<< 富山市議会平成30年6月定例会における「請願・陳情における意見陳述の制度化に向けた請願」の賛成討論その1 | main | 富山市議会:平成30年3月定例会における富山市監査委員の任命に関する議論の行方 >>

富山市議会平成30年6月定例会における「請願・陳情における意見陳述の制度化に向けた請願」の賛成討論その2

0

    JUGEMテーマ:地方議会



    賛成討論:小西直樹(日本共産党)

    (ネット配信動画)

    富山市議会」→「4. 本会議インターネット中継」→「会議名で探す」
    →「平成30年6月定例会」
    →「6月29日(金):本会議(委員長報告・質疑・討論・採決ほか)」
    →「第4 平成30年分請願第4号(討論・採決)」 0:18:10〜

    審議過程等 >>
     只今議題となっております平成30年分請願第5号「請願・陳情における意見陳述の制度化に向けた請願」について、日本共産党の賛成討論を行います。
     請願人はこの間の議会の諸会議を熱心に傍聴もされ、議会改革や政務活動費のあり方に関する請願を昨年の12月議会、今年の3月議会にも提出されています。昨年、11月29日の「議会改革検討調査会」において、日本共産党会派から提案した「請願・陳情者の意見陳述の制度化について」議論が行われました。この中でまず第1に「積極的に制度化を検討すべき」という意見が、提案者も含めて2人、そののち「現状でも委員会が参考人として呼ぶ判断をすれば意見を聴くことができる」から、1つとして「あえて制度化する必要はない」という意見が1人、2番目に「現状でもできるが、不都合があれば、継続して考えていこう」という意見が2人、3番目に「今の時点では必要性を感じない」という意見が1人でした。
     請願人は、この日も「議会改革検討調査会」を傍聴され、議員間の議論を目の前で見ておられました。この会議では結局、「現状のまま」という決定になりましたが、その内容は「現状でも参考人として委員会が呼べば、請願人の意見を聞くことができる。このまま運用していって不都合があれば、この問題についても継続して考えて行こう」ということでした。
     この経過について請願人は直接傍聴し、何度も何度も会議録を読み込んでおられます。この請願を審査した25日の議会運営委員会での意見「事実誤認」「請願文の質を上げよ」などという指摘は全く当たらず、大変失礼です。請願文についても何度も書き直し悩みながら、読んだ人に願意が伝わるように努力を重ねて提出しておられます。文章の表現は自由であり、「請願文の質を上げよ」という意見は何人(なにびと)にも、子供にも、外国人にも文字通り誰にでも請願権を保障した憲法に馴染まないと考えます。
     11月29日の決定と、その後の各派代表者会議での決定を受けて、請願人は昨年12月議会、請願の審査が附託された総務文教委員会での意見陳述を希望して申し出られました。そうして、多くの時間と労力を使い、準備もされました。ところが委員会では、委員から「参考人として意見を求める動議」が出されて、直ちに議題として挙手採決が行われました。何の議論もなく賛成少数で否決され、結局意見陳述は実現できませんでした。
     この1回のことで、「現状でもきる」というのは、いくら請願人が希望しても議会側が求めない限り無理だということが、証明された訳です。このことが、請願をする主権者にとって不都合でなくて何なのでしょうか。請願人はこの実体験に基づき、今度の請願を書かれたのです。
     地方自治法第115条の2の2には、「普通地方公共団体の議会は、会議において、当該普通地方公共団体の事務に関する調査又は審査のため必要があると認めるときは、参考人の出頭を求め、その意見を聴くことができる。」との規定があり、富山市議会委員会条例第68条に「委員会が参考人の出席を求めるとき・・・」の規定がありますが、あくまで委員会側が必要があれば参考人として出席を求めるものであって、請願人本人からの要望で意見陳述を行う方法は、明文化されていません。請願を行う主権者が、主体的に意見陳述を行いたいと申し出る場合、その機会を保障すべき、その為のルール制度化に向けて、検討を開始すべきです。
     山形市、宇都宮市、高松市など多くの議会で意見陳述が制度化され、開かれた議会に、大きな役割りを果たしています。先ほど村石議員が述べられましたが、私たちは3月に、お隣の新潟県の上越市議会に行ってきました。上越市議会は議会改革の先進議会としても大変有名です。上越市議会は平成22年11月に上越市議会基本条例を制定し、条例の第8条「市民参画及び協働」の3「議会は、請願及び陳情の審議等においては、必要に応じて当該請願者又は陳情者の意見を聴くものとする。」、更に4「議会は、前項の規定にかかわらず、当該請願者又は陳情者が市民の場合で申出があるときは、当該請願者又は陳情者の意見を聴く機会を設けるものとする。」と定め、上越市議会のホームページにおいても、「意見陳述について」「上越市議会では、議会基本条例第8条第4項の規定に基づき、提出者である市民が希望した場合、担当の常任委員会に出席し、直接意見を述べることができます。希望する場合は、提出時に申し出てください。」と案内しています。

    (参考)
    上越市議会」→「市民が参加する議会」→「請願・陳情の方法」

     この規定に基づき、この6月8日に開かれた上越市議会総務常任委員会で、「核兵器禁止条約の調印を求める意見書の提出に関する請願」の審査にあたって、冒頭、新潟県原爆被害者の会の会長、90歳の女性が説明に立たれ、自らの広島の被爆体験、新潟では被爆者が300人程居るということです。全部が兵隊さんだったことが語られたそうです。委員会室は静まりかえり、全会一致で請願が採択されたということです。
     請願者や陳情者が、委員会審査の場においての意見陳述を行う場合は、請願や陳情の主旨の説明と、提出した思いを直接伝える機会があれば、請願者や陳情者のみならず、審査する委員、議員の立場からも審査の充実を図る為に、有効な情報になり、手段になると考えられます。
     また、富山市議会が市民に開かれた議会、市民に寄り添う身近な議会、市民に信頼される議会を作り上げることにも、必要な制度です。現状の制度での不都合を体験した市民から、議会改革の前向きな提案が出されました。議会として謙虚に、真摯に受け止め、是非ともこの請願を採択して、富山市議会の改革を前に進めようではありませんか。是非ご賛同を呼びかけまして賛成討論と致します。

    他の政治ブログ一覧

    スポンサーサイト

    0
      • 2019.09.21 Saturday
      • -
      • 00:00
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << September 2019 >>
      PR
      ランキング
      href="http://www.borderlessmusic.com/blmusic/blogranking/ranklink.cgi?id=tre fogli">音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ(クラシック) くる天 人気ブログランキング(日記50代) ブログランキング(政治問題) (バレー)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      楽譜ネット
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 疑惑を完全否定 村上議長 議長の疑惑を整理(チューリップテレビ 1月31日 18時26分)
        trefoglinefan (04/01)
      • 疑惑を完全否定 村上議長 議長の疑惑を整理(チューリップテレビ 1月31日 18時26分)
        泉田芳範 (03/31)
      • 小石忠男と宇野功芳
        trefoglinefan (03/10)
      • 小石忠男と宇野功芳
        max (02/03)
      • 富山市議会:平成30年12月定例会「政務活動費の事前審査に関する請願」の行方
        trefoglinefan (01/04)
      • 富山市議会:平成30年12月定例会「政務活動費の事前審査に関する請願」の行方
        なんだコリャ?! (01/04)
      • 「富山に伝わる三つの民謡」を少人数の合唱でやるのは可能か
        trefoglinefan (08/27)
      • 「富山に伝わる三つの民謡」を少人数の合唱でやるのは可能か
        Minae Hatakeyama (08/17)
      • 富山市議会:平成29年9月定例会「議会改革の推進に関する請願」請願文
        trefoglinefan (10/07)
      • 富山市議会:平成29年9月定例会「議会改革の推進に関する請願」請願文
        love (10/06)
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM