<< 議員に任せっきりでいい訳ではない:良き市政の為には市民サイドでの活動も大事なこと | main | 福岡ソフトバンク・ホークス2016のドラフト:自軍さえ良ければそれでいいのか >>

北海道日本ハム・ファイターズ2016のドラフト:ファーストを守る適正というものがあるのです

0


     今年日本一に輝いた日本ハムのドラフトです。

    1位:堀瑞輝 投手 広島新庄高
    2位:石井一成 内野手 早大
    3位:高良一輝 投手 九産大
    4位:森山恵佑 外野手 専大
    5位:高山優希 投手 大阪桐蔭高
    6位:山口裕次郎 投手 履正社高
    7位:郡拓也 捕手 帝京高
    8位:玉井大翔 投手 新日鐵住金かずさマジック
    9位:今井順之助 内野手 中京高
    (投手)
    ・武田久 38 右
    ・石井裕也 35 左
    ☆L.メンドーサ 33 右
    ・増井浩俊 32 右
    ・谷元圭介 32 右
    ・宮西尚生 31 左
    ・新垣勇人 31 右
    ☆K.マーティン 30 右
    ・瀬川隼郎 30 左
    ・斎藤佑樹 28 右
    ・榎下陽大 28 右
    ☆A.バース 28 右
    ・屋宜照悟 28 右
    ・浦野博司 27 右
    ・鍵谷陽平 26 右
    ・金平将至 26 左
    ・高梨裕稔 25 右
    ・公文克彦 25 左
    ・中村勝 25 右
    ・白村明弘 25 右
    ・加藤貴之 24 左
    ╋粍翅艷 24 右
    ・有原航平 24 右
    ・田中豊樹 23 右
    ・井口和朋 23 右
    ・上沢直之 23 右
    ・吉田侑樹 23 右
    ・上原健太 23 左
    9睥桧豕 22 右
    ・大谷翔平 22 右
    ・立田将太 20 右
    ・石川直也 20 右
    )擔雉 18 左
    ×山口裕次郎 18 左
    ス盪獲ゴ 18 左


    (捕手)
    ・市川友也 31 右
    ・大野奨太 30 右
    ・大嶋匠 27 左
    ・近藤健介 23 左
    ・石川亮 21 右
    ・清水優心 20 右
    Х澗麑 18 右

    (内野手)
    ・飯山裕志 37 右
    ・田中賢介 35 左
    ☆ブランドン・レアード 29 右
    ・中田翔 27 右
    ・大累進 26 右
    ・中島卓也 26 左
    ・杉谷拳士 26 両
    ・西川遥輝 24 左
    ・横尾俊建 23 右
    ・松本剛 23 右
    ∪舒羂貔 22 左
    ・森本龍弥 22 右
    ・渡邉諒 21 右
    ・高濱祐仁 20 右
    ・太田賢吾 20 左
    ・平沼翔太 19 左
    今井順之助 18 左

    (外野手)
    ・矢野謙次 36 右
    ・大田泰示 26 右
    ・岡大海 25 右
    ・谷口雄也 24 左
    た校碍値 22 左
    ・宇佐美塁大 22 右
    ・岸里亮佑 21 左
    ・淺間大基 20 左
    ・姫野優也 19 右

     これまで真面目にチームづくりをしてきた結果、やりたい放題のドラフトを行った感じがいたします。今年は大卒の内外野2人、石井一成と森山恵佑といった実力のある選手を指名しました。投手も豊作であった高卒左腕に力を入れています。山口裕次郎の入団拒否は、ある程度折込み済みのところでしょう。7位の郡拓也、9位の今井順之助は望外の下位指名です。
     今井は「融通の一番利かないファースト専門」ということで随分と評価が悪いようですが、私はファーストにはファーストの適正というものがあると思います。確かにファーストというのは、他のどこを守る選手でも守れるのは事実でしょう。だからと言って、ファーストを守る適正というものを無視して良いとは思いません。今井の良いところは柔軟な体で、内野手が多少送球を外らしても、何とか拾ってくれる安心感が得られる可能性があります。プロでは内野安打ギリギリの当たりをアウトにする際、ファーストの捕球に安心感があるのとないので、大いに違ってきます。そうした点を無視して「ファースト専門は安物」と断じるのは、いかがなものかと思います。
     来年は清宮幸太郎をはじめドラフト上位指名確実な高卒の左打ち一塁手が豊作だと言われています。でもこれらの選手が来年まで更なる成長が保証されている訳ではありません。そうしたなかで、今年今井を確実に指名したというのは、私は日本ハムを実に上手くやった思います。こうすることで来年のドラフトが、一段と楽になろうかと思われるからで、清宮などの争奪戦に巻き込まれる必要はないというのが、どれだけ大きなことなのかはかり知れません。

    他の日記ブログ

    スポンサーサイト

    0
      • 2017.11.25 Saturday
      • -
      • 00:00
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>
      PR
      ランキング
      音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ くる天 人気ブログランキング(環境問題) ブログランキング(政治問題) (バレー) (日記)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 富山市議会:「議会改革の推進に関する請願」の行方
        trefoglinefan (10/07)
      • 富山市議会:「議会改革の推進に関する請願」の行方
        love (10/06)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        trefoglinefan (10/03)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        ムラ (09/29)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        trefoglinefan (09/28)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        ムラ (09/23)
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        trefoglinefan (09/14)
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        ムラ (09/13)
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        trefoglinefan (05/27)
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        オニヒトデ (05/23)
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM