<< 久しぶりにアクセス・ランキングでも見てみましょうか | main | 国鉄時代からなぜか富山ではスワローズは強い >>

同期会にて思う:今やブログなんて古いのだろうか

0

    JUGEMテーマ:同窓会



     8月27日に中学生(上滝中学校)時代の同窓会(同期会)が行われました。前回は住所不明で連絡不行き届きに近く、一応案内があったのですが、余りにも詰まっていましたから返信に心が向かず欠席してしまっていました。ですからおそらく約25年ぶりでの出席になったと思います。もっとも25年前は私は世話役だったのですが。出席者は約130名中50名だったのですが、同級生との久しぶりの再会に、当時の思い出話もいたしました。
     その時はあんなこともあった、こんなこともあったといろいろ話もするし、随分と面白いことをやっていたものだな、と何かとネタになりそうに思うものですが、いざ会から離れてしまうと、何を話していたか忘れる始末。思い出とはそのようなものでしょうか。
     我々の世代もみなさんスマホを持ち歩いていました。そこでLINEやらフェイスブックやらをやっておられます。私のような携帯にパソコンというのは、既に絶滅危惧種と言っていいですね。写真を撮ってはみんなで共有ということをやっているなか、この面では私は蚊帳の外といった感じでした。
     という訳でこの記事の内容は特にないのですが、同級生の検索にでも引っ掛かればと思っています。最後に普段カラオケでは絶対に歌わない歌。当時中学生時代に流行ったもので、何らかの機会でクラスみんなで歌いました。たぶん2年生の時に3年生を送る会におけるクラスの出しものだったと思います。


    ペガサスの朝

    他の日記ブログ

    スポンサーサイト

    0
      • 2017.11.25 Saturday
      • -
      • 14:11
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>
      PR
      ランキング
      音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ くる天 人気ブログランキング(環境問題) ブログランキング(政治問題) (バレー) (日記)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 富山市議会:「議会改革の推進に関する請願」の行方
        trefoglinefan (10/07)
      • 富山市議会:「議会改革の推進に関する請願」の行方
        love (10/06)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        trefoglinefan (10/03)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        ムラ (09/29)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        trefoglinefan (09/28)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        ムラ (09/23)
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        trefoglinefan (09/14)
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        ムラ (09/13)
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        trefoglinefan (05/27)
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        オニヒトデ (05/23)
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM