<< 地方議員は「代表者」ではなくて「代理人」 | main | 利より害の方が目立つ富山市議会における政務活動費の事前審査 >>

富山市は平和ボケしていないか

0

    JUGEMテーマ:地方議会



     私は3月6月に請願を出したことについてずっと述べてきました。その2つはそれぞれ時世に応じて書いたつもりなのですが、実際に共通して言いたいことがあったことを、後からになって気付いた次第です。

    ・議員は市民の声を積極的に聴きに行って欲しい
     これに尽きますね。市民の声を聴く為に政務活動費を十分に活用し、またこまめに市民の声を聴いて定例会毎の質問につなげて欲しい。そうした思いが根本的にある訳です。因みに議員が市民の声を聴くというのは、決して市民の言うことをそのまま聴くということではありません。声を聴いたうけでそれに反した行動を取ることは勿論ある訳で、それはそれでお互い受け止めなくてはいけません。市民の声を聴きもしないで、自分は選挙で白紙委任されたと思って、自分の信念だけを貫くというのは国民の代表者たる国会議員がやることであって、住民の代理人である地方議員は例え強い信念を持っていたとしても、常に市民の声と照らし合わせて行動をとる。これが本当の地方議員のあり方ではないでしょうか。
     賛成討論頂いた議員は3月に吉田修氏、大島満氏、6月に赤星ゆかりさん、上野蛍さんですが、それぞれ私の思いに添って、討論して頂いたと思っております。私は上野さんが言われたように、「危機感をもって」時世に合わせて出した訳ですし、大島氏が言われるように「富山市議会の行く末を案じて」書いたことも間違いありません。
     議会のことは議員に任せておけばいい、私に対して何を無駄なことをしているのだ、などといった声も聴かれますが、八尾町が富山市に合併する前後、地元の大きな問題に対して、安心して暮らせなかったことを経験しています。どうしてそうなるのか、ということを考えた結果、やはり議会が、住民の声を聴かない、正常とは言えないものであった、ということに行き着きました。
     そうした時のことから、議会が正常でない限り自身が安心して暮らせない。平時なら例え議会が機能していなくてもそれ程大きな問題はないでしょうが、災害などの非常事態は、何時起きるか分かりません。だからこそ議会が常に正常なものであって欲しい、そういう思いがあるのです。そう思わないのは平和ボケと言えるもので、一般市民はそのことに対して仕方がないところがあるでしょうが、議員がもし平和ボケしているところがあるとしたら、それは大いに憂うことだと思います。

    他の日記ブログ

    スポンサーサイト

    0
      • 2017.07.13 Thursday
      • -
      • 17:39
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << July 2017 >>
      PR
      ランキング
      音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ くる天 人気ブログランキング(環境問題) ブログランキング(政治問題) (バレー) (日記)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        trefoglinefan (05/27)
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        オニヒトデ (05/23)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):全世界的なサーヴの向上が全日本を直撃
        trefoglinefan (05/12)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):全世界的なサーヴの向上が全日本を直撃
        maki (05/12)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        trefoglinefan (05/10)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        Maki (05/09)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        trefoglinefan (05/09)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        Maki (05/09)
      • ワールドカップ男子バレー:チーム・アルゼンチン
        trefoglinefan (09/21)
      • ワールドカップ男子バレー:チーム・アルゼンチン
        なおき (09/21)
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM