<< 責任ある投票行動とは:選挙後の議会に関心を持ってこそ完結できるものである | main | 富山市議会議員補欠選挙:2人で始めた選挙がトップ当選にまで至り >>

東京ヤクルト・スワローズ2016のドラフト:投手再建に向けた指名はかなり上手くやったのだが

0


     昨年は将来に向けたドラフトをしっかり行ったヤクルトですが、今年はどうだったでしょうか。

    1位:寺嶋成輝 投手 履正社高
    2位:星知弥 投手 明大
    3位:梅野雄吾 投手 九産大九産高
    4位:中尾輝 投手 名古屋経大
    5位:古賀優大 捕手 明徳義塾高
    6位:菊沢竜佑 投手 相双リテック
    育1:大村孟 捕手 石川ミリオンスターズ
    (投手)
    ・石川雅規 37 左
    ・館山昌平 36 右
    ・松岡健一 34 右
    ☆R.オーレンドルフ 34 右
    ・近藤一樹 33 右
    ☆J.ルーキ 32 右
    ・中澤雅人 32 左
    ・山本哲哉 31 右
    ・山中浩史 31 右
    ・成瀬善久 31 左
    ・久古健太郎 30 左
    □古野正人 30 右
    ☆P.ギルメット 29 右
    ・村中恭兵 29 左
    Φ涜竜佑 28 右
    ・石山泰稚 28 右
    ・秋吉亮 28 右
    ☆D.ブキャナン 27 右
    ・徳山武陽 27 右
    ・佐藤由規 27 右
    ・小川泰弘 26 右
    ・竹下真吾 26 左
    ・土肥寛昌 26 右
    ・岩橋慶侍 25 左
    ・平井諒 25 右
    ・杉浦稔大 25 右
    ・中島彰吾 24 右
    ・風張蓮 24 右
    ・原樹里 23 右
    ∪叡量 22 右
    □田川賢吾 22 右
    っ翦輝 22 左
    ・高橋奎二 19 左
    ・日隈ジュリアス 19 左
    〇島成輝 18 左
    G潴醉左 18 右

    (捕手)
    ・井野卓 32 右
    ・星野雄大 28 右
    ・藤井亮太 28 左
    ・中村悠平 26 右
    〇大村孟 25 左
    ・西田明央 24 右
    ・山川晃司 20 右
    ジ轍賤ヂ 18 右

    (内野手)
    ・畠山和洋 34 右
    ・武内晋一 33 左
    ・三輪正義 33 左
    ・大引啓次 32 右
    ・今浪隆博 32 左
    ・荒木貴裕 29 右
    ・川端慎吾 29 左
    ☆D.グリーン 27 左
    ・谷内亮太 26 右
    ・西浦直亨 25 右
    ・山田哲人 24 右
    ・奥村展征 21 左
    ・廣岡大志 19 右
    ・渡邉大樹 19 右

    (外野手)
    ・飯原誉士 33 右
    ・高井雄平 32 左
    ☆W.バレンティン 32 右
    ・坂口智隆 32 左
    ・鵜久森淳志 30 右
    ・比屋根渉 29 右
    ・上田剛 26 左
    ・榎本葵 24 左
    ・原泉 24 右
    ・山崎晃太郎 23 左

     今年は投手が崩壊してチームも低迷しました。ですから投手中心のドラフトになりました。私はこのようなことは行き当たりばったりのようで最も嫌うのですが、指名した投手は即戦力というより将来性のある素材を重視している点が、評価できると思います。特に今年は1位候補の投手が多いなかで、数少ない高卒の方を1位にして、2位に残っていそうな大卒の方を2位にしたのも、正解だったと思います。このことはドラフト前に指摘しています。そして本当の意味での即戦力をむしろ下位で上手に指名できました。
     野手は捕手1人というのがいかにも淋しいですが、その高卒捕手は上位で打力優先に他で2名指名されたものの、5位という位置で純粋に捕手としての資質で高校生ナンバーワン古賀優大を指名できたのも大きいです。
     という訳でしたが、上手くやったかどうかという観点では、かなり上手くやったとは言えます。ところが外野手は昨年から1つずつ年齢が加算されてしかも最年少の川上竜平が戦力外になってしまいました。おかげで高齢化が著しく目立つようになったのも事実です。この補正をどうしてできなかったのかと思います。
     人数を6人に絞ったなかでは、こんなものなのかなと思いつつも、そもそも6人で打ち切る理由がさっぱり分かりません。10人以上の戦力外を出しているからで、まだ何年もかかりそうでありながら、素質のある外野手や一塁手は数多く残っていたのです。二軍のポジションが大いに空いている訳ですから、そのことはファンも大いに不満を持っていることと思います。もし高卒外野手を誰か1人最下位指名していれば、それだけで100点満点に近い出来になったと思います。これをやらなかった為に、大いに見劣りしてしまうと感じるのは、私だけでしょうか。

    他の日記ブログ

    スポンサーサイト

    0
      • 2017.11.24 Friday
      • -
      • 00:00
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>
      PR
      ランキング
      音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ くる天 人気ブログランキング(環境問題) ブログランキング(政治問題) (バレー) (日記)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 富山市議会:「議会改革の推進に関する請願」の行方
        trefoglinefan (10/07)
      • 富山市議会:「議会改革の推進に関する請願」の行方
        love (10/06)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        trefoglinefan (10/03)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        ムラ (09/29)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        trefoglinefan (09/28)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        ムラ (09/23)
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        trefoglinefan (09/14)
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        ムラ (09/13)
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        trefoglinefan (05/27)
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        オニヒトデ (05/23)
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM