<< 北海道日本ハム・ファイターズ2015のドラフト:抽選に恵まれないなりにもしっかりポイントを押さえた苦心の跡が見られる | main | 埼玉西武ライオンズ2015のドラフト:今の段階で即戦力投手に走る意味があるのだろうか >>

千葉ロッテ・マリーンズ2015のドラフト:野手不足をいったいどうするつもりなのだろうか

0


     次にパリーグ3位のロッテを見てみたいと思います。

    1位 平沢大河 内野手/仙台育英高
    2位 関谷亮太 投手/JR東日本 右
    3位 成田翔 投手/秋田商高 左
    4位 東條大樹 投手/JR東日本 右
    5位 原嵩 投手/専大松戸高 右
    6位 信楽晃史 投手/宮崎梅田学園自校 右
    7位 高野圭佑 投手/JR西日本 右
    育1 大木貴将 内野手/香川オリーブガイナーズ 左
    育2 柿沼友哉 捕手/日大国際関係学部 右
    (投手)
    ☆J.スタンリッジ 38 右
    ・古谷拓哉 34 左
    ・伊藤義弘 33 右
    ・香月良仁 32 右
    ・大谷智久 31 右
    ・内竜也 30 右
    ・金森敬之 30 右
    ・涌井秀章 29 右
    ・石川歩 27 右
    ・松永昴大 27 左
    ・大嶺祐太 27 右
    ・黒沢翔太 27 右
    ・南昌輝 27 右
    ☆イ・デウン 27 右
    ・阿部和成 26 右
    ・唐川侑己 26右
    ・藤岡貴裕 26 左
    ・吉原正平 26 右
    ・益田直也 26 右
    ・植松優智26 左
    ☆チェン・グァンユウ 25 左
    ・川満寛弥 25 左
    ・西野勇士 25 右
    ◎関谷亮太 24 右
    ◎東條大樹 24 右
    ◎信楽晃史 24 右
    ◎高野圭佑 24 右
    ・田中英祐 23 右
    ・宮敦次 23 左
    ・二木康太 20 右
    ・岩下大輝 19 右
    ◎原嵩 18 右
    ◎成田翔 18 左

    (捕手)
    ・金澤岳 31 左
    ・吉田裕太 24 右
    ・江村直也 23 右
    ・寺嶋寛大 23 右
    ○柿沼友哉 22 右
    ・田村龍弘 21 右
    ・肘井竜蔵 20 左

    (内野手)
    ・井口資仁 40 右
    ・福浦和也 40 左
    ・大松尚逸 33 左
    ・根元俊一 32 左
    ・青松敬鎔 29 右
    ☆Y.ナバーロ 28 右
    ・細谷圭 28 右
    ・井上晴哉 26 右
    ・高濱卓也 26 左
    ・鈴木大地 26 左
    ・大嶺翔太 24 右
    ・三木亮 24 右
    ○大木貴将 24 左
    ・中村奨吾 23 右
    ・香月一也 19 左
    ◎平沢大河 18 左

    (外野手)
    ・大村サブロー 39 右
    ・岡田幸文 31 左
    ・荻野貴司 30 右
    ・清田育宏 30 右
    ☆A.デスパイネ 29 右
    ・角中勝也 28 左
    ・伊志嶺翔大 27 右
    ・加藤翔平 24 両
    ・脇本直人 19 左

     ロッテの場合は今年のシーズンが始まる前に、野手が高齢化しているうえに絶対数が不足していることを述べました。にもかかわらず投手中心の指名になりました。こうしたなかで将来に野手の要となり得る平沢の獲得は、かなり大きいとは言えます。しかしながら、全員1人ずつ年齢を重ねるなかで、平沢1人を加えただけでは、野手の高齢化に対して到底追い付かないと思うのですがいかがでしょうか。育成指名した2人の入団がないと、益々厳しくなるのが目に見えています。本当にどうするつもりなのでしょうか。
     ドラフトの内容だけを見れば、平沢を指名できただけでも大成功とは言えますが、こうした野手の惨状を目の当たりにしてみると、チームとして危機感が感じられない、と言わざるを得ません。
     私がここで書いた野手不足の問題、ピンと来ない方も居られるかも知れませんので、一応触れておきたいと思います。ロッテは上記の状態で育成指名選手の入団にこぎつけたとして、内野手が16名、外野手が9名です。そして1つの試合でレギュラーとして出場するのは、内野手4名、外野手3名、更にパリーグの場合は指名打者が1人加わります。これが一軍と二軍の2チームがある訳ですから、内野手が8名、外野手が6名、指名打者が2名ということを考えると、レギュラーだけで16名が必要となってきます。ということは残り野手9名のなかから一軍と二軍の控え選手を出さなくてはいけません。日本ハムのように若い選手ばかりで構成されていれば、二軍の野手にはフル出場させるという方法もとれますが、ロッテの場合は上記のメンバでそれができるでしょうか。怪我人が2〜3人も出れば、二軍の野手はフル出場しない限り、一軍の野手控えに影響を及ぼす計算になるのです。
     今年のヤクルトは5月の初め、チームがどんな状態だったのかを思い出して欲しいです。もともと野手の人員が不足ぎみのヤクルトは、怪我人が少し出ただけで二軍の野手が足りなくなり、二軍では使える指名打者を放棄して投手に打席に立たせ、しかも育成契約の投手を守らせ、それでも足りないからと引退した投手を急遽育成契約して、二軍の試合で野手として使うという、大失態を犯していたのです。それと同じことが、来年のロッテに起きないとも限りません。別に二軍の成績などどうでもいいと思われるかも知れませんが、そのような二軍にすると、何よりせっかくの実戦による選手の育成機会を、自ら放棄してしまうことになるのです。そうやって強いチームができる訳がないのが道理です。
     という訳で以上を考えても、もう1人でも2人でも、今年のドラフトで野手を補充しておく必要がなかっただろうかと思います。

    他の日記ブログ

    スポンサーサイト

    0
      • 2017.09.19 Tuesday
      • -
      • 00:00
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << September 2017 >>
      PR
      ランキング
      音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ くる天 人気ブログランキング(環境問題) ブログランキング(政治問題) (バレー) (日記)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        trefoglinefan (09/14)
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        ムラ (09/13)
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        trefoglinefan (05/27)
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        オニヒトデ (05/23)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):全世界的なサーヴの向上が全日本を直撃
        trefoglinefan (05/12)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):全世界的なサーヴの向上が全日本を直撃
        maki (05/12)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        trefoglinefan (05/10)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        Maki (05/09)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        trefoglinefan (05/09)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        Maki (05/09)
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM