<< 横浜DeNAベイスターズ2015のドラフト:中畑前監督の遺産を基に更なる強化がはっきり表れている | main | 北海道日本ハム・ファイターズ2015のドラフト:抽選に恵まれないなりにもしっかりポイントを押さえた苦心の跡が見られる >>

福岡ソフトバンク・ホークス2015のドラフト:万全と言えるチームでも補強ポイントというのはありはしないか

0


     次にパリーグを見ていきます。まずは優勝したソフトバンクから。

    1位 高橋純平 投手/県岐阜商高
    2位 小澤怜史 投手/日大三島高
    3位 谷川原健太 捕手/豊橋中央高
    4位 茶屋健太 内野手/帝京三高
    5位 黒瀬健太 内野手/初芝橋本高
    6位 川瀬晃 内野手/大分商高
    育1 野澤佑斗 投手/つくば秀英高
    育2 児玉龍也 投手/神奈川大
    育3 樋越優一 捕手/東農大北海道オホーツク
    育4 中村晨 投手/ルーテル高
    育5 渡辺健史 投手/飯塚高
    (投手)
    ・五十嵐亮太 36 右
    ・松阪大輔 35 右
    ・和田毅 35 左
    ☆D.サファテ 34 右
    ・中田賢一 33 右
    ・攝津正 33 右
    ・柳瀬明宏 32 右
    ・寺原隼人 32 右
    ・大隣憲司 31 左
    ☆H.バンデンハーク 30 右
    ・森福允彦 29 左
    ・巽真吾 29 右
    ・山田大樹 27 左
    ☆E.バリオス 27 右
    ・岩嵜翔 26 右
    ・嘉弥真新也 26 左
    ・二俣旭 25 右
    ・東浜巨 25 右
    □伊藤祐介 25 左
    ・飯田優也 25 左
    ☆R.スアレス 25 右
    □川原弘之 24 左
    ・加治屋蓮 24 右
    □石川柊太 24 右
    ・森唯斗 24 右
    ・島袋洋奨 23 左
    ・岡本健 23 右
    ・千賀洸大 23 右
    □伊藤大智郎 23 右
    ・星野大地 23 右
    ・坂田将人 23 左
    ・武田翔太 22 右
    □吉本祥二 22 右
    ○児玉龍也 22 左
    ・笠原大芽 21 左
    □東方伸友 20 右
    □山下亜文 19 左
    ・松本裕樹 19 右
    □柿木映二 19 右
    □齋藤誠哉 19 左
    ・笠谷俊介 19 左
    ◎高橋純平 18 右
    ○中村晨 18 右
    ○渡辺健史 18 左
    ○野澤佑斗 18 右
    ◎小澤怜史 18 右

    (捕手)
    ・細川亨 36 右
    ・鶴岡慎也 34 右
    ・高谷裕亮 34 左
    □張本優大 25 右
    ・甲斐拓也 23 右
    ・山下斐紹 23 左
    ○樋越優一 22 左
    ・栗原陵矢 19 左
    □堀内汰門 19 右
    ◎谷川原健太 18 左

    (内野手)
    ☆B.カニザレス 36 右
    ・松田宣浩 32 右
    ・川島慶三 32 右
    ・本多雄一 31 左
    ・金子圭輔 30 両
    ・明石健志 30 左
    □李杜軒 27 右
    ・高田知季 25 左
    ・猪本健太郎 25 右
    □河野大樹 25 両
    ・今宮健太 24 右
    ・牧原大成 23 左
    □曽根海成 20 左
    ・古澤勝吾 19 右
    ◎黒瀬健太 18 右
    ◎川瀬晃 18 左
    ◎茶屋健太 18 右

    (外野手)
    ・内川聖一 33 右
    ・吉村裕基 31 右
    ・長谷川勇也 31 左
    ・城所龍磨 30 左
    ・江川智晃 29 右
    ・柳田悠岐 27 左
    ・福田秀平 27 左
    ・狹沈亀 26 右
    ・中村晃 26 左
    ・釜元豪 22 左
    ・真砂勇介 21 右
    ・上林誠知 20 左
    □幸山一大 19 右
    □金子将太 19 左

     今ドラフトの1番人気である高橋純を射止め、2位以降も素晴らしい素質のある高校生が揃いました。ソフトバンクは主力選手の力が半端ではなく、高卒の素材本位で選べるドラフトで、そうしたなかで高橋を籤で当てた訳ですから、それはファンにとっても笑いが止まらないと言えるのではないでしょうか。
     私も最初はそう思いました。ところがこの名簿を実際に作ってみて大いに疑問が湧いてきたのです。ソフトバンクはどこもかしこも完璧なチームだったのか、ということです。戦力がどこよりも充実して圧倒しているのは確かですが、決定的に弱いところがあります。それは左投手ではないでしょうか。
     素材本位で選んだ為、左投手は獲得しなかったということ自体一概に間違いとは言えません。しかしながら今年は高卒の左投手が例年になく豊作だったのです。ですから今後のドラフトで今年のように左投手がまた出てくるとは言えません。果たしてそのことを考えていたでしょうか。つまり勝って兜の緒をしめることを怠った感が否めません。
     結果的にどうすれば良かったかということになりますが、一番の予定外だったのは2位に小澤が残っていたことだと思います。高校生投手は高橋純と小笠原慎之介が別格で、次に名が挙げられていた投手の一番手が小澤であったことは確かです。ですからここで小澤を獲得できるとは思ってもみなかったのではないでしょうか。ところが3位で立て続けに有力な高卒左投手は悉く指名されるうちに、左腕の補強機会を逸してしまったような気がいたします。
     ということは3位で谷川原を指名すべきだったかどうかが、一番の問題だったと思います。2位の段階で殆どの球団はまだ捕手を指名していませんでした。それにソフトバンクは昨年に高卒ナンバー・ワン捕手の栗原の獲得に成功しています。それを考えると、捕手の獲得を4位以降に廻すつもりで、左投手の指名を急ぐべきではなかったかと思うのです。どんなに強いチームであっても、補強ポイントというものはあるのではと、再認識いたした次第です。

    他の日記ブログ

    スポンサーサイト

    0
      • 2017.11.24 Friday
      • -
      • 00:00
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>
      PR
      ランキング
      音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ くる天 人気ブログランキング(環境問題) ブログランキング(政治問題) (バレー) (日記)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 富山市議会:「議会改革の推進に関する請願」の行方
        trefoglinefan (10/07)
      • 富山市議会:「議会改革の推進に関する請願」の行方
        love (10/06)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        trefoglinefan (10/03)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        ムラ (09/29)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        trefoglinefan (09/28)
      • 全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる
        ムラ (09/23)
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        trefoglinefan (09/14)
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        ムラ (09/13)
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        trefoglinefan (05/27)
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        オニヒトデ (05/23)
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM