<< 待ちに待った力強い弁論 | main | 市民の命と未来を預かる:これは政治家の心得として当たり前の筈なのだが >>

富山市議会:減らすべきは報酬よりも定員数

0

    JUGEMテーマ:地方議会



     大島氏が議員報酬引き上げの取り下げを反対した理由で最も大きなものは、議員定数の削減に是非取り組みたいからであることは、間違いありません。私も実は無駄な議員が多いように思っています。以下のことを書くと現職の議員に失礼にあたるかも知れませんが、でも一市民の目から見て、こういう議員が実に多いと目に映ることを、是非知って欲しいと思うのです。
     地方議員選挙の投票行動として一番多い理由は、「地元の人だから」というのが挙げられます。全国全てでこうなのかは分かりませんが、少なくとも富山ではそのように思われます。その結果どうなったかと言うと、大多数の議員の仕事は「地元の要望を反映すること」だと思っていることで、極端な話「興味があるのは予算の分捕り合戦だけ」といった状態で、肝心な市を良くすることだけを考えて行動する議員は、どれ程居るのでしょうか。
     そして都合が悪いのは、地元の代表者のような議員は、市政の難解な議題に対しては全く興味がなく、当局の提案は全てスルーすることで仕事をした気になっている。議題に対して賛成か反対を判断する能力がなく、親分が賛成と言えば賛成、反対と言えば反対。このように見えるのは、私だけでしょうか。
     こういうのを見ていると、私は本当に多くの議員が必要なのかと思うのです。「議員を多くして多様な意見を反映」などと言いますが、本来は市長をトップとした市政をチェックして、間違ったことをしていないかを納得がいくまでチェックすることが、議員の役割りの筈です。そうした能力のある議員ばかりで少数精鋭で構成されれば、議会も活性化される筈なのです。
     大島氏は「減らすべきは報酬でなく議員数」だと思っているところで、1人あたりの報酬額だけを減らす方に働いたことは、自身の思いとは違う方向で不本意な結果だったことでしょう。市民は報酬額ばかりに関心が行っていますが、それ以上に能力のない議員に対して報酬を支払っている現実の方を、是非知って欲しいと思うのです。そもそも自分の入れた議員が働かないから、報酬額が高いと思われるのではないでしょうか。こういうのは本当に真面目な議員にとっては、実に迷惑な話ですし、定数を減らすことでどれだけ議員報酬の総額がいかに減らせるのかといったところにも、是非目を向けて欲しいと思います。
     地方議会は国会と違って、党派などそもそも必要なのかと思います。国会でしたら行政機関である内閣は国会議員を中心に構成される(議員内閣制)訳ですから、党派が必要なのは仕方ありませんが、地方議会の場合首長がトップの行政と議会は全く別の組織(二元代表制)の訳で、市政をチェックするうえで、国政と違ってそこにはイデオロギーも何もない筈なのです。それなのに党派を作って多数派工作するなど、実に馬鹿げていることであり、議員一人ひとりは独立して是々非々の態度で挑まないと、まともな市政など行えないと思うのです。それがそうならないよう、議員と市民が一緒になって、地方議会を駄目にしているのではないでしょうか。
     市民から「地元だから」という声が、いつになったら聞かれるようになるでしょうか。その道のりは果てし無く遠いと思います。

    他の日記ブログ

    スポンサーサイト

    0
      • 2018.11.06 Tuesday
      • -
      • 00:00
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << November 2018 >>
      PR
      ランキング
      href="http://www.borderlessmusic.com/blmusic/blogranking/ranklink.cgi?id=tre fogli">音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ(クラシック) くる天 人気ブログランキング(日記50代) ブログランキング(政治問題) (バレー)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      楽譜ネット
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 「富山に伝わる三つの民謡」を少人数の合唱でやるのは可能か
        trefoglinefan (08/27)
      • 「富山に伝わる三つの民謡」を少人数の合唱でやるのは可能か
        Minae Hatakeyama (08/17)
      • 富山市議会:平成29年9月定例会「議会改革の推進に関する請願」請願文
        trefoglinefan (10/07)
      • 富山市議会:平成29年9月定例会「議会改革の推進に関する請願」請願文
        love (10/06)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        trefoglinefan (10/03)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        ムラ (09/29)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        trefoglinefan (09/28)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        ムラ (09/23)
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        trefoglinefan (09/14)
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        ムラ (09/13)
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM