<< Vチャレンジリーグ・KUROBEアクアフェアリーズvsJTマーヴェラス2015.11.29:2強とは遥かに力の差を感じるKUROBE | main | Vチャレンジリーグ・JTマーヴェラスvsフォレストリーヴズ熊本2016.1.31:フォレストリーヴズ熊本の2人の新人にとっては良い経験となった試合 >>

大野石油広島オイラーズ2015-6:レフト打ちスーパーエース型フロントオーダとは

0
    JUGEMテーマ:Vリーグ


     大野石油広島オイラーズは、昨年ツーセッターを行って驚かせましたが、エースでセッターをやっていた吉安遥の引退に伴い、今年はまた新たな布陣を敷いてきました。それは松本晴香の攻撃力をフルに活かしたレフト打ちスーパーエース型のフロントオーダです。その配置は以下の通りです。

    L R C
    C R S

     これは普通のフロントオーダで3人のWSのレフトとライトを逆にしたようなものです。ただセッターが前衛の時はレフトの選手は後衛に下がりますので、ライトの選手が代わりにレフト攻撃をする、といった感じになります。

    (S1)
    9松本 づ聴 5大楠
    J‥ 高本 6馬渡

    大野石油S1

     6番がセッターの馬渡晴菜で3番がリベロの福田有里です。レセプションは福田の他に4番の田井琴美と12番の高本佳澄が担当します。このS1でいきなり疑問が。前衛ライトの田井がどうして中央でサーヴレシーヴを行うかです。守り重視なのでしょうか。9番が大野石油のスーパーエース松本晴香です。

    (S6)
    1矢山 9松本 づ聴
    高本 6馬渡 J‥

    大野石油S6

     特に変わった並び方ではありません。センターの矢山美沙(1番)はレフトの松本の左からスタートしなくてはいけません。

    (S5)
    高本 1矢山 9松本
    6馬渡 J‥ づ聴

    大野石油S5

     このローテが歪極まりない並び方をしています。ライトの高本とレフトの松本を入れ替えようと、実に苦心したフォーメーションになっているのですが、ここまで苦労しなくてはいけないのでしょうか。実際にPFUブルーキャッツ戦では、このローテで相当に苦労しました。私はこのローテだけ、高本にレフトを任せても良いと思います。中央でサーヴレシーヴする高本が若干前に出ていますが、これはセッターの馬渡を動きやすくする為です。馬渡が高本より前からスタートすると、アウト・オブ・ポジションの反則になってしまいます。フロントオーダのS5はバックオーダにはない欠点があるのです。

    (S4)
    6馬渡 高本 1矢山
    J‥ づ聴 9松本

    大野石油S4

     これは特に変わったところもないと思います。セッターの馬渡はレフト高本の左から中央に走ります。

    (S3)
    5大楠 6馬渡 高本
    づ聴 9松本 J‥

    大野石油S3

     これも普通の並びです。センターの大楠鼓雪(5番)、セッターの馬渡はレフト高本の左から走りますが、これはバックオーダのS4と考え方は同じです。

    (S2)
    づ聴 5大楠 6馬渡
    9松本 J‥ 高本

    大野石油S2

     これがKUROBEアクアフェアリーズ戦では「死のローテ」になってしまいました。前衛は2枚なのですが、如何せんライトの田井にレフト攻撃をさせざるを得ない状況で、アタックがなかなか決まらない為にこのローテを回すことができませんでした。
     最後におまけの画像。

    大野石油S2吉本後衛

     高本が後衛に回った際、3ローテをレシーヴァの吉本梓穂(14番)で半周させるのが大野石油としてよくある戦術です。

    他のバレーボール・ブログ

    スポンサーサイト

    0
      • 2017.11.25 Saturday
      • -
      • 14:47
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>
      PR
      ランキング
      音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ くる天 人気ブログランキング(環境問題) ブログランキング(政治問題) (バレー) (日記)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 富山市議会:「議会改革の推進に関する請願」の行方
        trefoglinefan (10/07)
      • 富山市議会:「議会改革の推進に関する請願」の行方
        love (10/06)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        trefoglinefan (10/03)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        ムラ (09/29)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        trefoglinefan (09/28)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        ムラ (09/23)
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        trefoglinefan (09/14)
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        ムラ (09/13)
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        trefoglinefan (05/27)
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        オニヒトデ (05/23)
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM