<< 千葉ロッテ・マリーンズ2015のドラフト:野手不足をいったいどうするつもりなのだろうか | main | オリックス・バファローズ2015のドラフト:普通の選手相のチームならば完璧なドラフトになるのだが >>

埼玉西武ライオンズ2015のドラフト:今の段階で即戦力投手に走る意味があるのだろうか

0


     今度は私が密かに今年優勝候補にあげていた西武についてです。

    1位 多和田真三郎 投手/富士大
    2位 川越誠司 投手/北海学園大
    3位 野田昇吾 投手/西濃運輸
    4位 大瀧愛斗 外野手/花咲徳栄高
    5位 南川忠亮 投手/JR四国
    6位 本田圭佑 投手/東北学院大
    7位 呉念庭 内野手/第一工大
    8位 國場翼 投手/第一工大
    9位 藤田航生 投手/弘前工高
    10位 松本直晃 投手/香川オリーブガイナーズ
    (投手)
    ・岡本篤志 34 右
    ☆E.バスケス 32 右
    ・牧田和久 31 右
    ・岸孝之 31 右
    ・岡本洋介 30 右
    ・藤原良平 30 右
    ・C.リー 29 右
    ・豊田拓矢 29 右
    ・小石博孝 28 左
    ・野上亮磨 28 右
    ・岩尾利弘 28 右
    ・十亀剣 28 右
    ・増田達至 27 右
    ・大石達也 27 右
    ・高橋朋己 27 左
    ・宮田和希 27 左
    ・山口嵩之 26 右
    ・武隈祥太 26 左
    ◎松本直晃 25 右
    ・中崎雄太 24 左
    ・菊池雄星 24 左
    ・福倉健太郎 24 右
    ◎南川忠亮 24 右
    ☆郭俊麟 24 右
    ・佐野康雄 23 左
    ◎多和田真三郎 22 右
    ◎本田圭佑 22 右
    ◎野田昇吾 22 左
    ◎川越誠司 22 左
    ◎國場司 22 右
    ・相内誠 21 右
    ・佐藤勇 21 左
    ・玉村祐典 20 右
    ・高橋光成 19 右
    ◎藤田航生 18 左

    (捕手)
    ・上本達之 35 左
    ・星孝典 33 右
    ・炭谷銀仁郎 28 右
    ・岡田雅利 26 右
    ・藤澤亨明 26 左
    ・中田祥多 26 右
    ・森友哉 20 左

    (内野手)
    ・渡辺直人 35 右
    ・鬼崎裕司 32 左
    ・中村剛也 32 右
    ☆E.メヒア 30 右
    □水口大地 26 左
    ・金子侑司 25 両
    ・浅村栄斗 25 右
    ・山川穂高 24 右
    ・外崎修汰 23 右
    ・永江恭平 22 左
    ◎呉念庭 22 左
    ・金子一輝 20 右
    ・山田遥楓 19 右

    (外野手)
    ・竹原直隆 35 右
    ・栗山巧 32 左
    ・大崎雄太郎 31 左
    ・坂田遼 29 左
    ・秋山翔吾 27 左
    ・木村文紀 27 右
    ・熊代聖人 26 右
    ・斉藤彰吾 26 左
    ・田代将太郎 26 左
    ・駒月仁人 22 右
    ・戸川大輔 19 左
    ◎大瀧愛斗 18 右

     西武はこれまでバランスの大変良いチームづくりをしてきました。ですから今年のように投手中心の指名をしても、直ちに野手不足に陥ることはないと思います。しかし今の段階で即戦力投手を中心に指名したのはどういった意図があったのでしょうか。そのことが私には解せないところがあります。
     本年度を振り返ってソフトバンクとはどのチームも明らかな差がありました。とても短期間では埋められない差です。だとすれば地道に力を蓄えて、将来的にソフトバンクを凌駕する為のチームづくりに向かうべきではなかったでしょうか。この調子ですとソフトバンクとは益々差が開いていくことになると思います。看板の中村だってヴェテランに入りつつあります。後継者となるべき人材の育成をそろそろ考えるべきだったと思います。
     日本ハムが即戦力投手を多く取ったことは評価できますが、それとは訳が違うと思います。西武の場合は今年1回のドラフトで投手力の急激な向上を図って、とても優勝できるにまで飛躍できるとは思わないからです。こういった指名は来年に結果が出なかった場合に、再来年以降に大きなツケを廻すことにもなりかねないのです。
     それより、私は西武は実にバランスの取れたチームだと申し上げましたが、実は選手相(選手層ではない)として大穴があるのです。それは二軍の捕手です。西武で一番若い捕手は森ですが、森はもう一軍で使いながら育てるに値するだけの選手になりました。ということは一方で二軍には捕手を育成できる状態でポジションが空いているのですが、ここに当てはめる選手が居らず、それが大いに問題という訳です。1年間捕手の二軍での育成をチームとして放棄してしまうことになり、このことが余りにも痛いです。
     私は阪神が実に酷いドラフトをやったと申し上げましたが、西武も阪神ほど酷くないにしても、内容的に決して褒められたものではないと思います。阪神との差はもとの選手相がまともだからまだ救える、というただそれだけの差ではないでしょうか。まさか3位以内を確実にする為に将来を捨ててでも来年の一軍を考えた、などということはないでしょうね。将来を捨てるのであれば、来年優勝できるくらいのことを、当然にやって欲しいと思います。

    他の日記ブログ

    スポンサーサイト

    0
      • 2017.11.24 Friday
      • -
      • 00:00
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>
      PR
      ランキング
      音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ くる天 人気ブログランキング(環境問題) ブログランキング(政治問題) (バレー) (日記)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 富山市議会:「議会改革の推進に関する請願」の行方
        trefoglinefan (10/07)
      • 富山市議会:「議会改革の推進に関する請願」の行方
        love (10/06)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        trefoglinefan (10/03)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        ムラ (09/29)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        trefoglinefan (09/28)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        ムラ (09/23)
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        trefoglinefan (09/14)
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        ムラ (09/13)
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        trefoglinefan (05/27)
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        オニヒトデ (05/23)
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM