| main | 女声三重唱団「トレフォリネ」ってご存知ですか >>

合唱指揮者:宇野功芳(2007年6月11日に記載の記事再掲)

0
    JUGEMテーマ:指揮者




     宇野功芳氏はもともと合唱指揮者ですが、評論家として有名であり、その卓越した耳の良さは、今回の八尾公演で大いに発揮されました。まず位置決めの際にホールの形や装飾、更には人の話声からたちどころに音の出るポイントを見つけました。
     実は、地元にホールのことに詳しい人が居て、反射板を置いたりしてやっとの思いで声を出していたりしたことに苦労した話しを聞かされていました。また私も、会場の下見をしたときに、自分の声が全部ホールに吸い取られてしまい、何だか重いものが肩にのしかかった気分を味わいました。
     だいたい、八尾コミュニティセンターで歌のコンサートをやるときはマイク付きの歌ばかりです。ところが彼女たちの場合マイクを使えないですから、ホールが悪いことは致命的なハンディを背負わせることになってしまうのです。
     実際にリハーサルでは、余りにも声が出なくて、主催者としてもかなり心配になりました。いつもだったら宇野さんは指揮する場所から動かないのですが、この日は座席の一番後ろから指揮して、彼女たちに遠くを意識させたりしていました。
     ソロもやる有山麻衣子さんを、またうまく休ませたりすることを名目に、実は他の2人で歌っているのを聴かせて勉強させていたり、あとから知ると誰も思いもしないやり方で、限られた時間内で効率よくリハーサルをこなしていたのです。
     こうして本番まできっちり仕上げました。その手腕見事というほかなく、指揮者の存在というのがどんなものなのか、改めて認識させられた一日でした。

    他の合唱ブログ

    スポンサーサイト

    0
      • 2017.09.19 Tuesday
      • -
      • 00:00
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << September 2017 >>
      PR
      ランキング
      音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ くる天 人気ブログランキング(環境問題) ブログランキング(政治問題) (バレー) (日記)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        trefoglinefan (09/14)
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        ムラ (09/13)
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        trefoglinefan (05/27)
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        オニヒトデ (05/23)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):全世界的なサーヴの向上が全日本を直撃
        trefoglinefan (05/12)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):全世界的なサーヴの向上が全日本を直撃
        maki (05/12)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        trefoglinefan (05/10)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        Maki (05/09)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        trefoglinefan (05/09)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        Maki (05/09)
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM