<< 阪神タイガース2016のドラフト:さっぱり見えないドラフト戦略 | main | 責任ある投票行動とは:選挙後の議会に関心を持ってこそ完結できるものである >>

(続)議員生活最後に使われた実に尊い政務活動費:これは元女性議員の遺言なのだろうか

0


     2009年時点で富山市議会が「全国で最も開かれていない議会」だということを述べましたが、この時に何らかの手を打っていれば、今になって政務活動費の不正は出てこなかった可能性が大きいです。ですから知っていた我々が何もしなかったことなのは、問題だったかも知れません。
     しかし、それではあの時に議会の正常化に動き出していれば良かったのか、ということになりますが、私はそうではなかったような気がしてきました。当時は富山市議会がいかにも腐っていることを、知っていたのはごく少数の人だけであり、一般市民は勿論のこと、議会内部の人達も、志麻元議員がこの数字を示そうとも、右から左に聞き流されたことと思います。そのような状態でごく少数の人が頑張ったところで、開かれている度で全国754位中730位だったものが、せいぜい600位くらいまで向上して、政務活動費の不正使用が起きない程度の改革しかできなかったかも知れませんし、それ以上の向上を望めなかったと言えるでしょう。
     ところが今回は富山市議会の腐敗状況が全国に晒されたなかでの選挙になります。ということは議会改革を徹底的に行い、全国1位とまでいかないまでも、せめて滑川市の75位を上回る開かれた議会を新たに作る、絶好の機会なのかも知れません。このことが故志麻愛子元議員が最後につきつけた市民への課題のような気がしてならないのです。
     「開かれた議会をつくるために」の開催報告が、相模原市議会をよくする会のホームページに、よくする会の代表赤倉昭男氏と当時の志麻議員が勉強会の前で並んで座っておられる写真とともに、記録(こちらより13ページ目)として残してありました。この時のことをふたたび、私なりに思い起こしたいと思います。

    他の日記ブログ

    スポンサーサイト

    0
      • 2018.08.19 Sunday
      • -
      • 00:00
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << August 2018 >>
      PR
      ランキング
      音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ くる天 人気ブログランキング(日記50代) ブログランキング(政治問題) (バレー)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      楽譜ネット
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 「富山に伝わる三つの民謡」を少人数の合唱でやるのは可能か
        Minae Hatakeyama (08/17)
      • 富山市議会:平成29年9月定例会「議会改革の推進に関する請願」請願文
        trefoglinefan (10/07)
      • 富山市議会:平成29年9月定例会「議会改革の推進に関する請願」請願文
        love (10/06)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        trefoglinefan (10/03)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        ムラ (09/29)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        trefoglinefan (09/28)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        ムラ (09/23)
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        trefoglinefan (09/14)
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        ムラ (09/13)
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        trefoglinefan (05/27)
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM