<< 東北楽天ゴールデン・イーグルス2015のドラフト:野手中心の大胆さにはしっかりとしたチーム背景がある | main | 東京ヤクルト・スワローズ2015:二軍から見た鵜久森淳志獲得の意味 >>

2015年のプロ野球ドラフト私的ランキング

0
    JUGEMテーマ:NBA


     ここまで12球団のチーム構成から見たドラフトを振り返りましたが、ここで私なりにランキング付けをしてみたいと思います。私がここでランク付けするものは、選手の人気度と順位の関係などは余り重視しません。そういうのは、スカウトの能力で我々には見えないところですので。でも補強ポイント、特に将来性を考えてチーム戦略としてしっかりしていたのかどうなのか、ということを重視するという偏見をもって、評価してみたいと思います。

    1.ヤクルト
    2.広島
    3.日本ハム
    4.巨人
    5.楽天
    6.DeNA
    7.ソフトバンク
    8.オリックス
    9.中日
    10.ロッテ
    11.西武
    12.阪神
     例年ならパリーグがいかにもドラフト巧者とも言える指名を行ってきましたが、今年はセリーグの方が、チーム戦略のしっかりした指名が行われたと思います。面白いのは抽選に負けたチームが外れ1位も含めて見事にリカヴァリしているところです。大物を外した後にチームの弱点にしっかり目を向け、本当に必要な選手を堅実に指名していったと言えるでしょう。
     一方で抽選において見事に目玉選手を引き当てた球団は、どうも上滑りが目立って仕方ありません。理由はそれぞれ述べていますが、ともかく重要な補強ポイントを見逃しているとしか思えません。これが私の視点からの結論です。

    他の日記ブログ

    スポンサーサイト

    0
      • 2017.09.19 Tuesday
      • -
      • 11:37
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << September 2017 >>
      PR
      ランキング
      音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ くる天 人気ブログランキング(環境問題) ブログランキング(政治問題) (バレー) (日記)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        trefoglinefan (09/14)
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        ムラ (09/13)
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        trefoglinefan (05/27)
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        オニヒトデ (05/23)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):全世界的なサーヴの向上が全日本を直撃
        trefoglinefan (05/12)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):全世界的なサーヴの向上が全日本を直撃
        maki (05/12)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        trefoglinefan (05/10)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        Maki (05/09)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        trefoglinefan (05/09)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        Maki (05/09)
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM