<< 中日ドラゴンズ2015のドラフト:チーム再建に舵を切れるのはいつのことになるのやら | main | 福岡ソフトバンク・ホークス2015のドラフト:万全と言えるチームでも補強ポイントというのはありはしないか >>

横浜DeNAベイスターズ2015のドラフト:中畑前監督の遺産を基に更なる強化がはっきり表れている

0


     横浜DeNAは1位候補の大卒投手の左右2人も指名して、実に派手なドラフトを行ったと言えますが、全体的にどうだったのでしょうか。

    1位:今永昇太 投手/駒大
    2位:熊原健人 投手/仙台大
    3位:柴田竜拓 内野手/国学院大
    4位:戸柱恭孝 捕手/NTT西日本
    5位:綾部翔 投手/霞ヶ浦高
    6位:青柳昴樹 外野手/大阪桐蔭高
    7位:野川拓斗 投手/鷺宮製作所
    育1:網谷圭将 捕手/千葉英和高
    育2:山本武白志 内野手/九州国際大附高
    育3:田村丈 投手/関西学院大
    (投手)
    ・三浦大輔 42 右
    ・長田秀一郎 35 右
    ・久保裕也 35 右
    ・久保康友 34 右
    ☆Y.エレア 33 右
    ・林昌範 31 左
    ☆G.モスコーン 31 右
    ・加賀繁 29 右
    ・高崎健太郎 29 右
    ・大原慎司 29 左
    ・小杉陽太 29 右
    ・井納翔一 28 右
    ・須田幸太 28 右
    ・安部建輝 28 右
    ・山口俊 27 右
    ・萬谷康平 27 右
    ・小林寛 26 右
    ・三上朋也 26右
    ☆Z.ペトリック 26 右
    ・平田真吾 26 右
    ・田中健二郎 26 左
    ・三嶋一輝 25 右
    ・福地元春 25 左
    ・山下峻 24 左
    ◎野川拓斗 24 左
    ・国吉佑樹 24 右
    ・柿田裕太 23 右
    ・石田健大 23 左
    ・山崎康晃 23 右
    ◎今永昇太 22 左
    ◎熊原健人 22 右
    ○田村丈 22 右
    ・砂田毅樹 20 左
    ・飯塚悟史 19 右
    ◎綾部翔 18 右

    (捕手)
    ・黒羽根利規 28 右
    ・西森将司 28 両
    ◎戸柱恭孝 25 左
    ・嶺井博希 24 両
    ・高城俊人 22 右
    □亀井塔生 19 右
    ○網谷圭将 18 右

    (内野手)
    ・後藤武敏 35 右
    ・柳田殖生 34 右
    ☆J.ロペス 32 右
    ☆J.ロマック 30 右
    ・内村賢介 30 両
    ・石川雄洋 29 左
    ・山崎憲晴 29 右
    ・宮敏郎 27 右
    ・白崎浩之 25 右
    ・倉本寿彦 25 左
    ・松井飛雄馬 24 右
    ・山下幸輝 23 左
    ・渡邊雄貴 22 右
    ◎柴田竜拓 22 左
    ☆L.グリエル 22 右
    ・百瀬大騎 19 左
    ○山本武白志 18 右

    (外野手)
    ・井手正太郎 32 右
    ・下園辰哉 31 左
    ・荒波翔 30 左
    ・松本啓二郎 29 左
    ・梶谷隆幸 27 左
    ・筒香嘉智 24 左
    ・桑原将志 22 右
    ・乙坂智 22 左
    ・関根大気 20 左
    ◎青柳昴樹 18 右

     まず投手は大卒の左右エース候補が取れた訳ですから、大いに成功と言えるでしょう。捕手に関してはリード面を重視して経験豊かな戸柱を選びました。内野手は守備力からアマチュアでナンバー・ワンと言われる柴田で核をつくり、外野手は将来性を買って青柳。ご尤もらしい指名はしていますが、毎年同じことをやっているように見えて仕方ないところも感じます。内野手に関しては12球団で守備力がトップ・クラスの遊撃手山崎憲と白崎が居ながら、更に柴田も重ねた感じがしますし、高卒の多い外野手にもまた一人高卒を加える。これはチーム・カラーでチームの特徴となっていくものなのでしょうか。
     よく似た選手を指名すること自体は賛否両論がありますが、私は決して悪いことではないと思います。確かに変わり映えしないといった面は否定できませんが、もともとそうした選手を前提にチームが構成されているのであり、それがチーム・カラーになっていくからです。
     ただ守備の素晴らしいショートを有するチームというカラーにしたいのであれば、打力に目をつぶっても山崎憲や白崎をもっと使って良かったと思います。ここがブレていては、いつまで経ってもそうしたチーム・カラーが確立できませんし、結局柴田の守備力も宝の持ち腐れになってしまうことになろうかと思います。
     山本武が育成で入団してくれそうなことは、かなり明るい材料になります。12球団がドラフト上位で指名しそびれたなかで、下位では失礼と敬遠していたようですから、育成で残っていた為に駄目もとで指名した感があるのですが、山本自身が塾考の末にプロ入りに傾いているようです。高卒野手は育つのに本当に時間がかかります。ですから例えドラフトで1位指名を受けたとしても、何年かは二軍で過ごさなくてはいけません。つまり球団の本音は高卒野手であれば育成契約にしたいところでしょう。しかしながら好素材の選手が育成ドラフトまで廻る訳がありませんので、例え二軍で数年過ごさなくてはいけない状況であっても、支配下登録枠に入れなくてはいけない本指名でせざるを得ないのが現実です。
     そうした状況にありながら山本が育成で入ったなら、これだけで今回のドラフトの評価が一気に上がることになります。二軍での扱い自体は支配下であろうと育成契約であろうと区別がない訳ですから、伸び伸びと研鑽を積めるのではないかと思います。
     中畑監督がチームを去りました。高田GMのもと見かけの派手さとは裏腹に、随分とチーム再建に尽くしたと思います。最下位争いが続いたなかで即戦力に走ることなく、地道に高卒の選手を採用して育てた5年間でした。まさに横浜DeNAの復活の楚を築いたと言ってもいいでしょう。そうした中畑前監督の遺産のもと、更なるチーム強化を目指したことがはっきりと表れたなかなかのドラフトができたのではないでしょうか。

    他の日記ブログ

    スポンサーサイト

    0
      • 2017.09.19 Tuesday
      • -
      • 00:00
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << September 2017 >>
      PR
      ランキング
      音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ くる天 人気ブログランキング(環境問題) ブログランキング(政治問題) (バレー) (日記)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        trefoglinefan (09/14)
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        ムラ (09/13)
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        trefoglinefan (05/27)
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        オニヒトデ (05/23)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):全世界的なサーヴの向上が全日本を直撃
        trefoglinefan (05/12)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):全世界的なサーヴの向上が全日本を直撃
        maki (05/12)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        trefoglinefan (05/10)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        Maki (05/09)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        trefoglinefan (05/09)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        Maki (05/09)
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM