<< 富山市議会:平成30年3月定例会「一般市民の参加による議会改革を求める請願」の行方 | main | 佐藤久成ヴァイオリンリサイタル〜宇野功芳メモリアル〜:宇野功芳氏の演奏者評 >>

富山市議会:平成30年3月定例会における富山市監査委員の任命に関する議論の行方

0

    JUGEMテーマ:地方議会



    (ネット配信動画)

    富山市議会」→「4. 本会議インターネット中継」→「会議名で探す」
    →「平成30年3月定例会」
    →「3月23日(金):本会議(委員長報告・質疑・討論・採決ほか)」
    →「第2 平成30年分請願第3号(委員長報告・質疑・討論・採決)」

    提案理由説明開始 1:15:50〜

    反対討論その1:上野蛍(光) 1:18:10〜
    反対討論その2:大島満(フォーラム38) 1:21:35〜
    反対討論その3:赤星ゆかり(日本共産党) 1:28:25〜
    反対討論その4:金井毅俊(日本維新の会) 1:33:45〜
    ・採決 1:37:25〜

    (各議員の賛否)

    富山市議会」→「9.会議録等の公開」→「本会議での審査結果等」
    →「平成30年」→「3月定例会(平成30年3月2日から23日)(200kbyte)」5頁目
     全国の地方自治体には監査委員が置かれているのですが、その人事が議会内でまとまらないままのもので、市長から提案されましたので、そりに対して反対派が討論した一方、賛成討論はないまま採決で賛成多数で可決されました。

    他の日記ブログ

    スポンサーサイト

    0
      • 2018.04.21 Saturday
      • -
      • 10:21
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << April 2018 >>
      PR
      ランキング
      音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ くる天 人気ブログランキング(環境問題) ブログランキング(政治問題) (バレー) (日記)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      楽譜ネット
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 富山市議会:平成29年9月定例会「議会改革の推進に関する請願」請願文
        trefoglinefan (10/07)
      • 富山市議会:平成29年9月定例会「議会改革の推進に関する請願」請願文
        love (10/06)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        trefoglinefan (10/03)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        ムラ (09/29)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        trefoglinefan (09/28)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        ムラ (09/23)
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        trefoglinefan (09/14)
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        ムラ (09/13)
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        trefoglinefan (05/27)
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        オニヒトデ (05/23)
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM