<< 議員の仕事は「予算の分捕り合戦に勝利を収めること」なのか | main | 富山市議会9月定例会:請願者は何を言いたかったのか >>

全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる

0

    JUGEMテーマ:女子バレー



     先の記事までは今年の全日本のメンバを前提に考えてきましたが、来年になると長岡悠望や古賀紗里那といった選手が加わり、チーム構成また変わってきます。このあたりどう対応するかを考えなくてはいけないのですが、特に長岡をどう使うかが重要になってきます。
    (フロントオーダその1)

    長岡 新鍋 奥村
    荒木 内瀬戸 富永

     S1とS6では長岡と新鍋理沙のレフトとライトが逆になります。ですがここは敢えて長岡をレフトに使う方法を考えるのもひとつです。新鍋が中央でサーヴレシーヴして、長岡が左右どちらにも走れるようにすると良いでしょう。右から通常のライト攻撃でも良いですし、左へ逆プロードするという攻撃の仕方もあり、こういうのを身に付けられれば良いですね。

    (フロントオーダその2)

    長岡 新鍋 石井里
    野村 古賀 富永

     MBの選手2人にサーヴレシーヴさせると、PHの選手を1人にしてPGの選手を2人使えます。私はサーヴレシーヴできるMBを使うべきと、ずっと主張してきたのですが、それはやはりWSとMBの負担割合の補正が必要だと思うからです。MBの選手にサーヴレシーヴを頑張る代わりに、後衛ではリベロと代わって休んで貰うのです。2人のPGが前衛に後衛に攻撃に専念する、というのが日本のバレーに向いているのではないでしようか。
     サーヴレシーヴの能力のあるMBの選手と言えば、石井里沙、野村明日香、三浦茉実といったところになるでしょうか。なおこのオーダですと、S2ではサーヴの「拾い手」が居なくなります。そのあたりをどうケアするか、考える必要があるでしょう。新鍋と長岡を入れ替える方法はあります。その場合、S2では長岡か富永がセンター・ブロックすることになります。

    (ツーセッターその1)

    鍋谷 長岡 石井里
    野村 内瀬戸 富永

     ツーセッターで長岡を入れようとした場合、MBの代わりに入れることは可能ですが、そうすると長岡は前衛でしか使えないことになります。そこで長岡を後衛でも使う為に必要になってくるのが、MBの選手かセッターが前衛の時に、サーヴレシーヴすることになります。まずはMBの選手にサーヴレシーヴさせるオーダから。
     サーヴレシーヴは内瀬戸真美とリベロと前衛MBになります。サーヴの「拾い役」は前衛セッターが務めることになります。

    (ツーセッターその2)

    鍋谷 長岡 奥村
    荒木 内瀬戸 吉安

     こちらはサーヴレシーヴできるセッターで考えました。吉安遥はサーヴレシーヴ力に優れた左利きのWSですが、大野石油オイラーズでセッターをやっていたことがあります。実はPFUブルーキャッツには、セッターに挑戦したことのあるWS狩野舞子も所属しており、私は吉安と2人でツーセッターを是非実現して欲しいと思っています。今年はチャレンジリーグでの戦いになりますから、色々なことにチャレンジするのに、絶好の年になるような気がするのですが。
     という訳でいろいろ選手をあげてみましたが、私は全日本が世界で戦う為には、役割り分担の再編が欠かせないと思っています。「MBだから」「セッターだから」という選手では務まりません。「MBだけど」「セッターだけど」という選手こそ、是非起用して欲しいと思います。

    他のバレーボール・ブログ


    スポンサーサイト

    0
      • 2017.10.19 Thursday
      • -
      • 18:42
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      こんばんは。
      全日本とも多少関連があることなのですが、
      例の内瀬戸真実選手。。。
      まだ移籍先が発表ないですね〜
      海外でもなさそうだし、
      ひょっとしたら...なんてこと
      ありますかね〜
       ムラさん、ご指摘ありがとうございます。実は私も気になっております。日立を退団した後移籍の話もありませんし。かつて石田のこともありましたが、同意書が出ていないのではないでしょうか。
       全日本にとって大事な選手が、チーム側の事情で駄目になった例はいくつもあります。一方的にチームが悪いとも言えませんが、選手生命にかかわる状況に対しては、何らかの対処が必要ではないでしょうか。
       とおる人はレンタル移籍を提案しておられましたが、貴重な戦力を無駄にしない取組みが、バレー界全体に求められていることは確かです。
      trefoglinefanさん、内瀬戸の移籍先が発表されました。イタリア2部リーグですね。
      http://vbm.link/15292/

      いやぁ〜、心配してましたがよかったです!
       ムラさん、情報ありがとうございます。内瀬戸の体格で海外で採用されるというのは、まずは良かったと思います。あとは力を是非発揮して欲しいですね。
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << October 2017 >>
      PR
      ランキング
      音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ くる天 人気ブログランキング(環境問題) ブログランキング(政治問題) (バレー) (日記)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 富山市議会:「議会改革の推進に関する請願」の行方
        trefoglinefan (10/07)
      • 富山市議会:「議会改革の推進に関する請願」の行方
        love (10/06)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        trefoglinefan (10/03)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        ムラ (09/29)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        trefoglinefan (09/28)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        ムラ (09/23)
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        trefoglinefan (09/14)
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        ムラ (09/13)
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        trefoglinefan (05/27)
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        オニヒトデ (05/23)
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM