<< 2017年のプロ野球ドラフト私的ランキングその1 | main | 阪神タイガース2017のドラフト:二軍に人材の枯渇が始まっているのだが >>

広島カープ2017のドラフト:「最強のチームは優秀な捕手から」を実践

0


     今年も各球団毎のドラフトの成果を見ていきます。まずはセリーグで優勝した広島からですが、自前で育てた選手が躍動して、2年連続で2位に大差をつけて優勝し、戦力的に充実したチーム状態にあります。

    1位:中村奨成 捕手 広陵高
    2位:山口翔 投手 熊本工高
    3位:ケムナブラッド誠 投手 日本文理大
    4位:永井敦士 外野手 二松学舎大付高
    5位:遠藤淳志 投手 霞ケ浦高
    6位:平岡敬人 投手 中部学院大
    育1:岡林飛翔 投手 菰野高
    育2:藤井黎來 投手 大曲工高
    育3:佐々木健 投手 小笠高
    (投手)

    ・永川勝浩 37 右
    ☆K.ジョンソン 33 左
    ☆J.ジャクソン 30 右
    ・福井優也 30 右
    ・佐藤祥万 29 左
    ・中村恭平 29 左
    ・野村祐輔 28 右
    ・中田廉 27 右
    ・中崎翔太 27 右
    ・一岡竜司 27 右
    ・飯田哲矢 27 左
    ・今村猛 26 右
    ・大瀬良大地 26 右
    ・九里亜蓮 26 右
    ・仲尾次オスカル 26 左
    ・横山弘樹 26 右
    ・藪田和樹 25 右
    ・戸田隆矢 24 左
    ・岡田明丈 24 右
    ・辻空 23 右
    ・加藤拓也 23 右
    ・床田寛樹 23 左
    ケムナブラッド誠 22 右
    κ寝敬人 22 右
    ・中村祐太 22 右
    ・藤井皓也 21 左
    ・塹江敦哉 21 左
    ・高橋樹也 20 左
    ・長井良太 19 右
    ・高橋昴也 19 左
    ・アドゥア誠 19 右
    ○佐々木健 18 右
    ケ麁淳志 18 右
    ∋蓋翔 18 右
    ○岡林飛翔 18 右
    ○藤井黎來 18 右

    (捕手)
    ・石原慶幸 38 右
    ・白浜裕太 32 右
    ・會沢翼 29 右
    ・磯村嘉孝 25 右
    ・船越涼太 24 右
    ・坂倉将吾 19 左
    |翅湿成 18 右

    (内野手)
    ・新井貴浩 41 右
    ☆B.エルドレッド 37 右
    ・小窪哲也 32 右
    ・田中広輔 28 左
    ・安部友裕 28 右
    ・菊池涼介 28 右
    ・上本崇司 27 右
    ・庄司隼人 26 左
    ・堂林翔太 26 右
    ☆H.バティスタ 26 右
    ☆A.メヒア 25 右
    ・美間優規 23 右
    ・西川龍馬 23 左
    □木村聡司 21 右
    ・標脅 21 左
    ・青木陸 20 右

    (外野手)
    ・赤松真人 35 右
    ・天谷宗一郎 34 左
    ・松山竜平 33 左
    ・岩本貴裕 31 左
    ・下水流昴 29 右
    ・丸佳浩 28 左
    ・土生翔平 28 左
    ・野間峻祥 25 左
    ・高橋大樹 23 右
    ・鈴木誠也 23 右
    け憤翔愡 18 右

     高校生ナンバー・ワン捕手の中村に1位で迷わず向かった所に、広島の充実度が伺えます。高卒捕手は戦力になるまで最も時間がかかるところで、まずここから取るというのはチーム作りをするうえで、かなり先まで見ている証拠だと言えるでしょう。もし大捕手が育てばそれだけで、チーム編成が将来的に楽になるのは事実で、本当に良い指名だったのは確かです。
     しかし、昨年入団した坂倉も順調に育っており、実は広島は最も高卒捕手の危急性がない球団であった、というところもあります。ただ捕手ができれば内外野にコンヴァートが利くところもあり、坂倉と中村の使い分けはできるところがあるのかも知れません。
     4位の永井にしても高卒外野手は最も必要だったところで、ここもしっかり指名できたことは良かったのですが、投手は7名も指名しながら、左投手は居なかったでしょうか。一昨年、昨年と高卒左腕のトップクラスの選手を指名できていますので、急がない向きはあったと思いますが、主力クラスの左利き投手が居なくなってきている点は、気掛かりなところであります。
     今年は左投手が不作だったというところがあるのかも知れませんが、それでもチームによってはこのあたりを上手く指名しているところもあり、決して「上手く行った」とは言えない部類に属するような気が致します。高橋樹、高橋昴の両左腕は来年あたり出てくるでしょうか。この2人のどちらかが出て来ないと、左投手に途端に苦しむ可能性はあると思います。

    他の日記ブログ

    スポンサーサイト

    0
      • 2018.08.19 Sunday
      • -
      • 00:00
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << August 2018 >>
      PR
      ランキング
      音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ くる天 人気ブログランキング(日記50代) ブログランキング(政治問題) (バレー)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      楽譜ネット
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 「富山に伝わる三つの民謡」を少人数の合唱でやるのは可能か
        Minae Hatakeyama (08/17)
      • 富山市議会:平成29年9月定例会「議会改革の推進に関する請願」請願文
        trefoglinefan (10/07)
      • 富山市議会:平成29年9月定例会「議会改革の推進に関する請願」請願文
        love (10/06)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        trefoglinefan (10/03)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        ムラ (09/29)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        trefoglinefan (09/28)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        ムラ (09/23)
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        trefoglinefan (09/14)
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        ムラ (09/13)
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        trefoglinefan (05/27)
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM