<< 富山市議会平成30年6月定例会における「請願・陳情における意見陳述の制度化に向けた請願」の請願文 | main | 議会改革度ランキング:早稲田大学マニフェスト研究所より >>

富山市議会日本共産党の政務活動費の不適切使用に関して

0

    JUGEMテーマ:地方議会



     政務活動費は政党活動に対して使ってはいけないことになっているのですが、それを行っていたと自民党が共産党に対して、質問を行っていたことに対して、先週回答がありました。そのことがニュースで取り上げられていたのです。

    ・KNB:「KNBweb」→「ニュース」→「バックナンバー」→「6月8日(金)」
        →「富山市議会共産党 政活費巡り自民党に回答
    ・チューリップテレビ:「チューリップテレビ」→「ニュース」→「06月08日(金)」
        →「富山市議会の政活費めぐり 共産党 質問内容は『言いがかり』
    (KNB)

     富山市議会の共産党会派に対し、政務活動費の支出が適切かどうか疑いがあるとして、市議会の自民党会派が質問していた項目について、共産党は8日、いずれも旧運用指針に則ったもので適切な支出だと回答しました。
     共産党の富山市議2人は、自民党に回答書を提出した後、会見を開いて内容を説明しました。
     自民党が先月、提出した質問では、共産党が富山地区委員会に支払った印刷代は、政党活動への支出を禁じた運用指針に反しているとしています。
     これに対し共産党は、地区委員会の印刷機で印刷すれば、早く、しかも安くできて節約になり、実費の支払いは、新運用指針の第三者機関でも承認されていると反論し、正当な支出だと訴えました。
     また、共産党富山県委員会の上田俊彦委員長の名前で、県内のほかの市町村議員と合同で行った各省庁への要請活動や、問い合わせ先に、富山県委員会などを記載したシンポジウムの開催は、政党活動にあたると指摘された点については「委員長名の記載は県内の市町村議員の連絡組織がないためだ。市議会の控室は常時は人がおらず、連絡が取れる事務所を記載した」と反論しました。
     自民党会派は今後、共産党の回答の内容を精査したうえで、今後、ほかの会派の疑わしい事例も追及し、各会派ですり合わせをして議会改革を進めたいとしています。

    (チューリップテレビ)

     富山市議会の政務活動費をめぐるニュースです。
     自民党会派が「不適切な使用」と指摘した共産党会派の2015年度の政務活動費について8日共産党が回答しました。
     使用はすべて適切とした上で質問状の内容について「言いがかりをつけられるいわれはなく見識が問われる」と真っ向から反論しました。
     自民党会派が不適切な使用と指摘したのは、2015年度に当時の共産党会派が支出した4件の政務活動費、合わせて15万円あまりです。
     自民党会派は共産党の県委員長名で国への要望書を提出した際の出張費や共産党の県委員会が主催する研修会の参加費については、政務活動費の運用指針で禁じている政党活動への使用にあたるなどとして質問状を提出していました。
     8日自民党会派に回答した共産党議員団は…共産党議員団は、要望書の提出名や研修会の主催が県委員会になっているのは県内に、市町村議員の連絡組織がないためだと説明し使用は適切だったと強調。
     また、自民党会派が質問状で「共産党議員団は他会派への政治的攻撃で会派のPRという利をむさぼりつくしている」と書いたことについて次のように述べました。
     自民党会派は「回答書はまだしっかり見ていない。会派内で今後の対応を検討したい」としています。

    他の日記ブログ

    スポンサーサイト

    0
      • 2018.08.19 Sunday
      • -
      • 12:11
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << August 2018 >>
      PR
      ランキング
      音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ くる天 人気ブログランキング(日記50代) ブログランキング(政治問題) (バレー)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      楽譜ネット
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 「富山に伝わる三つの民謡」を少人数の合唱でやるのは可能か
        Minae Hatakeyama (08/17)
      • 富山市議会:平成29年9月定例会「議会改革の推進に関する請願」請願文
        trefoglinefan (10/07)
      • 富山市議会:平成29年9月定例会「議会改革の推進に関する請願」請願文
        love (10/06)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        trefoglinefan (10/03)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        ムラ (09/29)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        trefoglinefan (09/28)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        ムラ (09/23)
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        trefoglinefan (09/14)
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        ムラ (09/13)
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        trefoglinefan (05/27)
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM