<< 議員生活最後に使われた実に尊い政務活動費:これは元女性議員の遺言なのだろうか | main | (続)議員生活最後に使われた実に尊い政務活動費:これは元女性議員の遺言なのだろうか >>

阪神タイガース2016のドラフト:さっぱり見えないドラフト戦略

0

    JUGEMテーマ:阪神タイガース



     投手が豊作のなかで阪神は野手に向かいました。その結果はいかに。

    1位:大山悠輔 内野手 白鴎大
    2位:小野泰己 投手 富士大
    3位:才木浩人 投手 須磨翔風高
    4位:濱地真澄 投手 福岡大大濠高
    5位:糸原健斗 内野手 JX-ENEOS
    6位:福永春吾 投手 徳島インディゴソックス
    7位:長坂拳弥 捕手 東北福祉大
    8位:藤谷洸介 投手 パナソニック
    (投手)
    ・安藤優也 39 右
    ・能見篤史 37 左
    ・藤川球児 36 右
    ☆R.メッセンジャー 35 右
    ・高宮和也 35 左
    ・高橋聡文 33 左
    ・柳瀬明宏 33 右
    ・岩田稔 33 左
    ☆M.マティオ 32 右
    ・桑原謙太郎 31 右
    ・榎田大樹 30 左
    ・山本翔也 28 左
    ・伊藤和雄 27 右
    ☆R.メンデス 26 右
    ・石崎剛 26 右
    ・田面巧二郎 26 右
    ・秋山拓巳 25 右
    ・岩崎優 25左
    ・岩貞祐太 25 左
    ・横山雄哉 24 左
    ・島本浩也 24 左
    ・歳内宏明 23 右
    ・守屋功輝 23 右
    ・青柳晃洋 23 右
    ・松田遼馬 23 右
    ・藤浪晋太郎 22 右
    κ ̄塀娶 22 右
    ⊂野泰己 22 右
    ・竹安大知 22 右
    藤谷洸介 21 右
    ・望月淳志 19 右
    み醒録神 18 右
    才木浩人 18 右

    (捕手)
    ・岡崎太一 33 右
    ・清水誉 32右
    ・小宮山慎二 31 右
    ・小豆畑眞也 28 右
    ・梅野隆太郎 25 右
    ・原口文人 25 右
    ・坂本誠志郎 23 右
    長坂拳弥 22 右

    (内野手)
    ・鳥谷敬 35 左
    ・新井良太 33 右
    ・西岡剛 32 両
    ・上本博紀 30 右
    ☆E.キャンベル 29 右
    ・今成亮太 29 左
    ・荒木郁也 28 左
    ・森越祐人 28 右
    ・陽川尚将 25 右
    セ絽況鯏 24 左
    ・西田直斗 23 左
    ・北條史也 22 右
    ‖膸獲輔 22 右
    ・植田海 20 右

    (外野手)
    ・福留孝介 39 左
    ★糸井嘉男 35 左
    ・狩野恵輔 34 右
    ・藤川俊介 29 右
    ・前田大和 29 右
    ・伊藤隼太 27 左
    ・緒方凌介 26 左
    ・江越大賀 24 右
    ・中谷将大 24 右
    ・高山俊 23 左
    ・板山祐太郎 23 左
    ・横田慎太郎 21 左

     まず1位の大山悠輔に驚かれたところがあります。これに対して大きなブーイングがまずあったようですが、それはチームの戦略上のこともあって、私は昨年の高山同様大きな減点対象にしたくはありません。ですが私が今年もランキング最下位にしたのが、2位以下でいったい何を考えているのか、と言いたくなるところがあるからです。
     まず投手ですが、右投手ばかり指名しています。足りないだけでなく将来に不安があるのは、左右どちらかは見るまでもありません。能見篤史、岩田稔、高橋聡文といった投手が、まだ5年も6年も活躍できると思っているのでしょうか。今年は高卒をはじめとして左投手が大豊作だった筈です。そうしたなかで全てスルーとは、いったい何を考えているのでしょうか。
     内野手も北條が育ってきて一軍に定着しそうなところなのに社会人を指名。次の世代を育てないでどうするのでしょうか。4位なら三森大貴が残っていました。
     捕手に関しても原口や坂本が一軍を伺おうとしているところで同年代の大卒。6位なら郡拓也が残っていましたし、7位なら石原彪が残っていたのです。こうした選手を育てることをまるきり考えなかったのでしょうか。
     昨年同様に、阪神の稚拙なドラフト戦略が目立った2年間になったと思います。

    他の日記ブログ

    スポンサーサイト

    0
      • 2017.09.21 Thursday
      • -
      • 00:00
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << September 2017 >>
      PR
      ランキング
      音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ くる天 人気ブログランキング(環境問題) ブログランキング(政治問題) (バレー) (日記)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        ムラ (09/23)
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        trefoglinefan (09/14)
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        ムラ (09/13)
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        trefoglinefan (05/27)
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        オニヒトデ (05/23)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):全世界的なサーヴの向上が全日本を直撃
        trefoglinefan (05/12)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):全世界的なサーヴの向上が全日本を直撃
        maki (05/12)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        trefoglinefan (05/10)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        Maki (05/09)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        trefoglinefan (05/09)
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM