<< 「フォーラム'58市政報告会」2017.2.11:富山市議会 ここがおかしい | main | 地元に議員が居ないと困るものなのですかね >>

「フォーラム'58市政報告会」2017.2.11:本当は誰にでも気軽に参加して欲しいものなのだが

0

    JUGEMテーマ:地方議会



     拙ブログではこれまで様々なチラシを取り扱ってきました。その多くは宇野功芳氏を中心としたコンサート情報で、他には政治的なものだとしても、志麻愛子元議員が開いたフォーラムで、私が関与したものやもともと関心があったものなのですが、市政報告会のチラシを載せたのは初めてです。そもそも市政報告会は、他の地方は分かりませんが、富山では支持者になり得る人に声をかけて、参加者を募るのが常です。ところがフォーラム’58が今回開く市政報告会は、そうでもないようです。

    市政報告会情報 >>
     11月の補欠選挙では、大島氏には後援会名簿を作られた気配が全くありません。ですから誰が自分に入れてくれたかなど、全然分からない状況にあります。八尾地区の票が多いことは間違いないでしょうが、だからと言って八尾だけの票とは限りません。それで市政報告会のチラシは、できるだけ多くの人に見て貰えるよう、不特定多数の人を対象に配布することにしたようです。それでも富山市全体に配布することなど不可能ですから、フォーラム’58の政策を応援したい私も、拙ブログに掲載させて頂いた次第です。
     まず市政報告会はおおよそ、支持者に対して自分の取り組んだことや市政において考えられる今後の課題など、自身の政策をアピールするために行われることが多いのですが、この市政報告会は、フォーラム’58の政策そのものよりも、富山市が問題として直面している何かと閉鎖的な議会に風穴を明ける為にはどうしたらいいのか、といった感じになろうかと思います。つまりフォーラム’58の支持者には勿論のこと、富山市民全体で考えなくてはいけない問題を提起する場になっています。
     「開かれた議会」というのはどの議員の支持者かは関係なく、市民みんなの願いの筈です。それなのにそうした期待をこれまでずっと裏切り続けた議員が、昨年の全国に知れ渡った不祥事を誘発したことは、言うまでもありません。ですから他の議員やその支持者たちも一緒になって捉えるべき問題かと思います。だからこそ誰の支持者なのかに関係なく、多くの市民に足を運んで貰いたい市政報告会だと言えるでしょう。
     それと、いくらチラシをばら撒いたところで、来て頂けるのはごく僅かだとは思います。だからこそご来場できない方にも、読んで貰うだけでも役に立つような内容で、構成されているもので作られました。今度の市政報告会は自分だけのものにしたくない、そうした気持ちが表れているような気がするのですが、いかがでしょうか。
     ということでこのようなチラシを拙ブログで取り扱ったことにつき、是非ご理解を頂きたいと思います。

    他の日記ブログ

    スポンサーサイト

    0
      • 2017.02.26 Sunday
      • -
      • 12:40
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728    
      << February 2017 >>
      PR
      ランキング
      音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ くる天 人気ブログランキング(環境問題) ブログランキング(政治問題) (バレー) (日記)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):全世界的なサーヴの向上が全日本を直撃
        trefoglinefan (05/12)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):全世界的なサーヴの向上が全日本を直撃
        maki (05/12)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        trefoglinefan (05/10)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        Maki (05/09)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        trefoglinefan (05/09)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        Maki (05/09)
      • ワールドカップ男子バレー:チーム・アルゼンチン
        trefoglinefan (09/21)
      • ワールドカップ男子バレー:チーム・アルゼンチン
        なおき (09/21)
      • バレーボール全日本はサーヴレシーヴ成功率100%を目指さなくてはいけない
        trefoglinefan (09/19)
      • バレーボール全日本はサーヴレシーヴ成功率100%を目指さなくてはいけない
        ぽん太 (09/19)
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM