<< 東北楽天ゴールデン・イーグルス2017のドラフト:来年に賭ける即戦力中心の指名 | main | 北海道日本ハム・ファイターズ2017のドラフト:籤運だけでなく2位以降の出来も際立っている >>

オリックス・バファローズ2017のドラフト:戦力の補正を着々と

0


     オリックスは長年の即戦力中心のドラフトでから脱却し、そこから高卒を取るようななった為に中間層が抜け落ちた形でずっと苦しんできました。ただヴェテラン頼みからようやく抜けだし、今シーズンは4位まで順位を上げてきました。そうしたなかでのドラフトです。

    1位:田嶋大樹 投手 JR東日本
    2位:鈴木康平 投手 日立製作所
    3位:福田周平 内野手 NTT東日本
    4位:本田仁海 投手 星槎国際湘南高校
    5位:西村凌 捕手 SUBARU
    6位:西浦颯大 外野手 明徳義塾高校
    7位:廣沢伸弥 内野手 大分商業高校
    8位:山足達也 内野手 Honda鈴鹿
    育1:稲富宏樹 捕手 三田松聖高校
    育2:東晃平 投手 神戸弘陵高校
    育3:比屋根彰人 内野手 飛龍高校
    育4:木須デソウザフェリペ 捕手 御殿場西高校
    (投手)
    ・岸田護 36 右
    ☆P.コーク 35 左
    ・比嘉幹貴 35 右
    ・金子千尋 34 右
    ・平野佳寿 34 右
    ☆B.ディクソン 33 右
    ・佐藤達也 31 右
    ・海田智行 30 左
    ☆G.ヘルメン 30 右
    □戸田亮 29 右
    ・大山暁史 29 左
    ☆M.ウェスト 29 右
    ・東明大貴 28 右
    ・吉田一将 28 右
    ・松葉貴大 27 左
    ・金田和之 27 右
    □角屋龍太 27 右
    ・西勇輝 27 右
    ・近藤大亮 26 右
    ・山田修義 26 左
    ・赤間謙 26 右
    ・塚原頌平 25 右
    ・山崎福也 25 左
    ・小林慶祐 25 右
    ⇔詭攅平 24 右
    ・澤田圭佑 23 右
    □神戸文也 23 右
    ・黒木優太 23 右
    ・青山大紀 23 右
    ・山岡泰輔 22 右
    ‥津菎膽 21 左
    □佐野皓大21 右
    ・齋藤綱紀 21 左
    ・鈴木優 21 右
    ・佐藤世那 20 右
    ・吉田涼 20 右
    ・山崎颯一郎 19 右
    ・根本薫 19 左
    ・山本由伸 19 右
    □榊原翼 19 右
    に榲朕粒 18 右
    ○東晃平 18 右

    (捕手)
    ・山崎勝己 35 右
    ・伊藤光 28 右
    ・伏見寅威 27 右
    ・飯田大祐 27 右
    ・若月健矢 22 右
    ダ沼捨 22 右
    ○稲富宏樹 18 左
    ○木須デソウザフェリペ 18 右

    (内野手)
    ・小谷野栄一 37 右
    ・中島裕之 35 右
    ・縞田拓弥 31 右
    ☆B.モレル 30 右
    ・小島脩平 30 左
    ・安達了一 30 右
    ・西野真弘 27 左
    □坂本一正 27 左
    ・鈴木昴平 26 右
    J‥勅平 25 左
    □D.ジョージ 25 右
    ・大城滉二 24 右
    ┿蛎達也 24 右
    ・園部聡 22 右
    ・宗佑磨 21 左
    ・岡崎大輔 19 左
    ё∂型弥 18 右
    ○比屋根彰人 18 右

    (外野手)
    ・宮崎祐樹 31 右
    ・T.岡田 30 左
    ☆C.マレーロ 29 右
    ☆S.ロメロ 29 右
    ・小田裕也 28 左
    ・杉本祐太郎 26 右
    ・後藤駿太 25 左
    ・吉田正尚 24 左
    □張奕 24 右
    ・武田健吾 23 右
    ・吉田雄人 22 左
    西浦颯大 18 左

     オリックスの最大の補強ポイントは左投手。それだけに1位で田嶋を指名できたこと自体は、とてつもなく大きいと言えるでしょう。とは言え1人では全然足りないですから、もう何人か指名できなかっただろうか、という不満は残ります。
     もともと投手には力を入れておらず、今年は野手の方に力を注いだ感じは致します。中間層と高卒を上手く組み合わせて、全体的な年齢層で厚みが増しました。ただ高卒選手は育成指名に頼った感も否めず、どこまで育てられるかが、今後の課題とも言えるでしょう。
     とは言え戦力は一朝一夕では整いませんですから、今年としてはこのあたりで精一杯かも知れません。

    他の日記ブログ

    スポンサーサイト

    0
      • 2018.07.19 Thursday
      • -
      • 00:00
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << July 2018 >>
      PR
      ランキング
      音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ くる天 人気ブログランキング(日記50代) ブログランキング(政治問題) (バレー)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      楽譜ネット
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 富山市議会:平成29年9月定例会「議会改革の推進に関する請願」請願文
        trefoglinefan (10/07)
      • 富山市議会:平成29年9月定例会「議会改革の推進に関する請願」請願文
        love (10/06)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        trefoglinefan (10/03)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        ムラ (09/29)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        trefoglinefan (09/28)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        ムラ (09/23)
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        trefoglinefan (09/14)
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        ムラ (09/13)
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        trefoglinefan (05/27)
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        オニヒトデ (05/23)
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM