<< 埼玉西武ライオンズ2015のドラフト:今の段階で即戦力投手に走る意味があるのだろうか | main | 東北楽天ゴールデン・イーグルス2015のドラフト:野手中心の大胆さにはしっかりとしたチーム背景がある >>

オリックス・バファローズ2015のドラフト:普通の選手相のチームならば完璧なドラフトになるのだが

0


     今度はソフトバンクと並んで優勝候補と言われていながら、最下位に低迷してそれを脱するのがやっとだったオリックスです。

    1位 吉田正尚 外野手/青学大
    2位 近藤大亮 投手/パナソニック
    3位 大城滉二 内野手/立教大
    4位 青山大紀 投手/トヨタ自動車
    5位 吉田凌 投手/東海大相模高
    6位 佐藤世那 投手/仙台育英高
    7位 鈴木昴平 内野手/三菱重工名古屋
    8位 角屋龍太 投手/ジェイプロジェクト
    9位 赤間謙 投手/鷺宮製作所
    10位 杉本裕太郎 外野手/JR西日本
    育1 狹諜之 投手/白鴎大
    育2 赤松幸輔 捕手/香川オリーブガイナーズ
    (投手)
    ・岸田護 34 右
    ・小松聖 34 右
    ・比嘉幹貴 33 右
    ・近藤一樹 32 右
    ・金子千尋 32 右
    ・平野佳寿 32 右
    ☆B.ディクソン 31 右
    ・白仁田寛和 30 右
    ・佐藤達也 29 右
    ☆E.コーディエ 29 右
    ・海田智行 28 左
    □戸田亮 27 右
    ・大山暁史 27 左
    ・東明大貴 26 右
    ・吉田一将 26 右
    ・坂寄晴一 25 左
    ・高木伴 25 右
    ・松葉貴大 25 左
    ・西勇輝 25 右
    ◎角屋龍太 25 右
    □佐藤俊一 25 右
    ◎近藤大亮 24 右
    ・山田修義 24 左
    ◎赤間謙 24 右
    ・森本将太 23 右
    ・塚原頌平 23 右
    ・山崎福也 23 左
    ○狹諜之 22 左
    ◎青山大紀 21 右
    ・佐野皓大19 右
    ・齋藤綱紀 19 左
    ・鈴木優 19 右
    ◎佐藤世那 18 右
    ◎吉田凌 18 右

    (捕手)
    ・山崎勝己 33 右
    ・齋藤俊雄 32 右
    ・田中大輔 31 右
    ・伊藤光 26 右
    ・伏見寅威 25 右
    ○赤松幸輔 23 右
    ・若月健矢 20 右

    (内野手)
    ・小谷野栄一 35 右
    ・T.ブランコ 35 右
    ・中島裕之 33 右
    ・原拓也 31 左
    ・岩崎恭平 29 左
    ・縞田拓弥 29 右
    ・小島脩平 28 左
    ・安達了一 28 右
    ☆B.モレル 28 右
    ・西野真弘 25 左
    ◎鈴木昴平 24 右
    ◎大城滉二 22 右
    ・堤裕貴 22 左
    ・奥浪鏡 20 右
    □園部聡 20 右
    ・宗佑磨 19 左

    (外野手)
    ・糸井嘉男 34 左
    ・中村一生 33 右
    ☆B.ホグセビック 32 左
    ・川端崇義 31 右
    ・宮崎祐樹 29 右
    ・T.岡田 28 左
    ・小田裕也 26 左
    ◎杉本祐太郎 24 右
    ・後藤駿太 23 左
    ◎吉田正尚 22 左
    ・武田健吾 21 右
    ・吉田雄人 20 左

     オリックスが低迷した原因は、主力選手が劣化の年齢に入ってしまっていると拙ブログで述べたことがあります。惜しくも2位だった昨年に活躍した主力選手が、今年は昨年程活躍できなかった訳で、それを見誤ったのが低迷の原因だった訳です。怪我人が多く出たとも言われますが、それにしたって私は劣化のうちだと思っています。そのことは高齢者が非常に多い選手相を見れば明らかなことです。
     そうしたなかで迎えたドラフトですが、1位から3位までは即戦力でも特に優秀と言える人材を揃え、4位から6位で育成期間を必要とする投手を取ったことは、決して悪いことではありません。しかしながらその4位から6位が全て右投手だったところに、芸の無さを感じます。今年は高卒の左投手が豊作だった訳で、6位に佐藤世那が残っていたのは意外だったかも知れませんが、だとしても7位以降でもう少し何とかならなかったでしょうか。投手陣全体を見ても左投手が圧倒的に足りないという状況も、見逃してはいけません。つまりチーム状況を考えれば、1位から3位までの戦略も含めて、左投手をどこで取るのかは、もっと考えるべきだったと思います。
     主力の高齢化をここまで招いてしまった以上、チームが一気に改善に向かうことはないでしょう。一方で森脇SAは監督時代に、将来に備えて高卒をしっかり育てようと人材を揃えてくれていたところがあります。ただそれでも二軍のポジョシンが若手選手で埋まっている訳ではありません。だとすればまずここを埋めるべく下位で高卒選手をもっと揃えて良かったのではないでしょうか。
     結果的に全体的には「常識的に上手くやった」という感じはいたしますが、ただそれだけのことであってチーム状態をどうしたら改善できるか、といった狙いの感じられないということも、言えようかと思います。
     来年の成績は向上するかも知れませんが、それは森脇SAる程度将来に道筋をつけた結果であることも、忘れてはいけないと思いますし、森脇氏がせっかくそこまで道筋をつけたからこそ、ソフトバンクには当面勝てないと割り切って、大きく将来に向けたドラフトをやって欲しかった気がいたします。並みのチームですと成功の部類ですが、オリックスのようなチームでしたら、もっと大胆なチーム戦略を持って根本的にチームを立て直す必要があるのではないでしょうか。

    他の日記ブログ

    スポンサーサイト

    0
      • 2017.09.19 Tuesday
      • -
      • 00:00
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << September 2017 >>
      PR
      ランキング
      音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ くる天 人気ブログランキング(環境問題) ブログランキング(政治問題) (バレー) (日記)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        trefoglinefan (09/14)
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        ムラ (09/13)
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        trefoglinefan (05/27)
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        オニヒトデ (05/23)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):全世界的なサーヴの向上が全日本を直撃
        trefoglinefan (05/12)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):全世界的なサーヴの向上が全日本を直撃
        maki (05/12)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        trefoglinefan (05/10)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        Maki (05/09)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        trefoglinefan (05/09)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        Maki (05/09)
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM