/07)
      • 富山市議会:平成29年9月定例会「議会改革の推進に関する請願」請願文
        love (10/06)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        trefoglinefan (10/03)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        ムラ (09/29)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        trefoglinefan (09/28)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        ムラ (09/23)
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        trefoglinefan (09/14)
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        ムラ (09/13)
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM