<< 事後審査による政務活動費の支払いも認めることを求める請願 | main | 政務活動費の審査に関わる第三者機関の早期廃止に関する請願 >>

政務活動費の議員個人への完全後払いに向けた請願

0

    JUGEMテーマ:地方議会



     他の政務活動費関連の請願もご紹介致します。

    (紹介議員)
    ・岡部享(社会民主党議員会)
    ・木下章広(日本維新の会)
    ・東篤(社会民主党議員会)
    ・金井毅俊(日本維新の会)
    ・小西直樹(日本共産党)
    ・村石篤(社会民主党議員会)
    ・赤星ゆかり(日本共産党)

    討論等の一覧 >>
    請願の趣旨

     富山市議会では昨年、議員による政務活動費の不正取得が相次いで発覚し、多くの議員が辞職に追い込まれました。しかし、中には不正取得を行いながら取得分を返済すれば問題ないとか「不適切」ではあるが「不正」ではないとその職に留まった議員も少なくありません。市民の常識からは考えられない議員たちの政治倫理に欠ける行動で富山市議会に対する市民の不信感は頂点に達したと言って過言ではありません。その後、昨年11月には市議会補欠選挙が、また今年4月には市議会本選挙が、それぞれ行われ、選挙で新たに選出された議員の下で政務活動費のあり方についての検討が行われ新たに運用指針も作成されました。確かに議員の皆さまのそうした改革への取組みは十分な傾聴に値しますが、果たしてこれで政務活動費の不正問題が根本的に解決され富山市への市民の信頼が取り戻せる事になるのかどうかについては、疑問なしとは言えません。

     特に問題だと思われますのは、政務活動費の不正取得問題における最大の根源といわれていた「政務活動費の会派への且つ先払い制度」が温存されたままになっている点であります。政務活動費が先払いされれば、「第2の報酬(給与)」であると議員が錯覚したり、出来れば返さずに済ませたいと思ったりするのが普通の人間感情ではないでしょうか。また、市民オンブズマンの調査によれば、富山市議会では他の自治体の議会とは異なり、2015年までに政務活動費が100%使用されたことになっていますが、この事実はそうした議員心理の一端を反映してはいないでしょうか。勿論、議員の皆さんの中には真面目に議会活動をやろうとすれば、現在の水準では足りないと考える方も沢山いらっしゃると思いますが、月15万円という金額は、富山県内はもとより全国的に比較しても決して少なくない金額であることも事実です。

     なお、現在、富山市議会では、政務活動費の使用前と使用後の2度に亘る公認会計士事務所の第三者機関による審査が実施されています。これは「日本一厳しい審査制度であり、これによってもう決して不正が起きないための制度改革」であると多くの議員の皆さんが自負されているとも聞きます。しかし、ことした変更では必要な時に必要な額の政務活動費が非常に使い難くなっており、政務活動費本来の趣旨が生かされないという批判が強いと聞いています。また、仄聞するところ、その審査のために年間500万円とも言われる第三者機関への審査の報酬が必要だと言われます。しかも、公認会計士の皆さんだからといって、決して政務活動費審査のプロではないわけですから、不正を見逃すこともないとは言えません。
     そもそも議員個人への政務活動費の完全後払いを前提とすれば、煩雑な2度の審査で使い難く政務活動費本来の趣旨ににもそぐわないこうした高度な制度は不要になるはずです。
     また、政務活動費を会派ではなく議員個人への支払いにすれば、政務活動費への議員個々人の責任も今よりははるかに明確になるはずです。そして、もし議員個人が使わずに残った政務活動費があれば、それは同じ会派の他の議員同士が使うのではなく、そもそも市民の税金でありますから市に返済するのが筋だと思います。

    請願内容

     議員へり政務活動費の支払いは、会派への先払いを廃止し、市から本人への完全後払いを原則とすること。

    他の日記ブログ

    スポンサーサイト

    0
      • 2018.12.16 Sunday
      • -
      • 14:21
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << December 2018 >>
      PR
      ランキング
      href="http://www.borderlessmusic.com/blmusic/blogranking/ranklink.cgi?id=tre fogli">音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ(クラシック) くる天 人気ブログランキング(日記50代) ブログランキング(政治問題) (バレー)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      楽譜ネット
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 「富山に伝わる三つの民謡」を少人数の合唱でやるのは可能か
        trefoglinefan (08/27)
      • 「富山に伝わる三つの民謡」を少人数の合唱でやるのは可能か
        Minae Hatakeyama (08/17)
      • 富山市議会:平成29年9月定例会「議会改革の推進に関する請願」請願文
        trefoglinefan (10/07)
      • 富山市議会:平成29年9月定例会「議会改革の推進に関する請願」請願文
        love (10/06)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        trefoglinefan (10/03)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        ムラ (09/29)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        trefoglinefan (09/28)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        ムラ (09/23)
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        trefoglinefan (09/14)
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        ムラ (09/13)
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM