<< 富山市議会平成29年12月定例会における政務活動費関連請願の賛成討論(その1) | main | KNBニュース:2017とやま、市民の審判と議会改革 >>

富山市議会平成29年12月定例会における政務活動費関連請願の賛成討論(その2)

0

    JUGEMテーマ:地方議会



    賛成討論:木下章宏(日本維新の会)

    (対象の請願)

    平成29年分請願第16号:政務活動費の議員個人への完全後払いに向けた請願
    平成29年分請願第17号:事後審査による政務活動費の支払いも認めることを求める請願
    平成29年分請願第18号:政務活動費の審査に関わる第三者機関の早期廃止に関する請願

    (ネット配信動画)

    富山市議会」→「4. 本会議インターネット中継」→「会議名で探す」
    →「平成29年12月定例会」
    →「12月19日(火):本会議(委員長報告・質疑・討論・採決ほか)」
    →「第2 平成29年分請願第16号から平成29年分請願第18号まで(委員長報告・質疑・討論・採決)」

    委員長報告開始:-1:37:00〜
    本賛成討論:-1:16:15〜

    他の討論等一覧 >>
     日本維新の会の木下章宏です。ただ今議題となっております、平成29年分請願第16号「政務活動費の議員個人への完全後払いに向けた請願」、平成29年分請願第17号「事後審査による政務活動費の支払いも認めることを求める請願」、そして平成29年分請願第18号「政務活動費の審査に関わる第三者機関の早期廃止に関する請願」の3件について、一括して賛成討論致します。
     まず、「政務活動費の議員個人への完全後払いに向けた請願」について、賛成討論致します。請願の趣旨のなかで、「特に問題だと思われますのは、政務活動費の不正取得問題における最大の根源といわれていた『政務活動費の会派への且つ先払い制度』が温存されたままになっている点であります。」と触れられているように、昨年、政務活動費不正受給問題が多数発覚した後に、多くの議員を始め報道関係者、専門家などから、先払い制度は一度貰ったお金はできれば返したくない、という使い切り意識を生み出しがちであると、指摘されました。不正の大きな原因と言われていた先払い制度が、政務活動費制度の改善を経た今でも残っていることに、問題の核心がそのままであると、詳しく知る市民は不安を覚えるのだと思います。そして現在行われている、公認会計士による第三者機関の事前と事後の二段階審査方式が、本質的な話をすれば不正の抑止効果というよりも、必要がある時に必要な額の政務活動費を迅速に使用することの妨げになっている、つまり政務活動費を使い辛くしていることも、請願のなかで言われています。考えてみるに、例え事前審査を何回も行ったとしても、巧妙に仕組まれた詐欺的な不正請求の類を、完全に防ぎ切れるものではないことは、皆さんもご理解頂けるところであると思います。
     完全後払い制として、その際に事後審査を行うことでも、十分に現在の事前事後の2段階審査方式と同レヴェルの不正防止機能は、保てる筈だと考えます。完全後払い制においては、議員の立て替え払いの負担の重さがネックになると、よく言われます。しかし、立て替え払い後に、短期間で請求、審査、支払いができるような制度設計を行うなどの工夫により、立て替え払いの期間を短くすることで、乗り越えることができる課題であると思います。
     そして会派への支給ではなく、議員個人への支給とすることで、政務活動費の使用責任が、より明確になり行くだろうと考えます。本当に必要なことへと、政務活動費が使われるようになる力が働くでしょう。本請願は政務活動費をより使い易くして、迅速に活動に励んで欲しいという、私たち議員のことを思って書かれた請願であると思います。私たち議員の活動は原則、透明性が求められるところではありますから、個人への政務活動費の支払いは、今以上に透明性向上に向かっていくことでしょう。
     続きまして、「事後審査による政務活動費の支払いも認めることを求める請願」について、賛成討論致します。政務活動費が充当できる何らかの出費が発生した際に、事前審査を受ける手間を考えて、ポケットマネーで支払うことが、確かに有り得ることや、政務活動を行うなかで、第三者機関を始め他の議員や当局など、誰にも知られることなく行われなければ、効果的な調査ができないケースが、全くないとは思えません。
     また、第三者機関を構成する公認会計士の方達は、政務活動費のチェックについては、専門家ではないと認めておられつつも、毎週2名の方が事前、事後審査を行っておられます。この現在の手順から、事前審査を減らし、事後審査1回へと移行することで、第三者機関の労務量を削減して、委託費用として支払う政務活動費を圧縮することにつなげようというアイデアも盛り込まれていますが、そうした努力は必要だと思います。そして請願にも書かれている通り、全会派が知恵を出し合って作り上げた政務活動費の運用指針ですが、日々の運用のなかで気付いた運用指針には記載されていない新しい観点を加えたり、逆に指針から削除する、もしくは改善することが望ましい内容などが出て来る筈ですから、様々な状況に対応できる運用指針へと、作り変えて行く、絶え間ない努力は必要でしょう。そうしたことからいうと、本請願に書かれた内容は、現在の運用指針には記載されていない、新たな観点を指摘しており、謙虚に耳を傾けて、改善へと検討を開始することが大切であると思います。本請願も議員の立場に立って、政務活動費をより良く使い、十分に議員活動をして欲しいという願いが込められた、前向き的なものであると感じます。
     続きまして、「政務活動費の審査に関わる第三者機関の早期廃止に関する請願」について賛成討論致します。本請願で述べられておりますが、第三者機関の委託費用として、今年度は7月1日から、来年3月末日までで、3,693,600円もの大きな金額が、議員の政務活動費から支払われる予定であり、これを1年間で考えると、約500万円にもなる見込みです。私たち日本維新の会は、本来は市政の調査研究が主な用途である政務活動費という公金を、第三者機関の委託費用に充てるべきではないと、考えてきました。ここで請願の一部を読み上げます。
     「政務活動費の本来の主たる用途は、市政の研究調査です。公認会計士への費用に政務活動費を充てることは、議員の調査研究費用を圧迫することになり、それは議員自身だけでなく、よりよい市政を望む市民にとっても望ましいことではないと考えます。
     公認会計士の指摘から学んだことを活かしながらも、このチェック制度に長く頼ることは避け、議員自らが自立して判断することを目指すことが大切であると考えます。」
     まさにこの通りであると強く賛成致します。政務活動費を圧迫することにもつながる第三者機関制度を長く使うことを止めて、できるだけ早期に議会事務局に、政務活動費の使用にあたっての相談をし、事後審査を受ける体制を目指すべきと考えます。
     皆さんはなぜ、政務活動費や議会改革に関わる請願が市民から定例会の度に提出され続けているのか、その理由をお考えになられたことはお有りでしょうか。市民が昨年の富山市議会の不祥事を目の当たりにして、自分たちの街の議会を何とかしなければいけないと、不安を感じて立ち上がったこと、そうした市民有志からの請願という形をとった、様々な改革提案を、選挙で選ばれた議員が、議会のなかの会議で話合いをして決めていくことだからと、無下にし続けてきた姿勢に、市民は憤りや失望を感じつつも、まだこの議会を諦めていないからだと、私は思います。
     そうです。私たち議員は、もっと市民の不安な思いを受け止め、寄せられる改革への提案を、議会の中での会議に、少しでも組み入れるように、努力することが必要だと思います。市民は自分たちの思いが、議員にしっかりと受け止められている。市民の声の全てを実現できないとしても、耳を傾けて少しでも活かしていこうという議員の心ある姿を見るようになれば、こま議会をより良く変わっていくのを、見守ってみようという気持ちになるのではないでしょうか。
     昨年議員報酬を10万円アップすると決めた時、その前に時間をかけてじっくりと、議員報酬をなぜ今上げるのか、市民の理解を得る為に説明を尽くさなかった、市民とのコミュニーション不足だった議会の姿を、未だに引きずっているように思えてなりません。地方政治とは、その実務者である行政当局と議員、そしてそこに住む住民の三者が、互いに知恵を出し合い、協力し合って作っていくものだと、私は信じています。今後もっと市民からの議会をより良くしたいという思いや改革のアイデアを受け止められる、器の大きな富山市議会へと変化していきたいと、心から思います。
     私には今、大きな目標があります。それは議員同士が会派の枠を超えて、この議会の為に本当に良いと思うことを、市民の為に本当に良いと思うことを、今よりもっと協力的な、融和的な雰囲気のなかで議論し、チーム富山市議会として、互いに力を合わせて、様々なことを実現していく。そういった感覚をこの議会に根付かせたいと、真剣に思っています。それは時間が必要かも知れませんが、絶対に実現できることだと、私は確信しています。そして、その目標を目指すことが、市民や世間から失った信頼を知り戻すことにも、つながるのだろうと思います。大きな目標を語らして頂きまして、日本維新の会、木下章宏によります、私たち議員、そして富山市議会を真剣に思って下さる市民から提出されました請願への、賛成討論と致します。

    他の日記ブログ

    スポンサーサイト

    0
      • 2018.12.16 Sunday
      • -
      • 12:46
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << December 2018 >>
      PR
      ランキング
      href="http://www.borderlessmusic.com/blmusic/blogranking/ranklink.cgi?id=tre fogli">音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ(クラシック) くる天 人気ブログランキング(日記50代) ブログランキング(政治問題) (バレー)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      楽譜ネット
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 「富山に伝わる三つの民謡」を少人数の合唱でやるのは可能か
        trefoglinefan (08/27)
      • 「富山に伝わる三つの民謡」を少人数の合唱でやるのは可能か
        Minae Hatakeyama (08/17)
      • 富山市議会:平成29年9月定例会「議会改革の推進に関する請願」請願文
        trefoglinefan (10/07)
      • 富山市議会:平成29年9月定例会「議会改革の推進に関する請願」請願文
        love (10/06)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        trefoglinefan (10/03)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        ムラ (09/29)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        trefoglinefan (09/28)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        ムラ (09/23)
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        trefoglinefan (09/14)
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        ムラ (09/13)
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM