<< 広島カープ2015のドラフト:しっかりチーム戦略を立てて上手く立ち回った見事というほかない | main | 横浜DeNAベイスターズ2015のドラフト:中畑前監督の遺産を基に更なる強化がはっきり表れている >>

中日ドラゴンズ2015のドラフト:チーム再建に舵を切れるのはいつのことになるのやら

0
    JUGEMテーマ:中日ドラゴンズ


     何かと高齢化が気になる中日ですが、今年はどうだったのでしょうか。

    1位:小笠原慎之介 投手/東海大相模高
    2位:佐藤優 投手/東北福祉大
    3位:木下拓哉 捕手/トヨタ自動車
    4位:福敬登 投手/JR九州
    5位:阿部寿樹 内野手/ホンダ
    6位:石岡諒太 内野手/JR東日本
    育1:中川誠也 投手/愛知大
    育2:吉田嵩 投手/徳島インディゴ・ソックス
    育3:三ツ間卓也 投手/武蔵ヒートベアーズ
    育4:西濱幹紘 投手/星城大
    育5:呉屋開斗 投手/八戸学院光星高
    育6:渡辺勝 外野手/東海大
    (投手)
    ・岩瀬仁紀 41 左
    ☆R.バルデス 38 左
    ・山井大介 37 右
    ・川井雄太 35 左
    ☆R.ペレス 33 左
    ・八木智哉 32 左
    ・吉見一紀 31 右
    ・浅尾拓也 31 右
    ・大場翔太 30 右
    ☆D.ネイラー 29 右
    ・岩田慎司 29 右
    ☆J.ハイメ 28 右
    ・祖父江大輔 28 右
    ・大野雄大 27 左
    ・武藤祐太 26 右
    ・田島慎二 26 右
    ・小熊凌祐 25 右
    ・又吉克樹 25 右
    ・伊藤準規 25 右
    ・福谷浩司 25 右
    ・小川龍也 24 左
    ・岡田俊哉 24 左
    ◎福敬登 23 左
    ○三ツ間卓也 23 右
    ・浜田智博 23 左
    ・阿知羅拓馬 23 右
    ・西川健太郎 22 右
    ◎佐藤優 22 右
    ・野村亮介 22 右
    □川崎貴弘 22 右
    ○西濱幹紘 22 右
    ○中川誠也 22 左
    ・濱田達郎 21 左
    ・山本雅士 21 右
    ・金子丈 21 右
    ・若松駿太 21 右
    ・鈴木翔太 20 右
    □岸本淳希 20 右
    ○吉田嵩 19 右
    □石垣幸大 19 右
    ○呉屋開斗 18 左
    ◎小笠原慎之介 18 左

    (捕手)
    ・松井雅人 35 左
    ・武山真吾 31 右
    ・赤田龍一郎 28 左
    ・杉山翔大 25 右
    ・桂依央利 24 右
    ◎木下拓哉 24 右
    ・加藤匠馬 23 右
    □藤吉優 19 左

    (内野手)
    ・荒木雅博 38 右
    ・森野将彦 36 左
    ☆A.エルナンデス 33 両
    ・谷哲也 30 右
    ・福田永将 27 右
    ・堂上直倫 27 右
    ・亀沢恭平 27 左
    ・遠藤一星 27 左
    ◎阿部寿樹 26 右
    ・石川駿 25 右
    ・三ツ俣大樹 23 右
    ◎石岡諒太 23 左
    ・高橋周平 22 左
    ・溝脇隼人 21 左

    (外野手)
    ・工藤隆人 35 左
    ☆R.ナニータ 34 左
    ・藤井淳志 34 両
    ・野本圭 31 左
    ・大島洋平 30 左
    ・松井佑介 28 右
    ・平田良介 28 右
    ☆D.ビシエド 27 右
    ・赤坂和幸 26 右
    ・井領雅貴 26 左
    ・古本武尊 25 左
    ・友永翔太 24 左
    □近藤弘基 23 右
    ○渡辺勝 22 左

     見ていて何だか高齢化に輪をかけるようなドラフトに見えます。バランスこそ取れてはいますし、指名した選手のネームバリューも申し分ない。にもかかわらずぼんやり感の漂う指名に見えて仕方ありません。
     中日は2000年代後半に優勝を重ねましたが、その当時から主力選手の高齢化が指摘されていました。しかしながらなかなか若手が育ってきていません。これはヴェテラン選手が余りにも優秀な為に大きな壁となって立ちはだかったこともあったかも知れませんが、そうしたなかでドラフトにおいても実に厳しい選択を強いられるようになりました。
     今の状況ですと今の主力に代わる次世代の選手を育てる期間もなく、即戦力に頼らざるを得ないのかも知れません。そのことが今回のドラフトでも反映されたのではないでしょうか。
     このなかで目立つとすれば、各球団捕手は4位指名が多いなかで、木下を3位で先取りしたことでしょうか。谷繁監督の後継者としての捕手に悩まされていただけに、とりあえずアマチュアのナンバー・ワン捕手を確保できたことは、良かったのかも知れません。ただそうではあったとしても、即戦力の数合わせを繰り返していては、選手全体がドングリの背比べになってしまうような気がするのですが、いかがでしょうか。
     即戦力は確実に戦力として計算できる反面、大化けの期待は余りありません。ですから即戦力により最下位争いをしなくて済むようになるかも知れませんが、そのような選手を集めたとしてもAクラス争いが精一杯で、それ以上は望めないことになるような気がいたします。そう考えると私はどこかで当面最下位争いしても仕方がないと割り切って、思い切って体質改善に努める必要があると思うのです。そうした必要に迫られることは何れは来るのですし、できればそれが早い方が良いのではないでしょうか。

    他の日記ブログ

    スポンサーサイト

    0
      • 2017.09.19 Tuesday
      • -
      • 15:21
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << September 2017 >>
      PR
      ランキング
      音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ くる天 人気ブログランキング(環境問題) ブログランキング(政治問題) (バレー) (日記)
      ブログ更新状況
      ・−−−−−−−−−−−・ | List Me! by BlogPeople | ・−−−−−−−−−−−・
      他のブログ
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        trefoglinefan (09/14)
      • 全日本女子バレー:クラチャン・バレーから見たサーヴレシーヴ改善の模索
        ムラ (09/13)
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        trefoglinefan (05/27)
      • 東北楽天ゴールデン・イーグルスの人的補償を考える
        オニヒトデ (05/23)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):全世界的なサーヴの向上が全日本を直撃
        trefoglinefan (05/12)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):全世界的なサーヴの向上が全日本を直撃
        maki (05/12)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        trefoglinefan (05/10)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        Maki (05/09)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        trefoglinefan (05/09)
      • 世界標準とやらで戦えるのか(全日本女子バレー):WSとMBの負担格差を無くさないことには何も始まらない
        Maki (05/09)
      recent trackback
      recommend
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲)
      北村季晴:おとぎ歌劇「ドンブラコ」(全曲) (JUGEMレビュー »)
      北村季晴,宇野功芳,アンサンブル・フィオレッティ,佐藤和子,高柳未来
       リズムやメロディがいかにも単純で、一聴稚拙な作品かと思ったが、二度三度と聴いていくうちに、ニュアンスの豊かさを発見して次第に魅せられていきます。基本のリズムで全曲を統一しながら、間に登場する日本古謡が実に効果的に使われて、ジンワリと心に来るところがあるのです。そういう意味で、実に微笑ましい作品と言えるでしょう。
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM