<< 銀座セレナーデ:終戦直後の明るい曲調で希望に満ちた歌 | main | 水色のワルツ:曲自体は素晴らしいのだか >>

久々の上越市議会

0

    JUGEMテーマ:地方議会



     富山市議会の3月定例会は23日に終わりました。いつもは上越市議会が先に終わるのですが、3月だけは4つ委員会を2日ずつ8日間かけて行うことから、富山市よりも遅く終わります。今年の3月は26日が唯一日程が重ならない日でしたから、久しぶりに訪れることに致しました。
     今回は富山市議会の共産党の議員と一緒に傍聴しました。私は共産党の支持者という訳ではありませんが、一昨年の12月に初めて傍聴した際、たまたま同行した方が共産党の伝手を頼ったこともあって、その時の御恩もあり実際に会期中にご案内致したい、と思っておりました。やはり議員の方に現場を見て頂ければ、富山市との違いもはっきり分かって頂けますし。それに3月議会では共産党の議員の方に請願書のご紹介を頂いたこともあります。
     3月議会の最終日は翌年度の予算案の採決が行なわれます。いつもならそれが普通に賛成多数で可決するのですが、今年の上越市は違いました。予算案に対する修正動議が出され、滅多にない事態を傍聴することができました。その本会議の合間を縫って、上越市、富山市の市議会議員お互いが話をあるなかで、議会改革に関して意見交換を致しました。やはり進んでいる議会は違います。拙請願に書いていることなど、進んでいる議会にとっては当たり前のことなのに、富山市議会は請願しても通らない、実に改革に不熱心な議会であることが伺えます。
     富山市議会における閉塞感をリセットして、また市民としてふたたび向き合いたいと思います。

    他の日記ブログ

    スポンサーサイト

    0
      • 2018.08.18 Saturday
      • -
      • 00:00
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << August 2018 >>
      PR
      ランキング
      音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ くる天 人気ブログランキング(日記50代) ブログランキング(政治問題) (バレー)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      楽譜ネット
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 「富山に伝わる三つの民謡」を少人数の合唱でやるのは可能か
        Minae Hatakeyama (08/17)
      • 富山市議会:平成29年9月定例会「議会改革の推進に関する請願」請願文
        trefoglinefan (10/07)
      • 富山市議会:平成29年9月定例会「議会改革の推進に関する請願」請願文
        love (10/06)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        trefoglinefan (10/03)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        ムラ (09/29)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        trefoglinefan (09/28)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        ムラ (09/23)
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        trefoglinefan (09/14)
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        ムラ (09/13)
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        trefoglinefan (05/27)
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM