<< 志だけでは議員は務まらない:志を活かす為の議員としての能力とは | main | 阪神タイガース2016のドラフト:さっぱり見えないドラフト戦略 >>

議員生活最後に使われた実に尊い政務活動費:これは元女性議員の遺言なのだろうか

0


     富山市議会の政務活動費不正使用問題ですが、不正を行った支持者からよく聞かれる言葉は、「どうせ他もやっているのでしょう」ということで、何の罪も感じていないのです。それどころか「こんなの全国一緒」とさえ言われます。私もそのようなものなのかな、と思っていたところ、本当にそうなのか、と思うものが拙ブログ記事で偶然に見つかりました。
     私が2009年の4月に「開かれた議会をつくるために」という題で書いた記事があります。この中で富山市議会が既に腐敗していたことが裏付けられていました。
     「相模原市議会をよくする会」が、全国の市議会がどれだけ開かれているのかを、独自の評点で評価したものを、たまたま記事にしていました。それを改めて順位だけ記載いたしますが、富山県内の市議会は以下の通りだったようです。

    75位(754位中)滑川市 105点
    204位 魚津市 85点
    332位 氷見市 70点
    446位 高岡市 60点
    577位 砺波市 45点
    617位 小矢部市 40点
    657位 射水市 35点
    657位 南砺市 35点
    730位 富山市 15点

     つまり富山市全国で最低クラスの、「開かれていない議会」だったことを意味します。これが今どうなのかは分かりません。でも富山市はこれをオープンにしていったどころか、益々隠そう、隠そうとしているふうに見ますので、とても開かれた議会になっているとは思えません。もしそうなっていたら、政務活動費の不正はもっと早く出てきたでしょうし、そもそもそうした事態まで至ったかどうかも分かりません。
     つまり富山市民は「どうせ全国の議員がそうだろう」と思っておられるでしょうが、一方で「富山市だから起きた」ということを否定し切れない現実もあるということではないでしょうか。
     この評点は故志麻愛子元議員が、任期が切れる現役最後の月に支払われる政務調査費(現在の政務活動費)を使って開いてくれた勉強会の資料から取ってきたものです。まさに富山市議会の程度の悪さを示した志麻議員の遺言のようなものなのかも知れません。富山市議会だけでなく富山市民はその声に耳を貸すことをしなかったことが、今回の不正につながったと言っても過言ではないと思います。私も2009年に自分で記事にしていながら、いまではすっかり忘れてしまっていたことを、実に恥ずかしく思う次第です。「全国でも同じだろう」という一般民の言葉に、多少とは言え同調したい思いを持ったのは事実ですから。
     全国で同じことが行われている可能性を私は否定するつもりはありませんが、だからと言って富山市が行っていた不正は不正で変わりがないのです。だからこそ議会だけでなく一般市民も、議会の正常化に向けて何らかの行動を起こすことこそが、富山市民としての責務ではないでしょうか。
     私は富山市議会補欠選挙において、この志麻議員の遺言とも言うべき事柄を、是非有権者の皆さんに知って頂きたいと思います。

    他の日記ブログ

    スポンサーサイト

    0
      • 2018.05.23 Wednesday
      • -
      • 12:30
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << May 2018 >>
      PR
      ランキング
      音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ くる天 人気ブログランキング(環境問題) ブログランキング(政治問題) (バレー) (日記)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      楽譜ネット
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 富山市議会:平成29年9月定例会「議会改革の推進に関する請願」請願文
        trefoglinefan (10/07)
      • 富山市議会:平成29年9月定例会「議会改革の推進に関する請願」請願文
        love (10/06)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        trefoglinefan (10/03)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        ムラ (09/29)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        trefoglinefan (09/28)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        ムラ (09/23)
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        trefoglinefan (09/14)
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        ムラ (09/13)
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        trefoglinefan (05/27)
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        オニヒトデ (05/23)
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM