<< 富山市議会議員の補欠選挙が11月6日だってさ | main | 東京ヤクルト・スワローズ2016のドラフト:来年優勝を狙うなど無茶をすると将来に大きな禍根を残すことになりかねない >>

昨年(2015年)のドラフトから見た広島や日本ハムの強さ

0

    JUGEMテーマ:プロ野球全般



     昨日パリーグで日本ハムが優勝して、セリーグ、パリーグともに今年の優勝が決まりました。拙ブログでは記事にしませんでしたが、他所で以下に予想したのを提示していました。

    (セリーグ)
    1.巨人
    2.広島
    3.DeNA
    4.ヤクルト
    5.阪神
    6.中日

    (パリーグ)
    1.日本ハム
    2.ソフトバンク
    3.西武
    4.楽天
    5.オリックス
    6.ロッテ
     予想の根拠になったものは、昨年のドラフト結果分析にも示しましたが、良いドラフトを行ったチームはやはり上位に予想しましたし、思った程良くなかったところは、下位予想になっております。ヤクルトに関しては、良いドラフトだったのに上位予想しなかったのは、昨年(2015年)の優勝に一応満足したうえで、チーム再建に向けた手掛かりとなる指名を行ったからで、今年の優勝よりは将来を見据えるという方向性を、私は評価したのです。二軍は昨年に引き続き最下位。ですからこれだけ二軍の整備を目的としたドラフトを行っても、焼け石に水の状態なのですから、如何にこれまでが酷かったのかと思われます。ヤクルト・ファンとしては当面優勝などいいから、将来に希望の持てる二軍をまず作ってくれ、と言いたいところです。
     広島とDeNAは選手が育ってきていましたから、今年はAクラスに入る予想をしましたが、広島が予想以上の出来だったと言えるでしょう。勝って当たり前の巨人の上を行くことまでは、予想できなかったです。阪神と中日は主力選手の衰えが予想できましたので、こうした予想にありました。
     パリーグの方は日本ハムが若手が育っているなかで、確実に弱点の補強もできた訳ですから、大いに期待しておりました。ひょっとしてソフトバンクの上に行くのでは、と願望も込めて1位予想したところ、見事にやってくれました。加藤貴之と井口和朋が即1軍で使えたのも大きかったです。一方のソフトバンクは「万全に見えてやはり弱点がある」と指摘したところ、やはり左投手の不足が浮き彫りになった格好になりました。
     楽天は昨年最下位でしたが、やはり若手が育ちつつあるチームでした。投手偏重だったところに野手中心の大胆なドラフトを行ったことを私は評価したのですが、なかでも茂木栄五郎がショートのレギュラーを張ったことで、チーム力が一段と向上したと言えるでしょう。
     意外だったのはロッテと西武で、ロッテは選手が、特に野手がだんだん高齢化してきていますから、私は相当に苦しくなると思っていたのですが、思いのほかパフォーマンスが落ちませんでした。一方の西武は選手の高齢化が思いのほか進んでしまったように見えました。私は「3位を確保する為に注射を打った」などと揶揄しましたが、思いもよらないところに、チーム力低下の影が忍び寄っているような気がしてなりません。これからチームを立て直すのは大変になろうかと思います。
     こうして見ると、広島や日本ハムは本当に良いチーム作りをしていると思います。みなさんご贔屓のチームはいかがでしょうか。ドラフト指名する際に「今年の弱点はこうだったから」というのばかり目に行きますが、大切なのはまず今年の主力選手で、今年以上の働きが見込めるのか、それとも今年の働きをとても見込めないのかが、重要になってくると思うのです。そして後者であった場合、代わりの選手が二軍から用意できるのか、ドラフトでの補強が必要なのかを、しっかり見極める必要があろうかと思います。
     ファンが無理な優勝を求め続けていては、チームの強化も却って中途半端になってしまいます。やはり我慢する時は我慢をしてきた。こうしたことに今の広島や日本ハムの強さが今年になって表れてきたのではないでしょうか。

    他の日記ブログ

    スポンサーサイト

    0
      • 2017.09.19 Tuesday
      • -
      • 16:25
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << September 2017 >>
      PR
      ランキング
      音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ くる天 人気ブログランキング(環境問題) ブログランキング(政治問題) (バレー) (日記)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        trefoglinefan (09/14)
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        ムラ (09/13)
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        trefoglinefan (05/27)
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        オニヒトデ (05/23)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):全世界的なサーヴの向上が全日本を直撃
        trefoglinefan (05/12)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):全世界的なサーヴの向上が全日本を直撃
        maki (05/12)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        trefoglinefan (05/10)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        Maki (05/09)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        trefoglinefan (05/09)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        Maki (05/09)
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM