<< 東京ヤクルト・スワローズ2016のドラフト:FAの人的補償におけるプロテクト・リスト案から見た野手の補強ポイントは | main | 2016年のプロ野球ドラフト私的ランキングその1 >>

東京ヤクルト・スワローズ2016のドラフト:投手4名野手2名の6名の模様

0


     ヤクルトの今年のドラフト方針が出ました。総勢6名でうち投手が即戦力を中心に4人だとのこと。どうしてここまで人数を絞り込まなくてはいけないのでしょうか。野手は5人の退団が今のところ決まっているなかで、殆ど二軍暮らしで一軍に上がる見込みのないヴェテランの選手もまだ残っているのです。こういう選手をチームにずっと残す為に、人数を絞り込むのでしょうか。このようなことはファンを大いにがっかりさせることで、馬鹿にしているとさえ思いたくなるのです。例え7位に良い選手が残っていても、これ以上指名しないということなのでしょうか。
    選手はかなり淋しい状況になっています。まず投手ですが、戦力外になった田川賢吾は今年の田中正義など大卒投手と同学年で、児山祐斗は山岡泰輔といった高卒社会人3年目と同学年になるのです。それで即戦力投手ばかり指名すると、残った投手全ての選手の年齢が1つずつ上がる訳ですから、益々高齢化が進むことになってしまうのです。こうしたことを球団はどう受け止めているのでしょうか。
     高齢化は投手だけではありません。捕手は中村悠平や西田明央が中堅として一軍に定着した以上、二軍で育成するのが山川晃司だけでは心許ないと言えます。内野手は昨年高卒で2人取り随分と若返ったものの、森岡良介が引退して今浪隆博が難病にかかるなどして、極端に左打ちの人材不足に陥っています。奥村では「左の代打」として一軍に置ける人材とは言えません。
     外野手は高卒5年目の川上竜平が最年少でありながら退団。1人どころか複数若手外野手を補充したい状況です。以上のような状況でどうして6名で足りるのでしょうか。いったいどういう計算をしているのかさっぱり分かりません。
     それで投手4人と野手2人でどういうので、どういう指名をして欲しいのかを考えることにいたします。

    1位:今井達也投手(作新学院高)
    2位:加藤拓也投手(慶応大)
    3位:大江竜聖投手(二松学舎大附高)
    4位:高山優希投手(大阪桐蔭高)
    5位:今井順之助(中京高)
    6位:田城飛翔(八戸学院光星高)

     たったの6人で若さを失わない指名となるとこのくらいのことを考えないと無理だと思います。1位で今井を選んだのは、高卒で最も即戦力になり得る投手だからです。もし1位を大卒の即戦力にした場合には、2位で高卒の即戦力投手候補はまず残りません。勿論1位も2位も大卒社会人はありですが、そうするとやはり年齢構成的にバランスが良くありません。ですから敢えて1位を高卒の即戦力クラスを選ぶのです。ここができれば、2位は大卒で誰か指名することができます。一応加藤の名をあげましたが、生田目翼(流通経済大)、黒木優太(立正大)、高良一輝(九産大)など、2位の4番目ならすぐに先発ローテに入れそうな投手誰か残っていると思います。3位と4位は豊作とも言える高卒左腕から2人を今年選んでおきたいです。他に山口裕次郎(履正社高)がこのあたりの指名になろうかと思いますし、右投手で山崎颯一郎(敦賀気比高)や高田萌生(創志学園)、京山将弥(近江高)でも悪くありません。
     5位と6位ですが内野手は今井順之助(中京高)のイチオシになります。やや鈍重そうな体つきが気になりますが、体そのものは柔軟でしっかりと打球を飛ばせるのが魅力ですし、何より高卒の一三塁手というのはヤクルトの最大の補強ポイントに合致します。5位というのは今井の地元の中日に先んじて指名できる順位でもあり、ここでしっかり抑えたいところではないでしょうか。今井が指名できれば、奥村展征が人的補償で流出する事態が起きても、被害は最低限で済みますし、またポジション的に奥村と共存もできますので、獲得して無駄になることはありません。
     高卒外野手はとりあえず田城で取り上げましたが、5位で今井が指名できずに遊撃手タイプの岡崎大輔(花咲徳英高)や松本龍憲(崇徳高)あたりになった場合は、大本のような大砲型タイプでも良いと思います。勿論5位と6位で内外野の入れ換えも可能です。外野手を誰か指名しておけば、原泉の流出にも勿論対応できます。
     といったところなのですが、来年3年契約が切れる真中監督は、このような指名は絶対にやらないでしょうね。きっと即戦力取りまくりしたうえでFAで中日の平田良介まで獲得して、優勝を狙いに行くことになろうかと思います。
     でも私が今一度改めて問いたいのは、来年本当に優勝しなくてはいけないのですか、ということです。広島は25年間も我慢に我慢を重ねて、これから何年も優勝争いのできるチームを作り上げたのです。昨年にヤクルトが優勝できたのは本当に幸運でした。巨人が勝ってに転んだのもありますが、何より大きかったのは投手が軒並みキャリア・ハイを迎えたこと、そして今年故障した畠山と川端が通年働いたこと。この2人はかなり高いパフォーマンスを見せてくれるのですが、如何せん怪我の多い選手です。一昨年までの状況を考えると、今年程度の働きなのがむしろ当たり前なのであって、昨年のように大きな怪我をしなかった方が珍しいと言えるくらいの選手なのではないかと思います。私が「幸運が重なってできた優勝」と言ったのはこのことで、戦力的にはとても優勝できるチームだとは言えなかったのです。むしろ今年の5位の方が余程正常な位置付けなのが現実ではないでしょうか。
     ですから昨年の優勝というのはチームやファンにとって思いがけないご褒美だった訳で、広島が25年我慢してきたのに比べると、これからヤクルトのチーム再建への我慢はどれ程のものでしょうか。もう一度広島ヤクルトの人員構成をよく眺めてみて下さい。年々強くなりそうなのがどちらで、年々弱くなりそうなのがどちらなのか、是非ご判断頂きたいと思うのです。
     最後に平田の人的補償におけるプロテクト残り1枠ですが、これはもう山川晃司以外に考えられません。そもそも捕手は育成に最も時間がかかるのですし、高卒捕手がドラフトで加わったからと言って、山川が人的補償となって良い訳ではありません。ですから山川にはどちらにせよプロテクトがかける必要があるのではないでしょうか。そしてもし今年ドラフトで指名する野手が2人だと言うのであれば今年の捕手の指名は見送り、高卒内外野1人ずつ指名しておくのが良いと思います。

    他の日記ブログ

    スポンサーサイト

    0
      • 2017.11.24 Friday
      • -
      • 13:49
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>
      PR
      ランキング
      音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ くる天 人気ブログランキング(環境問題) ブログランキング(政治問題) (バレー) (日記)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 富山市議会:「議会改革の推進に関する請願」の行方
        trefoglinefan (10/07)
      • 富山市議会:「議会改革の推進に関する請願」の行方
        love (10/06)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        trefoglinefan (10/03)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        ムラ (09/29)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        trefoglinefan (09/28)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        ムラ (09/23)
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        trefoglinefan (09/14)
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        ムラ (09/13)
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        trefoglinefan (05/27)
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        オニヒトデ (05/23)
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM