<< 富山市議会における政務活動費のあり方検討会関連ニュース | main | 実に楽しみな富山市議会の2017年度の議会改革度ランキング >>

富山市議会平成30年3月定例会における「一般市民の参加による議会改革を求める請願」の請願文

0

    JUGEMテーマ:地方議会



     今回は私が請願書を書きました。議会改革に関するものはこれ1件のようです。紹介議員は共産党だけになりました。これは請願内容のなかに共産党の提案が含まれていたからですが、残念ながら他の会派に広げることができなかったことなどが理由にあげられます。

    (紹介議員)
    ・小西直樹(日本共産党)
    ・赤星ゆかり(日本共産党)
    1.主旨

     議会改革に関する項目のなかで、以下の事項について特に重点的にご検討頂きたい。

     (1) 議会主催による意見交換会の早期開催
     (2) 議会モニターの制度化に向けた検討の早期開始
     (3) 政務活動費の運用指針に関する公聴会の実施

    2.理由

     一昨年の政務活動費不正受給問題が発生してから、富山市議会においても議会改革について活発に議論が行われるようになりました。以来ずっとその経緯を一般市民の立場から追ってきましたが、決して市民目線に立っているとは言い難いように思えました。
     つきましては、市民参加に関する事項を重点的に議論して頂きたく、上記請願を行うものです。項目ごとの狙いについては、以下の通りです。

     (1) 議会主催による意見交換会の早期開催について

     これは議会改革検討調査会の項目にあがっているだけでなく、昨年の9月議会において他者により請願でも出されたものです。しかしながら再度請願するのは、これまでの議論が余りにも市民や請願者不在になっていると感じ、その点を詳細にしつつ開催意義を改めて問いたいからです。
     まず議会主催にして頂きたいのは、誰もが安心して参加できるものを求めているからです。議員個人の開催は勿論、特定の会派などが主催になっている場合、参加にどうしても躊躇してしまいます。いくら主催者側が「誰に来て頂いても構いません」と呼び掛けても、一般市民としてはそのような訳にはいかないのです。議員個人や会派など特定の枠組みがあれば、どうしても周囲の目が気になるからです。
     また議会主催だからと言って、事務局が段取りすることを求めている訳ではありません。例えば上田市や上越市のように、議員が会派に関係なくグループ分けをし、議員自らが世話役となって開催する意見交換会を、是非開催して頂きたいのです。議員が自ら受付けやマイク持ちの役割りを担い、市民と視線を合わせることで、議員が市民にとってより身近になることに、意味があると思うからです。
     意見交換会では市政に関するものは勿論のこと、議会改革についても市民より幅広く意見を募り、是非それを反映して頂きたいと思います。

     (2) 議会モニターの制度化に向けた検討の早期開始について

     議会についてより積極的に関わりたい市民が、議会運営について学び理解しながら、より市民に開かれた議会を提言するうえで、有用と考えます。一方で、議員の働きについても注視することから、議会モニターを通じて一般市民が、市民目線での議員活動に対する理解を広げていくことにもつながります。
     また、特に若い世代に議会モニターとして参加して頂くことは、将来的に有能な議員候補を育成し、正に全国的な課題となっている議員の担い手不足の解消にも役立つと考えます。

     (3) 政務活動費の運用指針に関する公聴会の実施について

     政務活動費を使用するのは実際に議員ではありますが、だからと言って議員だけで決めて良い訳ではないと思います。議員活動は市民からの附託に基づくものであり、市民が本当に期待する政務活動から、政務活動費のあり方を考える機会があっても良い筈なのに、これまでそのような機会が全くありませんでした。
     つきましては、議員間で取りまとめられた政務活動費の運用指針について、公の場にて市民に対して説明をし、市民がそれに対して提言する場を、是非設けて頂きたいと思います。

     議会改革検討調査会において、昨年の5月に各会派より提出された検討項目が提示されました。これについて短期、中期、長期に分類されましたが、その分類のされ方はあくまで議会側の都合に因って振り分けられ、項目として重要なのかどうかは、余り考慮されていないように見受けられました。
     一般市民としてはこのことが理解できないところであり、特に市民の活力を議会にいかに反映させていくかについて、より重視して頂きたいというのが、市民からのお願いでもあります。その点で(1)(2)については、調査会の項目として提示されているにもかかわらず、敢えて請願したとご理解頂ければ幸いです。
     そして議会全体として一般市民と今後どう関わっていくかを常に考え、議会改革に是非取り組んで頂きたいと思います。

    他の日記ブログ

    スポンサーサイト

    0
      • 2018.04.21 Saturday
      • -
      • 14:14
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << April 2018 >>
      PR
      ランキング
      音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ くる天 人気ブログランキング(環境問題) ブログランキング(政治問題) (バレー) (日記)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      楽譜ネット
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 富山市議会:平成29年9月定例会「議会改革の推進に関する請願」請願文
        trefoglinefan (10/07)
      • 富山市議会:平成29年9月定例会「議会改革の推進に関する請願」請願文
        love (10/06)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        trefoglinefan (10/03)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        ムラ (09/29)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        trefoglinefan (09/28)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        ムラ (09/23)
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        trefoglinefan (09/14)
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        ムラ (09/13)
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        trefoglinefan (05/27)
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        オニヒトデ (05/23)
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM