<< 悲しき口笛:コーラスとしては困難極まりない作品のひとつ | main | 東京ラプソディー:藤山一郎が歌った歌で今でも最も歌われているもののひとつ >>

富山市議会:平成30年3月定例会「一般市民の参加による議会改革を求める請願」の賛成討論その1

0

    JUGEMテーマ:地方議会



    賛成討論その1:上野蛍(光)

    (対象の請願)

    平成30年分請願第3号:一般市民による議会改革を求める請願

    (ネット配信動画)

    富山市議会」→「4. 本会議インターネット中継」→「会議名で探す」
    →「平成30年3月定例会」
    →「3月23日(金):本会議(委員長報告・質疑・討論・採決ほか)」
    →「第2 平成30年分請願第3号(委員長報告・質疑・討論・採決)」 0:52:50〜

    他の討論等一覧 >>
     ただ今議題となっております、平成30年・請願第3号に関して、会派光・上野より、賛成討論を行います。今、委員会や議会改革検討調査会等においても、会派を超えた調査などが活発になりつつあります。一方議会においては、質問の時間数や意見の集約などにおいて、会派重視のようになりがちですが、会派という言葉は地方自治法100条、14項、15項にのみ記載されており、その活動に関しては記載がありません。同様に、富山市議会例規集のなかでも、会派の活動の明記はございません。大辞泉によると、主義主張が同じくする人々が結成した派閥や団体、特に政治的に作られるものを言う、とあるように、社会的な認識では、会派は主義主張を同じくするというふうにされています。つまり、会派で報告会や意見交換会を行う場合は、その主義主張を同じくする状態で行われる可能性があり、多様な意見、多様な考えを反映することが難しくなることが懸念され、市民から議会で主催をすることを求めることに至るのです。
     また、議会主催にすることで、政治離れをしているような世代の方々にも参加して頂き易い環境を作り出せるでしょう。むしろ、政治から離れている方々の意見を聴き、お互いに考えられる貴重な機会となるのではないでしょうか。市民のなかには様々な世代の方々が居られ、多様な生き方、多様な意見があります。そして、各々が、多様な生き方を選べるように尊重できるよう望まれています。だからこそ会派という垣根を超えた、議会主催の報告会や意見交換会、活動が、今必要とされています。
     本来、地方議会は二元代表制であり、市民の方が直接行政の首長と議員を選び出します。つまり国会の与党、野党とは意味合いが異なります。今請願の大きな主旨は、議会全体と市民の関わり方にあります。議会としてがどうあるべきなのか、市民が不在のまま進めていなのいを、改めて問われています。そのうえで、過去にはなかった市議会に、議会がひとつとなり、未来を見据えているのだと示して欲しいという、市民の方の思いをご理解頂き、ご賛同頂きますよう願い申し上げ、私の賛成討論とさせて頂きます。ありがとうございました。

    他の日記ブログ

    スポンサーサイト

    0
      • 2018.09.13 Thursday
      • -
      • 00:01
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << September 2018 >>
      PR
      ランキング
      href="http://www.borderlessmusic.com/blmusic/blogranking/ranklink.cgi?id=tre fogli">音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ(クラシック) くる天 人気ブログランキング(日記50代) ブログランキング(政治問題) (バレー)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      楽譜ネット
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 「富山に伝わる三つの民謡」を少人数の合唱でやるのは可能か
        trefoglinefan (08/27)
      • 「富山に伝わる三つの民謡」を少人数の合唱でやるのは可能か
        Minae Hatakeyama (08/17)
      • 富山市議会:平成29年9月定例会「議会改革の推進に関する請願」請願文
        trefoglinefan (10/07)
      • 富山市議会:平成29年9月定例会「議会改革の推進に関する請願」請願文
        love (10/06)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        trefoglinefan (10/03)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        ムラ (09/29)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        trefoglinefan (09/28)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        ムラ (09/23)
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        trefoglinefan (09/14)
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        ムラ (09/13)
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM